New article

車を維持していく中で、最大のイベント(出費)となるのが車検ですね。
車検は、その車が保安基準に適合しているか・いないかを検査する国が設けたチェック体制のことですが、この車検がとにかく、なんだかんだ言ってお金がかかります。

 

車検費用の内訳

車検費用には、国に払うお金と整備や検査を行う業者に支払うものに二分されます。

 

国に払うお金

国に払うお金といえば税金です。
税金ですので支払ではなく、納税という言葉になりますが、通常では車検時にその車の重さ、乗用車では車両重量、商用車では荷物満載状態での車両総重量によって、ランク分けされた税額を次回の車検時期となる1年ないし2年分を一括で納める形をとります。

それから自賠責保険料、これは税金ではありませんが、保険料は軽自動車や登録車といった形で一律となり定額で、これも基本的には次回の車検までの分を一括で支払います。

そして検査費用、本来の車検費用というのはこの金額のことを言いますが、一般的に言われる車検費用と比にならなくぐらい安い、最大で1800円といった金額になります。
これは、車検を行うために手続き料で、陸運支局または車検場で印紙購入の上、支払ことになります。

 

業者に支払うお金

これらの費用はすべて車検をお願いした業者、例えばディーラーとか、町の整備工場とか車検専門店といったところに支払うもので、この金額から整備にかかった実際の費用、人件費や交換した部品代などを差し引いた分が業者の取り分、要するに利益となります。

一般的に取られることになるのが、継続検査費用、車検整備費用、部品代、24か月法定定期点検費用となります。
この中で、気になるのが24か月法定点検、これは半年ごとに義務付けられている法定点検のことで、昔はこの24か月法定定期点検を行わないと車検を受けることができなかったので、流れとしてまずこの定期点検を受けてから車検に入るという形になっていましたが、現在は24か月の点検を受けていなくても車検を受けることができるようになったので、やらない場合はお金がかかりません。

実はいわゆる「車検費用」というものの中で、この業者に支払う部分の金額が大きくのしかかってくるため、税金の高さも相まって、車検費用がかなり高くなってしまうのです。

 

節約できる費用

車検費用はこのように国に払うお金と民間業者に払うお金の2つのものがあるわけですが、車検費用を安くするためにはこの中のどれかを値引きしてもらうといった形にするという形をとることになります。
しかし、中には絶対に値引きなどをすることができないものがあるため、できるものの関してできるだけ安くしてもらう、あるは省いてもらうといったことをしなければなりません。

 

値引きできる費用

値引きが期待できる費用は、民間業者に支払う金額全てです。
継続検査費用、車検整備費用、部品代、24か月法定定期点検費用などすべて値引きが可能となります。

法定点検は車検と同時にやらなくてもいいですし、自分で出来る方はやっても構いませんので、断ればその分は0円となります。
それから整備費用に関しても、必要以上の整備をしないでもらえば安くなりますし、部品代に関しても、例えばインターネットなどで安く手に入れられる、友人から譲ってもらえるということであれば、それを持ち込めば部品代として計上されることはないでしょう。

継続検査費用に至っても「何円」という決まりがあるわけではなく、業者の言い値になりますので値引き対象となるでしょう。

 

値引きできない費用

値引きできない費用は国に払うお金全てです。
自動車重量税、自賠責保険料、検査費用、この3つは1円たりとも安くできませんし、高くされることもありません。
ですので、この部分に関して、そのままの金額を払うしかないでしょう

 

車検費用を安くするには

車検をできるだけ安くしたいと思っているのであれば、民間業者に払う部分の金額によって店舗選びをしたり、余計なことをしないでもらったりしなければなりません。
特に継続検査費用と車検整備費用は、車検を行う業者によって金額は「月とすっぽん」ですので、店選びが重要となるでしょう。

安いのは車検専門店といわれるところで、特に何も言わなければ必要以上のことはやりません。
車検をクリアするためだけに整備だけしかしないので、費用もそれほど高くはなりません。

正反対となる高いところはディーラーです。
ディーラーは基本的な工賃なども高いですし、少しでも不具合を見つけるとどんどん部品を交換します。
24か月点検もついでに行ってしまいますし、それ以外にも「ついでだから・・・」といって、消耗品の交換や部品交換などをすすめてくることもあるようです。
ただ、ディーラーですので、その車に合った適切な整備を行ってくれます。
ですから、車検に出したのにすぐに壊れるということはほとんどありません。

 

究極の節約方法はユーザー車検

もし自分である程度の整備技術を持ち、平日に車検場まで足を運ぶ時間があるのであれば、ユーザー車検がいいでしょう。
ユーザー車検は要するにディーラーや車検専門店などが行う整備や手続きをすべて自分で行う方法で、自分で行うのですから整備費用などは交換する消耗品や部品代だけとなり、それ以外の費用は一切かかりません。
もちろん自動車重量税や自賠責保険料、検査費用は掛かりますが、それ以外はほとんどお金がかからないといっていいでしょう。