New article

公道は、基本的に自動車重量税を払っている車両すべてが無償で走ることができるものですが、公道でも一部通行料金を支払わなければ通行することができない道路があります。
そのことを有料道路といいますが、その有料道路には高速道路も含まれており、一律定額料金や有料道路を利用する距離によって課金されるといったシステムでお金をせしめられることになるわけです。

これが例えば、私有地にある私設道路であれば、それに応じて通行料金を支払うのは納得できますが、公道で更にお金を払うのは解せません。
なにやら管理者が言うには、支払っているのは道路を利用するための料金ではなく保守点検費用であるということらしいが、かなり傷みのある有料道路がある中でこういったことも何やら言い訳のような気がしてなりません。
さて、有料道路では定額なり距離による料金なり、お金をどこかで支払わなければなりませんが、先払いにしても後払いにしても料金所というところでお金を払うことになります。

そこではお金を払う、領収書をもらう、通行券を渡すなどといったドライバーと料金所の人間とのやり取りが行われるため、一時でも止まらなければなりません。
止まるということは交通の流れも止まるということで、そうでなくとも交通量の多さから簡単に自然渋滞を起こしてしまう日本の交通事情の中で、お金を払うためだけに一時に止まってしまうのはかなり無駄なことだと思います。
そこで導入されたのがETCというシステムです。

 

ETCとは

ETCは、エレクトロニック・トール・コレクション・システムの略で、正式には電子料金収受システムと呼ばれるものです。
これは車に搭載された車載器と料金所や有料道路の入り口に設置されているアンテナの間で、無線によるデータのやり取りを行うことによって、そのデータに従った形で後から料金を請求する形をとるものです。

データのやり取りは非常に短い時間で済むようになっているので、今まで行ってきたように料金所で一時停止をしてお金や通行券などのやり取りをしなくても済むようになりました。
それでもデータ送受信の確実性を高めるために20km/h以下の徐行を迫られてますが、一時停止するより交通の流れを鈍化することが少なく渋滞の緩和をすることができるのです。

 

ETCに必要なもの

ETCを使うには、車に搭載する車載器とETCカードというものが必要です。

 

車載器

車載器は電化製品と同じ様に、その商品を扱っている店舗であればどこでも購入することができます。
取り付けに至ってもアンテナの配線と12V電源を取るだけと至って簡単なのですが、車載器には「どんな車につけられているのか」ということを登録しなければ使えないようになっており、車載器に車両のデータを登録しなければなりません。

それをセットアップというのですが、車載器にその車のナンバープレートの番号などを登録します。
要するに「A-12345」という番号の車載器が付けられているのは「足立 33 あ○○-○○」という車だということを紐づけする作業ということです。

 

ETCカード

ETCカードは通行料金などを誰に請求するのかという支払いをする人間の個人情報が登録されています。
個人情報といっても住所や氏名が入っているわけではなく、ETC情報を統括するNEXCOなどにあるデータベースの個人番号が入っており、その番号さえわかれば誰のETCカードで誰に料金を請求すればいいのかがわかるようになっています。

ETCカードはクレジットカード会社などから支給されるものが一般的で、ETCカードの料金もクレジットカード会社経由で支払う形になります。
しかし、クレジットカードを持っていない、あるいはクレジットカード嫌いの方だったらどうするかということになりますが、こちらの場合はNEXCOの関連会社が発行するETCパーソナルカードというものを利用することになります。

このカードは、デポジットという形で最低40000円のお金を前払いしておき、ETCカードを利用した分の料金をそこから差し引くといった形をとります。
デポジットは随時追加が可能で、無くなりそうになると追加入金のお知らせが送られてきます。
これならわざわざクレジットカードを作らなくても済みます。

 

ETCを使うならマイレージも使うべし

クレジットカードを使えばポイントが付く、ネットショッピングすればポイントが付く、飛行機に乗ればマイレージというポイントが付くといったように、この世の中、何でもかんでもポイント制度が利用されています。
固定客を確保するにはもってこいのシステムですが、逆にうまく利用すれば消費者からしてもメリットはあります。

このポイント制度、実はETCにも存在します。
その名もETCマイレージというもので、ETCカードで有料道路や高速道路の料金を支払った場合にその支払った金額によってポイントが付与され、そのポイントをためることによって有料道路や高速道路の通行料金の無料通行分とすることができます。

ポイントの付与割合と無料還元の割合は、利用する道路を管理する団体によって違いますが、東名高速道路などを管理するNEXCOでは、1回の利用で通行料金10円に付き1ポイント付与され、1000ポイントで500円分、3000ポイントで2500円分、5000ポイントで5000円分の無料通行分が与えられることになります。

 

ETCマイレージは登録制

ETCカードを作り、セットアップを行ったからといって、すぐのこのETCマイレージサービスを利用することができるわけではありません。
このサービスは、登録制でETCカードの持ち主がインターネットなどから登録することではじめてこのサービスを受けることができるようになります。

もちろんこれを登録するのにお金は一切かかりません。
無料で登録するだけでポイント制度を利用することができるのでぜひとも利用しましょう。
この制度、あまり大々的には広告されていないので、知って得する情報ということで掲載させていただきました。