New article

日本において普通免許を取れるのは18歳からで、それは18歳から車を買って乗り回すことができるということを表しています。
まずは家にある親の車で自動車の運転になれてから、友人や知り合いに借りて少し乗り回すといったことから初めて、しばらくしてから新車なり、中古車なりで自分専用の車を持つという流れが一般的だと思いますが、中には免許を取ってすぐに自分の車を購入するという方もいるでしょう。

現金一括で買うのであればまだしも自動車ローンを使って車を買うという方の場合は、未成年ということからいろいろな制約を受けることになります。
段階的に見ると、自動車の購入契約をディーラーや販売店と取り交わす、譲り受けるなどの入手と自動車ローンの契約を金融機関などと取り交わすといった費用の返済ということになると思いますが、やはりそれぞれにおいて未成年が単独で行うには何かと準備が必要そうです。

 

車を入手するということ

名義について

車を手に入れるということは購入資金云々以前にまず名義人として登録できるかということになりますが、名義人は何も成人だけに許されることではなく未成年者でもなることはできます。
しかし、法律上は親の管理下に置かれているので、必ず親の許可が必要になります。

これは親の許可が下りたことを証明することが必要で、車の登録や名義変更の際に親の同意書と親子関係を証明する戸籍謄本、親の印鑑証明書、本人の印鑑証明書、委任状などが必要になります。
これらを用意して手続きをすれば、未成年でも晴れて車の名義人となることができます。

 

購入

新車ディーラーで新車を買う、中古車販売店で中古車を買うといった形でディーラーや中古車販売店などで車を購入する場合は、単なる商品とお金の交換だけではなく、法に基づいた売買契約というものを取り交わさなければなりません。
その契約は成人であることが前提となっており、未成年者が契約を行うには、追加条件を満たした形を取らなければなりません。
その条件というのが法定代理人です。

要は何かあった時に未成年だと責任を果たすことができないので、その代わりになる人間が必要ということです。
通常では親ということになりますが、何も親でなくても信頼できる成人であれば基本的にはOKとなります。
この契約は購入しようとしている車を○○○万円で売却します、購入しますといったことだけの契約ですので、資金として使う自動車ローンの契約とは全く別のものとなります。

 

資金調達

未成年であれば、自分が持っているお金で買えるぐらいの金額の車を買ってしばらく乗り続けるというのがある意味でステップアップとして妥当なことだと思いますが、どうしても欲しい新車がある、人気が高く中古車でもそれなりの金額をしてしまうといった形になってしまうということで自動車ローンを使って車を購入するという方もいることでしょう。
自動車ローンを使うということは、「大人であればほとんどの方が使っている自動車ローン」と聞こえはいいですが、早い話、借金をするということです。

軽自動車を新車で買うといっても最近の軽自動車は高く、まともなものを買うには最低でも100万円以上のお金が必要になります。
登録車や人気のある車でしたらより一層高額になることでしょう。
それを全額、あるいは部分的に借りるとなるとそれなりに負担が出ることになり、もし返済が滞ったときの責任の所在として、未成年では不十分ということになります。

そういったことに対して自動車ローンという商品では未成年が自動車ローンを組むときには必ず連帯保証人を立ててもらうことを義務化しています。
要するに本人が返済できなかったらその連帯保証人がすべての責任を負うということで、金融企業としてリスクを低減させるのです。
しかし、これはあくまでも自動車ローンという商品での利用条件であって、実際にはこれをクリアできれば必ず自動車ローンを利用することができるわけではありません。

 

自動車ローンには審査がある

自動車ローンは車を購入するとき使うローン商品ですが、これには自動車をある意味で担保とすることで借りやすくしたものです。
しかし、金融企業などでは利用条件をクリアしていたとしても、その利用条件を本当にクリアしているのか、返済能力はあるのかといった形で審査を行います。

この辺はカードローンやおまとめローンなどと同じで、返済能力がないのにお金を貸すことはできませんし、返済が滞った時に代わりとなる人間がいなければ、怖くて多額のお金を貸すことができないということです。
そこで必要となるのが、先ほどもお話しした様に連帯保証人です。
これは車の購入の時と同じことだと思えばいいでしょう。
要は本人が返済できないときに変わりのお金を返してくれる人間が必要ということです。

審査には、年齢、年収、職業、勤務先、勤務状況、勤務年数、雇用形態、連帯保証人の同様なこと、などを見ながら行います。
この中でまず審査が下りないといっていいのが学生です。
それが大学生であろうが、専門学校生であろうが、高校生であろうが無理だと思います。
仮に学業と並行してアルバイトを精力的に行い、学生としてはかなりの収入となっていたとしても審査が下りることはまずないでしょう。

それから意外と大きいのが勤務年数です
未成年となると長い人でも中卒ですぐに就職をし、16歳から働いていたとしても4年未満という形になりますが、年収と勤務先の形態、雇用状態とあわせて考えられることになるのですが、最低でもまるまる2年間は正社員として同じ勤務先で働いていないと無理だと思います。

消費者金融業などに用意されている自動車ローンや自動車ローン向けのカードローンという選択肢もありますが、審査に関して若干緩いところがあっても金利がかなり高いので、できるだけ使わないようにしましょう。
可能であれば銀行や信用金庫などに借りるのが良いですね。
こういったことを勧めるのも何ですが、未成年で自動車ローンを使うぐらいの資金を必要とする場合、本人が借りるのではなく、親名義で借りてもらう、あるいは親に何とか資金を出してもらって、親にきちんと返済していくという手段を取った方がいいかと思います。