New article

日本の道路交通法では、法定速度として最高100km/hと定められています。
もちろんそれは高速道路での話ですが、最近では試験的に120km/hにしてみたらどうだという声も聞こえてきているようです。
しかし、どちらにしても、現在の発売されている自動車は軽自動車でも100km/h以上出すことができるような性能が与えられており、ちょっとでも油断すると法定速度オーバーとなってしまいます。
一般道では更にそれが顕著で最高60km/hと法定速度が決められている中で、100km/hを出すことができる車はおろか、300km/h出すことができる車も販売されているのも不思議なものです。

白バイや覆面パトカーでスピード違反として検挙し、国庫を増やそうというのも何か企んでいるかのように思えてしまいますが、実は法定速度以上のスピードを出すことができる性能が与えられているのには理由があるようなのです。
まぁ、後付のような気がしますが、どの自動車メーカーにおいていろいろな理由からスピードが出るような車、必要以上のパワーを持ったエンジンを搭載することにしているようです。

 

スピードを出せるようにしている理由

スピードを出すことができるようにするにはエンジンにそれなりのパワーを持たせなければなりません。
それにはエンジン排気量も大きくし、パワーが出やすいように改良をしなければならず、それだけ製造コストがかかります。
コストをかけてまでもパワーを持たせる、想定速度以上のスピードを出すことができるようにするのは以下のような理由があるからのようです。

 

何かあった時(不測の事態)のため

例えば、高速道路を走っている時に飛行機が墜落してきたり、後ろから大きな津波が襲ってきたとします。
その時に速く走れば回避することができたとなった場合、100km/hしか出ない車であったとしたら、それらのものを避けきれず墜落してくる飛行機に突っ込まれてしまったり、津波にさらわれてしまうことになります。

こういったアクシデントというのはコンマ1秒タイミングが違っただけで生死を分けることが多く、それはスピードにおいても同じです。
120km/h出すことができる性能を持った車は助かり、100km/hしか出ない車は巻き込まれて乗っていた人全員が即死といったことにならないようにと、余力を残して、何かあった時に制限速度をオーバーしてでも危険を回避することができるようにするために100km/h以上のスピードを出せるようにしているというわけです。

 

スピードの保持のため

風もほとんどなく、まったく平坦な高速道路を制限速度100km/hで走るには、100km/hぐらい出すことができる性能を持っていればいいでしょう。
しかし、台風が近づいてきて20m/s以上の向かい風が吹いている時に100km/hしか出せない車では100km/hを維持することはできません。
また、山沿いを走る高速道路で多い急勾配で、それが長く続く道路を上る形で走る場合も100km/hしか出せない車では100km/hを保つことはできません。

安全運転のためには何も制限速度ギリギリまで出す必要はありませんが、これだけ車が多い中でスピードが遅くなるということは渋滞を引き起こし円滑な交通を確保することができません。
高速道路でよくある上り坂渋滞やパトカー渋滞というのがその代表です。

スムーズに流れている中で、一時的ですがスピードがダウンしてしまうということは、それすなわち渋滞を促進していることになり、はっきり言っていい迷惑でしかありません。
要するに上り坂でも向かい風でも100km/hを安定して出すことができる性能が円滑な交通を行う上で必要なことであるということで、それには100km/h以上のスピードを出すことができる性能が必要であるというわけです。

 

重量差をカバーするため

これは多人数乗りのミニバンやエンジンパワーのない軽自動車、荷物をたくさん積むことができる商用車などで顕著に出るものですが、人間がたくさん乗ったり荷物をたくさん載せたりしたことによって車両総重量が増し、それによってスピードが出ないスムーズな走りをすることができないといったことになります。

仮にドライバーだけ乗って荷物も空荷の状態で100km/h出せる車を作ったとした時に、その車に8人フル定員で乗ったり最大積載重量である750kgの荷物を乗せたとしたらどうでしょうか。
たぶん100km/hまでスピードを出すことはできないでしょうし、出せたとしても100km/hに到達するまで数キロといった距離が必要となるでしょう。
一般道でも加速が鈍くなるだけで渋滞が起きてしまう状況の中で、こういった現象は好ましくないものです。

どんな状態でも制限速度以下の狙ったスピードまで、スムーズにスピードを上げていくことができるようにするためにパワーに余裕を持たせているのです。

 

趣向性のため

ここまでなんだかんだ理由を述べてきましたが、はっきり言ってそれらはある意味で口実みたいなものです。
最大の理由はこの趣向性のためです。

自動車というものは目的地まで短時間で移動するために作られたものです。
そのためスピードが出ないより、出た方がいいに決まっています。
鈍行列車より急行列車、急行列車より特急列車、特急列車より新幹線、新幹線よりリニアモーターカーと人間は短時間で移動することができるスピードを持つ乗り物を求めるわけです。

自動車においてはスピードではなく、それをエンジンパワーで判断します。
同じエンジン排気量でも100psより120ps、250psより300psのエンジンパワーを求めるわけです。
こういった人間が持つスピードが出る車の方がいい、パワーのある車の方がいいという趣向性にあわせて形をとることによって、法定速度よりも何倍ものスピードを出すことができる有り余るパワーを持つハイパワーエンジンを搭載した車を作るようになったわけです。
確かにスポーツモデルといって100km/hしか出せない車より300km/h以上のスピードを出すことができる車の方がいいに決まっています。

 

ただ、最近は「エコ」や「低燃費」という言葉を使って、わざわざパワーを低くして販売する車が多くなり、それほどエンジンパワーにこだわりを持たなくなりましたが、それはそういったことをしなければ燃費をよくすることができない、排気ガスをきれいにすることができないといったことからそうなっているわけで誰もが望むことではありません。
多くの人が望むことは有り余るパワーのある車であって、それによってなんだかんだ理由を付けて100km/hをはるかに超えるスピードを出す車を作るわけです。