New article

本当に意味があるのか効果があるのかといったことが全く解明されておらず、証明もされていないエコブームによって、自動車界が出した答えがエコカーです。
エコカーといっても低燃費装備満載のガソリンエンジンモデルからハイブリッドカー、プラグインハイブリッドカーなどいろいろなものがありますが、そういったエコカーの中で究極のエコカーといっていいのがEV、電気自動車ではないでしょうか。

 

電気だけで走るEV

自動車というものはハイブリッドカーを含めて必ずエンジンを搭載しています。
エンジンにはガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、形式的に見ればレシプロエンジン、ロータリーエンジン、2ストロークエンジン、4ストロークエンジンといろいろなものがありますが、これらを搭載している車両はすべてエンジンの動力を使って走るように作られています。

ハイブリッドカーであってもパワーの必要な時やバッテリーが少なくなってきた時などでは、エンジン走行に切り替えてエンジンの動力を使って走るようになります。
しかし、EV、電気自動車は違います。
その名の通り、電気だけを使って走る構造になっています。

 

子供のころに自動車のプラモデルを作ったことがある方や電動ラジコンカーを持っている人ならすぐにわかるかと思いますが、乾電池や専用バッテリーに蓄えられた電力を使って電気モーターを回す、その回転をギヤを介してタイヤに伝えて走るというのが自動車のプラモデルや電動ラジコンカーなのですが、それと全く同じものが実車化したのがEVなのです。
それ以外の車であれば、主要構成部品となるのは、エンジン、トランスミッション、ドライブトレーンとなり、ハイブリッドカーであれば、更に駆動用電気モーター、駆動用バッテリーを加えた形になりますが、EVは駆動用バッテリーと駆動用電気モーター、ドライブトレーンだけといった非常に簡素なものとなっており、基本的にはトランスミッションまで持たないことになります。
燃料はガソリンではなく家庭用電源や充電スポットなどから充電することで行い、電源さえあればどこでも充電することができるようになっています。

 

EVのいいところ

EVは究極のエコカーということで作られた車ですので、やはりそういった面で大きなメリットを持ちます。

エンジンが搭載されている車であれば、それがどんな形式、どんなエンジン排気量でも必ず排気ガスを排出します。
これはエンジンモデルであれば避けては通れないことです。
それによって大気汚染を促すことになってしまい、ついでに二酸化炭素まで吐き出してしまうのです。

二酸化炭素については温暖化を促進してしまうということが言われていますが、最近の説ではどうやら全く関係なく、むしろ地球上にある植物たちにとっては足りない状態といわれています。
そして大気汚染にしても、どこかの大国が自動車の走行制限を行って大気汚染を減らそうとしていますが、それもちょっと的外れで、その国にある工場が出す煙が最大の大気汚染の原因となっているのに軍事力を高めるために産業を停滞させることができないため、自動車のせいにしているだけですので、それ以外の国ではあまり気にすることもありません。

ただ、いくら触媒の技術が進んだといっても排気ガスはやはり臭いですし、それが必要以上に巻き散らかされるのは決していい気分はしません。
その排気ガスが全くのゼロというのはやはり大きなメリットでしょう。

 

もう一つ言えるのはランニングコスト、要するに車を走らせるために必要な燃料、その燃料代が安く済むということです。
例えば、40km/Lという燃費性能を持つハイブリッドカーで、43リッターのガソリンタンクを満タンにして空になるまで走るとすると、ガソリン代リッターあたり120円で1720㎞を5160円で走ることになります。
1㎞の距離を走るのに3円かかる事になります。

一方、日産のリーフですと航続距離280㎞、その距離を走るのに必要な電気をバッテリーに充電すると300円で済み、1㎞の距離を走るのにわずか0.9円ぐらいで済みます。
単位が小さいのでピンと来ないかもしれませんが、1000㎞走るということで見ればハイブリッドカーですと3000円かかり、電気自動車ですと900円で済むということになります。
要するに1/3程度のコストで済むということで、距離をたくさん乗る方であれば、そのメリットはより一層大きなものとなることでしょう。

 

EVの残念なところ

EVの最大の欠点が航続距離の短さです。
現在、販売されている純粋なEVでは一回の充電で走れる距離は理論上、280㎞となっています。
ハイブリッドカーで1500㎞ぐらい、ガソリンエンジンモデルで500㎞ぐらいとなっている中で、280㎞という数字はちょっと心もとないものとなります。

航続距離を短くしてしまう原因はバッテリーを搭載するスペースに限界があるということです。
航続距離が280㎞のリーフはサイズ的には中型クラスとなりますが、それだけのボディサイズを持っていながらも280㎞走るだけのバッテリーしか搭載することができないのが現実です。
もちろんバッテリーの小型化や電気モーターの技術が進化すればもっと走ることができるようになりますが、現状ではこれが精いっぱいです。

仮に一回の充電で1000㎞ぐらい走らせるためには、大型ミニバンのセカンドシートから後ろ全てをバッテリーにしなければなりません。
この部分は今後の技術の進化に期待したいところです。

 

そしてもう1つ、充電する場所が少ないということです。
自宅にいるのであれば自宅で家庭用電源から充電すればいいですが、外を走っていて電気が無くなってしまったらどうしたらよいでしょうか。
外で充電することができる場所といえば、現在でもまだまだ数少ない充電スポットや日産や三菱のディーラーしかなく、ガソリンスタンドでガソリンを給油するほど簡単なことではありません。

一回の充電での航続距離が短いうえに出先で充電する場所が少ないというのは、現実的に見てかなり厳しいことで、それこそガソリンスタンドと同じくらいの数の充電施設がないと実用としては使いにくい部分があります。
現在、EVを持っている方の使い道が近所の買い物や送り迎えといった程度となってしまうのも、航続距離と充電施設の少なさからおのずとそうなってしまっていると言っていいでしょう。