New article

これから新しい車を購入して楽しいカーライフを送ろうという時に、数年後に数十年後に訪れる下取りや売却のことを言うのも何ですが、車はボディカラーやグレードによって下取り金額や売却金額に違いが出ることがあります。
どの様な違いが出て来るのかをここではお話しをしたいと思います。

 

ボディカラーは、誰もが選ぶ色が高い

新車を買う時にほとんどの方がボディカラーを何にするか悩むことになるでしょう。
特に生活車両として、または日常の足として購入する車の場合は、自動車自体に思い入れがほとんどないので「この車ならこの色」といった概念はなく、ある意味ではボディカラーの選択に一切の制約がないため選択肢が広がるわけです。
そういった中で結局は自分の好きな色を選ぶことになるわけですが、そういった時にあまりにもその車に似合わないようなボディカラーを選ぶと下取り時、売却時に痛い思いをします。

下取りや売却は、その車を「中古車」という商品として見ることになります。
商品となるのであれば、需要のないボディカラーより需要の高いボディカラーの方がいいわけで、その選別が下取り時、売却時に行われているということになります。
ですので、中古車として売る時にどれだけ人気があるかが下取り金額、買取金額が左右されるということになるわけです。

 

昔からよく言われていたのは白系が高くなるということ、確かにそうかもしれませんが実は正しくもあり間違いでもあります。
白系が高くなると言われている理由は、要するに無難な色であるということ、誰が見ても嫌な気がしない色ということで、どのような車種でもどのようなジャンルの車でも白系はとりあえず、それなりの金額となるわけです。
しかし、だからといって高くなるわけではなく、安くはならないというだけです。

大型ミニバンや高級4ドアセダンなどでは黒などダーク系が高くなりますし、スポーツモデルでは派手な色やその自動車メーカーのテーマカラーとなる色が人気があり高くなります。
女性向け軽自動車やコンパクトカーではパステル系が人気ですし、遊び車的なモデルでは2トーンカラーなどが人気です。

白系と同じくらい無難な色として用いられているのがシルバー系で、これは傷がついても埃や汚れがついてもあまり目立たないことから車に手を掛けられない方に人気が高いようです。

 

節税と装備欲しさにグレードを選ぶ

自動車のグレードというものは同じボディを使いながらもエンジンやトランスミッション、駆動方式、装備面などに違いを持たせたもので、車種によってはグレードによって全く違う車になることもあります。
しかし、それは昔の話で今は税金対策としてのエンジン排気量と快適装備の違いだけしか違いが設けられていないことがほとんどで、どのモデルもグレードによる大きな違いなど無くなってしまいました。

エンジン排気量に関しては、例えば3.5リッターエンジンモデルと2.5リッターエンジンモデルを持つ大型ミニバンであれば、ほとんど同じ装備でしたら自動車税が2ランクも下の2.5リッターエンジンモデルの方が中古車としても人気があります。
それから、カローラシリーズのような1.5リッターエンジンモデルと1.8リッターエンジンモデルを持つ車種では、自動車税のランクが低い1.5リッターエンジンモデルの方が人気があります。

車の格としては大排気量モデルの方が上ですが、中古車としての価値は小排気量モデルの方が上であることが多く、購入価格が高いからといって必ずしも下取り金額、売却金額が高いというわけではありません。

そして装備面から見ると、やはりグレード的に上級グレードほどたくさんの装備や快適装備が付けられる傾向があり、中にはそれを補うための手段がメーカーオプションでしかなく後付できないものもあることから、たくさんの装備が付けられているグレードは中古車としても人気が高くなります。
両側パワースライドドアやシートの材質、安全装備の有無などこういったものたくさんあればあるほど人気が高くなり、中古車としての価値も上がるため、そういったものが最初からつけられている高グレードのモデルの方が高く下取り出来たり売却できたりするわけです。

 

あまり固執しない方がいい

このように将来的な価値を考えるとおのずと選ぶグレード、選ぶボディカラーが決まってしまうことになります。
しかし、車選びは果たしてそれだけでしょうか。
現金一括、自動車ローンなど入手手段はどうであれ、数年間は自分の足となり、趣味の一つとして存在するわけですので、下取りに出す時、買取をしてもらう時のことを考えてグレード選びやボディカラー選びをするのは、それほど重く受け止めなくてもいいかと思います。

赤が好きなのに買取金額が高くなるから白を買っていやいや乗り回すのも嫌ですし、アルトラパンを買うのに人気が高いからといって60代以上の女性がピンクの車を乗り回すのも恥ずかしいでしょう。
そこまで我慢してまで、下取り時、買取時のことを考えて車選びをするのはナンセンスです。

 

ただ、ここで言いたいのはボディカラーにしてもグレードにしても中古車市場において価値の違いがあり、それにあったものであれば金額的に高くなる可能性があるということです。
ですので、自分の好きな色、自分で買える範囲のグレードを選んだ方が良いのはもちろんなんですが、例えば、もしブラックとブルーで悩んでいるのであればブラックを選択した方が賢い選択になることは理解しておきましょう。