New article

中古車を買う時には中古車販売店を利用するのが一般的となっていますが、特殊な車両であったり、より一層安い金額で買いたいと思っている方は、よく個人売買を利用します。
一概には言えませんが、個人売買は売る方にとっても買う方にとっても金銭的なメリットはありますが、その分、他の部分で大きなデメリットを持つことになります。

 

個人売買の方法

個人売買は欲しい車を売ってくれる人をまず探さなければなりません。
それも単純ではなく、車種やボディカラー、年式、走行距離、状態といった要素が複雑に絡んでいる自動車を探すわけですからそう簡単に見つかりません。

それまでは個人売買というと友人同士や友人の知り合いといった形で何かしらのつながりがある人間との間で売買する形となりましたので、ある意味で抑制効果があり、トラブルに至ることは比較的少なかったです。
しかし、ここ最近は見知らぬ個人同士が売買できる市場が出来上がったことによっていろいろなトラブルが発生するようになりました。
その市場というのがネットオークションです。

 

ネットオークションでも買える

ネットオークションは、個人でも法人で誰もが参加できるオープンなオークション形態です。
当初は個人が不要なものを出品して、ちょっとしたおこづかいを稼ぐといった使い方がされていたのですが、最近ではショップや法人が多数入ってくるようになり、小さな小物からオートバイ、自動車、不動産まで売り買いできることになりました。

その中の一商品として出品されている自動車ですが、先ほど言いましたとおり、自動車にはいろいろな要素があり、そして更に法的な手続きも含まれてくることから、トラブルが多く出ています。
しかし、最近の個人売買においてはこのネットオークションを使って売買することが主流となっており、それまで知り合いから買うといった形をとることは少なくなりました。

 

個人売買で車を買う

ネットオークションを含めて、個人から車を買う時にはちょっと注意することがあります。

 

状態を見る

個人から車を買う時はその車の内部的な状態のほとんどが売る側のいい分だけで判断することとなります。

車種やボディカラー、傷やへこみの有無、内装の状態などは現物を見ればわかりますし、型式、年式は車検証を見ればわかります。
走行距離はメーターパネル内にあるオドメーターを見ればわかりますが、巻き戻しなどが気になる場合は車検証に記載されている車検時の走行距離から当たればだいたいのことはわかります。

しかし、エンジンの調子は?、トランスミッションの調子は?、オイル漏れは?、冷却水漏れは?、事故経歴は?といったものは車の外観を見ただけではわからず、それをオーナーに聞くしか答えを得ることができません。
ただ、少しでも車の構造を知っていたり、見極める知識を知っていれば、エンジンルームを覗いたり、下まわりを覗いたり、試乗させてもらったりすれば、だいたいのことを正確に知ることができるでしょう。

特にエンジン周りは、複雑な構造となっているので、事前に構造などを勉強して、ピンポイントで故障やトラブルが出やすいところを目で見て、耳で聞いて、手で触ってみて、徹底的にチェックした方がいいでしょう。
エアコンやカーナビなどの電装品も然りです。
状態をオーナーに聞いたとしても話半分として理解し、あとは自分でチェックする必要があるということです。

 

売買金額

個人売買は売る方としては買取店より高く売ることができる、買う側としては中古車販売店より安く買うことができるといった概念が頭の中にあります。
ですので、売る側は金額を相当吹っかけてくるものとみていいでしょう。

例えば、買取店で100万円で買い取られ、中古車として180万円で販売される車の場合、売る側はきっと180万円近くの価格を言ってくるでしょう。
売る側としてみれば、中古車販売店の価格をしっかり調べたうえで価格設定をしますので、それぐらいの高い金額を行ってくるわけです。

仮にその車のタマが少なく、その車を見つけること自体が大変というものであれば、しかたがない部分もありますが、そうでない場合はこれでは買う側にメリットはほとんどないことになります。
少なくとも150万円以下でなければ、リスクの高い個人売買を選んだメリットがありません。

そこで値引き交渉となりますが、個人売買の売主は値引きに柔軟に対応してくれる方と一切値引きを考えてくれない方の両極端の方が多いので、ここは一つの賭けとなることでしょう。
幸い値引きに柔軟な方であれば、意外とすんなり安くしてくれますが、値引きが渋い方は1円たりとも安くしてくれません。
もし全く安くならない、納得のいく金額にならないといった時は潔く、お断りをした方がいいでしょう。

ネットオークションの場合は、落札してしまったら値引き交渉などができませんので、入札する前に現物を見て、設定されている金額が妥当かどうか、現在の金額が妥当かどうかを見極める必要があります。

 

手続き面

自動車は洋服やアクセサリーのように簡単に引き渡すことはできません。
なぜなら法律で縛られているものだからです。

売買で重要な法的なものと言えば、名義の変更とナンバープレートです。
その車が誰に持ちモノなのかを明確にすることによって、車検を受ける義務、自動車重量税を納税する義務、自動車税を納税する義務が生まれます。
この部分があいまいですと間違いなくトラブルが発生します。

顕著に出るのが毎年4月あたりに送られてくる自動車税の納付書です。
納付書が送られてきた人間に自動車税の納税義務があるので、名義変更を行わないでいると前のオーナーのところに納付書が送られてしまいます。

自動車の売買はお金と車体に交換ではなく、名義変更も行わなければなりません。
名義変更にはお互い了承のうえで行わなければならず、本来は前オーナー、現オーナーの2人で名義変更に赴く必要があるのですが、通常は名義変更手続きをする人間が同行しない人間の委任状を持って臨む形となります。
その時に、どちらが名義変更に行くのか、書類の作成はどうするのかということも決めておかなければなりません。
「相手がやってくれるだろう」こんな考えではトラブルになりますので、この部分は明確にしておきます。

ナンバープレートに関しては同じ管轄内であれば、特に気にする必要はありませんが、陸運支局の管轄が変わる名義変更をする場合は、ナンバープレートの付け替えも行わなければなりません。
これは新オーナーの手によって行いますので、前オーナーには関係のないこととなります。

特に見ず知らずの人間との取引をすることになるネットオークションでの売買ではこういったことを入札の前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。