New article

自動車を手に入れようとした時にその自動車購入資金の有無は別として、新車を買った方がいいのか、中古車を買った方がいいのかという比較をすると、これは間違いなく、新車を買った方がいいという答えが出てきます。
それもそのはずです。
誰が乗ったかわからない誰がどういった乗り方をしたのか分からない、もしかしたらいつも汚い服装で乗っていたかもしれない、シートの上に何か大量にこぼしているかもしれない、車酔いをした方が乗っていたかもしれない、何か霊的なものがついているかもしれない(笑)といった疑いのある中古車を好んで買う人はいないでしょう。

しかし、これを金銭面だけで見たらどうでしょう。
例えば、仕事用の車を買うので見た目や状態などは気にしない、とりあえずちゃんと走ってくれればいいといった場合では、車の良し悪しよりコスト面を考えることになると思います。
金銭面だけで新車にした方がいいのか、中古車にした方がいいのかということになると、購入から乗り続けている間にかかる費用を大雑把でもいいですので計算するとどちらがいいかはっきりすると思います。

 

新車と中古車にかかる費用の比較

金銭面を優先するにはどれだけ費用が掛かるかを考える必要がありますが、車にかかる費用には新車でも中古車でも全く変わらないものと違いがあるものがあり、その違いがあるものの金額の違いによってどちらが得なのかというのがわかるかと思います。

 

新車・中古車共に同額となるもの

まずは税金です。
税金には自動車取得税、自動車税、自動車重量税、消費税というものがありますが、購入費用に掛かる自動車取得税と消費税は違いますが、自動車税と自動車重量税は新車でも中古車でも全く同じです。

それからこれは税金ではありませんが強制的に払わされる自賠責保険料も全く同じ金額となります。
自動車保険も車両が全く同じで加入者が同じであれば、新車でも中古車でもほぼ同額といっていいでしょう。
保管場所として登録する駐車場も月極駐車場では、1スペースいくらで借りますので、新車でも中古車でも同じです。

 

新車の方がお金がかかるもの

これはまず購入費用でしょう。
新車ではなく、中古車を買うといったことの最大の理由が購入費用ですので、中古車の方が圧倒的に安く買うことができ、新車を買った時の方が費用が掛かります。
しかし、購入する中古車によっては新車並の中古車販売価格となる場合もあり、年式がある程度進んでも、例えば、500万円の車が、中古車だからといって100万円以下で買うことができるわけではないですし、半額の250万円以下になるにはかなりの時間を要し、良い状態中古車を買おうとするのであれば、それほど大きな価格差はないと思われます。

それからこの購入費用にかかる消費税も価格の高い新車の方がたくさん掛かります。
目に見えて大きく違うのが、購入時にかかる自動車取得税です。
自動車取得税は新車でも中古車でも一律3%と決まっているのですが、中古車ではその車の価値も低いですし、残価率といった車齢によってかかる比率によって古くなればなるほど税額が安くなり、それが50万円以下となると免税されることになっているので新車より確実に安くなります。

 

中古車の方がお金がかかるもの

中古車となるとやはりそれなりに年式、走行距離が進んでいるわけですので、故障やトラブルが起こる確率がグンと高くなります。
壊れやすいCVTもさすがに新車でいきなり壊れることは稀ですし、もしそうなったとしても新車保証で無料で直すことができます。
しかし、中古車となると中古車を買ってすぐに壊れてしまうことも多々あり、もちろん保証期間など過ぎていますので、すべて実費で修理をしなければなりません。

故障をしていなくても定期点検などで交換時期となる部品が多くなってきますので、そういった費用も新車より高くなります。

それから、これも整備費用にかかってくるものですが、車検費用も中古車の方が高くなります。
これは何も車検の法定料金が高くなるとか、税金が高くなるということではなく、車検整備をする時に多く部品を交換したり、整備を行わなければならないため、どうしても車検整備費用が高くなってしまうのです。
要するに整備費用、修理費用が掛かるということです。

また、古くなるとあちこちガタが出るせいか燃費が悪くなります。
エンジンにスラッジがたまる、ベアリングにガタがでて抵抗が増す、ギヤがすり減ってパワーロスが生まれるなどといった理由で新車よりも燃費が悪くなることから僅かですが燃料費が高くつくことがあります。

 

大きなお金は購入時にかかる

こうしてみると新車の購入代金と自動車取得税の高さが特に際立っているように思えます。

中古車においても、整備費用や修理費用、ガソリン代の高さはあるものの、よほど大きな修理をしなければそれほど多くの費用は掛かりません。
となると、費用が掛かる・掛からないということは車を買った時にかかる費用が左右するということになるわけです。

そうなると例えば、30年というスパンで見れば、5年で買い替えるとするならば、6回の車両購入があり、8年で買い替えるという場合では3回の車両購入になるということで8年ごとに乗り換える方が購入時にかかる費用が少なくて済むということになるわけです。
それなら車両価格も自動車取得税も安い中古車を長く乗るのが一番費用が掛からないということになりますが、中古車は新車のようにできたてホカホカの車ではないため、新車ほど長い期間、安定した状態で乗り続けることができないのです。
もちろん5年や8年で壊れるようなことはありませんが、新車と比較してその車に乗り続ける期間が短くなってしまうということを言っているのです。

中には故障を起こして直すことができないといった車や直せるけどそこまでお金をかけるほどではないといって、買い替えをしてしまうこともあるでしょう。
単純に言えば30年間で、3回の買い替えで乗り継いでいける新車に対して、中古車は5回、6回と買い替えをしなければならないということです。
買い替えの時に大きなお金が動くので、その回数が少ない新車の方が最終的には安く済むという考え方もありますね。

 

結論としては、ケースによるとしか言いようがありませんが、新車が中古車になった時の値下がり幅で見ると中古車の方が多少軍配が上がるのではないかとも思えます。
中古車でも程度の良い車を選べば乗り続ける期間を長くすることも可能になってきますからね。