New article

こちらのサイトで何度もお話ししていますが、自動車を買うということは並大抵のことではありません。
軽自動車でも100万円ぐらい軽く超えてしまいますし、国産高級車となると800万円といった大金を払わなければなりませんので相当な覚悟が必要となるでしょう。

そうなるとやはり少しでも出費を抑えたいもので、そこでディーラーで値引き交渉などを行うわけです。
しかし、値引き交渉をしたとしても、そう簡単に安くなるわけではなく、ディーラーにおける限界金額というものもありますので、ある一定の金額になった時点で、それ以上の値引き額を引き出すことができなくなるものです。

 

そこで我々は、オプション品をタダで付けてもらう付属品をタダでもらうといった戦法に移すわけですが、最近の車は欲しいと思うような装備のほとんどが標準装備されているか、抱き合わせ商法ではありませんが、複数のオプションを組み合わせてセットオプションとして提供し、その価格も何十万円といったものとなるため、オプション品での現物値引きを引き出すのも一苦労となりました。
最後に残った付属品、例えばシートカバーやフロアマットなどというものは金額的にはたいしたことがないので、もらえるものをもらっておきますが、それで「車を安く買った!」という気持ちになれません。

なら、もう手立てはないのか?・・・ということになりますが、実はもう一つだけ車を安く買う方法があるのです。
新車を買うとなればきっと見積書をかいてもらうことになるでしょう。
その見積書に車を値引き相当のことができるものが書かれています。
それが諸費用です。

 

自動車を買う時にかかる諸費用とは?

300万円台の車を買おうとディーラーに赴き、見積書を書いてもらうことになるわけですが、その時に400万円台の合計金額が出されてびっくりすることがあります。

「300万円台の車がどうして400万円オーバー?」

と思うことになりますが、これはすべて諸費用が加算されているからです。
新車を買う時には思いもよらぬほどのいろいろな諸費用が掛かってしまうことになり、それが購入費用の総合計をぐっと高めてしまうのです。

諸費用となるものをざっと挙げるとすると、まずは税金、自動車を購入しただけで課税される自動車取得税、向こう3年間分の自動車重量税、本年度分の自動車税、そして販売価格にかかる消費税と最低でも4つの税金が課税されることになります。

それから税金ではありませんが、加入が義務付けられている自賠責保険の保険料を次の車検までの3年分を支払うことになりますし、廃車する時の費用を前もって払っておくリサイクル料金というものも払う必要があります。
ここまでの費用は絶対に納めたり、支払ったりしなければならないものとなります。

 

次に一部強制的に払う必要があるものも含まれますが、ほとんどのものがディーラーに払う諸費用です。
まずは納車費用、これは新車を購入者に納める時にかかる費用で、自動車メーカーの工場から送られてきた車をディーラーが受け取り、納車する準備にかかる費用となります。
しかし、納車する時に自宅まで運んでもらうということをしない限り、実際にお金がかかる事はなく、ある意味1つの慣習として残っているものといえます。

それから法的な手続きにかかる費用、こちらは法定料金というものがありますので、部分的に決まった金額を支払わなければなりません。
手続きとして行うのは新車登録と車庫証明です。

新車登録は陸運支局、車庫証明は管轄の警察署で行いますが、これにかかる実際の費用は数千円でディーラーが請求する金額のほとんどが書類を作成することと所定の場所まで出向くことにかかる手間賃です。

それと下取り車がある場合は下取り査定料と下取り手数料が取られます。
下取は買取と違って査定するだけでお金を取られる場合もあります。
そして下取りによって発生する名義変更手続きも事実上請求される形となります。

これらのものすべてを諸費用と呼び、車両購入代金に加算されることになるのです。

 

減額が期待できる諸費用

諸費用に中には必ず払わなければならないものとそうでないものがあります。
諸費用を減らして実質的に安く買おうとするのであれば、払わなくてもいい金額を少なくしてもらう、あるいはカットしてもらう、あるいは自分で行って実費だけで済ますということを考えなければなりません。

諸費用の中でびた一文、安くできない、カットできないのは、自動車取得税、自動車重量税、自動車税、消費税といった税金類と自賠責保険料、リサイクル料金といった強制的に払わされるものです。

それから新車登録費用、車庫証明費用といった法定料金が決められているものもそうです。
ただ、こういった法定料金以外にその手続きを行うためのディーラー側の手間賃はどうにでもなるお金であって、その部分を無料にしてもらうということはできない話ではありません。

新車登録は少々面倒なのでディーラーにお願いするべきですが、車庫証明は自分でもできますので、その費用をすべてカットしてもらい自分で警察署に足を運んで手続きをすれば法定料金の数千円で済むことになりますのでそういったやり方もあります。

 

また、下取りに関わる費用ですが、一番いいのは下取りではなく、買取店で買い取ってもらう方がいいでしょう。
古くてかなり状態が悪いといった車でなければ、間違いなく買取店で売却した方が高くなりますし、査定料金や名義変更にかかる費用もあえてとることもありませんので、下取をやめて買取店で売ることで下取りに関わる費用をすべてカットすることができます。

あとこれは強く言いたいところですが納車費用のカットです。
納車の時に車を取りに来るという段取りにしておけば、納車費用が掛かるいわれはありませんので、その分をカットするのは無理なことではないかと思います。

このように諸費用の中にはどう見てもディーラーの儲けとなる部分がたくさんあるのでその部分を突いて、サービスするように言ってみましょう。
項目ごとに一つ一つカットしてもらうやり方が一番効率が良いのですが、そういったやり方でディーラー側の反応が悪い時はすべてひっくるめて「○○万円カット」といった「まとめ買い」的な感覚でカットを迫るといいかもしれません。
諦めずに少しでも値引きをしてもらえるように粘ってみましょう^^