New article

自動車を新車で購入する時、ほとんどの方が自動車メーカー認定の正規ディーラーで購入することが多いかと思います。
しかし、実は正規ディーラー以外にも通称、サブディーラーなどと呼ばれるところでも購入することができるのです。

 

正規ディーラーとは

正規ディーラー、一般的にはディーラーといえばこの正規ディーラーを指すことが多いのですが、正規ディーラーは製造元である自動車メーカーから正式に販売を認められた販売店で自動車メーカーの看板やロゴなどを使用することを認められたところです。

よく勘違いされる方が多いのですが、ディーラーは自動車メーカーの子会社やグループ企業ということではなく、自動車メーカーとは全く別の企業体です。
例えば、日産の看板を掲げたディーラーでも表向きは日産プリンスや埼玉日産、日産業販などとなっていますが、ベースになっている企業は地元に根付いた小さな企業だったりするのです。
ですから、中には同じ母体を持つ企業内で、日産と三菱のディーラーを持つところもあります。

正規ディーラーは自動車メーカーの販促物や販売するうえでの権利を使うことができますが、その分、自動車メーカーによる拘束を受けることになります。
例えば販売する車の限定、当然といってしまえばそれまでですが、日産ディーラーでトヨタの車を売ることはできませんし、同じ自動車メーカー内でも販売チャネルごとに販売するモデルが決められている場合は、それに従わなければなりません。

また、自動車メーカー側からの販売戦略に従わなければなりません。
テレビCMなどでもよく見かけますが「○○という車を買えば、金利が安くなる」といったキャンペーンが行われている時は、それに従った形で自動車ローンの手続きを行わなければなりませんし「○○感謝デー」などといったイベントを行う時もそれに合わせて、店舗や店員を対応させなければなりません。

それからノルマも強いられます。
この車を月に何台以上売らなければならないといったお達しが自動車メーカーからあった場合はそれに従って、より一層営業面に力を入れなければなりません。

 

サブディーラーとは

サブディーラーもディーラー同様に自動車メーカーとは資本的に全く関係のない企業が持つ店舗です。
母体となる企業体は整備工場や中古車販売店といった自動車関連の店舗などを別に持ち、そちらで主な利益を得ているようなところで、一昔前までは地方など正規ディーラーがない地域の補助的な販売店として機能していたのですが、最近ではディーラーが多数ある都市部でもたくさん作られるようになりました。

サブディーラーはディーラーと同じように新車を売ることができるのですが、その新車の流通経路が自動車メーカーから直接的にあるわけではないので、正規ディーラーのように自動車メーカーの拘束を受けることがなく、ある程度は自由に新車を売ることができます。
街中を見ると、時々小さな整備工場や中古車販売店などで、複数の自動車メーカーの看板や車種の名前の入った看板が掲げられている店舗を見かけることがあると思いますが、それがサブディーラーと呼ばれるところで、その看板のとおり複数の車を販売することができるのです。

中には日産とトヨタ、スズキとダイハツといったようなライバル会社の車が一つの店舗で売られていることもあるぐらいです。
車種はもちろんのこと、自動車メーカーからのノルマもありませんし、イベントやキャンペーンなどにあわせる必要もありません。

自動車メーカーから直接新車を仕入れないことでこういった販売店側からすればメリットが生まれるサブディーラーですが、ではどこから新車を仕入れてくるのでしょうか。
仕入先は取引のある正規ディーラーからです。
要するに正規ディーラーがイメージ的に直販的なものを持つのに対して、サブディーラーは孫請け会社や代理店的なイメージを持つということです。

 

正規ディーラーとサブディーラー買うならどっち?

2つの選択肢がある新車購入、通常ならすぐに正規ディーラーに行って商談といった形になるかと思いますが、果たして新車を買う時はどちらに行った方がいいでしょうか。

例えば、自動車メーカーが主導する低金利キャンペーンやノベルティーグッズプレゼントなどを利用するのであれば、正規ディーラーがいいでしょう。
しかし、もしそういったことをまったく期待しないのであれば、どちらでもいいのかもしれません。

ただ、正規ディーラーとサブディーラーでは、アフターサービスに違いが出てきます。
正規ディーラーであれば、点検などに関しても自動車メーカーから支給されているODB接続の専用端末を使った作業をすることができ、点検作業も容易ですし、修理に使う部品も純正部品をすぐに取り寄せることができるので迅速に行うことができるでしょう。
これがサブディーラーですとそうもいきません。
基本的にディーラーとは関係のない街の整備工場や中古車販売店の整備工場ですので、専用端末もなく汎用品として販売されている端末を使わなければなりませんし、修理の部品も業販から仕入れてきたり、社外品を使わなければなりませんので、整備や修理に関しては質が落ちる可能性はあるでしょう。

ただ、複雑な部分でない限り、それまで培ってきた整備や修理の技術を活かして行うことができるので、作業内容としてはそれほど違いはありませんし、汎用品や社外部品を使うことによって修理費用を抑えることができます。
工賃に関しても正規ディーラーより安いことがほとんどですので、金銭的なメリットはあるかもしれませんね。

 

また、新車を購入する時に一番大事なこととなる値引きに関してですが、正規ディーラーでは直接自動車メーカーから仕入れてくるので、自分のところでの利益を確保した上で値引きをすることができますが、サブディーラーでは自動車メーカーとサブディーラーの間に正規ディーラーが挟まっていることから中間マージンが生まれることによって、流通経路から見る基本的な値引き額は少なくなる可能性がもあるでしょう。
しかし・・・、正規ディーラーでは自動車メーカー側からの指示として、値引き額に制限が付けられていることが多いため、大きな値引き額を引き出すことが難しい場合があり、車によってはほとんど値引きをしてくれない場合がありますが、サブディーラーですとそういった縛りがありませんので、自社での利益を考えつつ更に新車購入後に点検作業や修理作業で利益を得ることができるため、思った以上の値引きをすることがあるようです。
値引きに関しては平均してどちらも同じようなものですので、アフターサービス面を考えてどちらにするかを考えた方がいいかもしれませんね。