New article

中古車選びをしていると必ず目に入ってくるのが、プライスボードなどに誇らしげに書かれている「ワンオーナーカー」という文字です。
皆さんはワンオーナーと聞くとどういったイメージを持たれるでしょうか?
ここでは、ワンオーナー車に関して詳しくみていきましょう。

 

ワンオーナーカーとは

ワンオーナーカーとは、過去のオーナーがたった一人であるという中古車のことを指します。
要するに、新車で買った方がしばらく乗りまわして、その後、売りに出した車のことで、今回初めて中古車となったという「中古車デビュー」をした車ということです。

 

ワンオーナーカーのメリット

ワンオーナーカーは初めて中古車として販売される車のことですので、過去の経歴が明確にわかるというメリットがあります。

現在の中古車オークションの仕組みを踏まえて考えてみると、その車がこの中古車販売店にあるわけですから、中古車販売店が仕入先としている中古車オークション業者がわかるわけで、その車を中古車オークションに出品した買取店もおのずと分かります。
買取店がわかれば、いつどの店舗で誰から買い取った車であるということまで流通経路を逆にたどれば出所がわかるということです。
もちろん個人情報やそれ以外の細かい部分は伏せられますので、中古車を買う人が「東京都に住む○○さんが乗っていた車」といったことがわかるわけではありませんが、確実に新車で買った車が一度だけ中古車オークションを通過して売りに出されているということがわかるわけです。(厳密に言うと以前のオーナーがどこに住んでいてどんな名前なのかは自賠責保険が残っていれば分かってしまいますが・・)

これが2オーナー、3オーナーとなると最初の出所を探るには探偵を雇うしかありません。
直前まではわかるでしょう。
中古車販売店からその中古車販売店が出入りしている中古車オークション、その中古車オークションに出品した買取店、その買取店でその車を売却した方、ここまではわかります。
しかし、その前のオーナーがどういった形でこの車を購入したのかなど全く分からないのです。

もしかしたら個人売買で友人から買ったのかもしれない、親からもらったのかもしれない、あるいは中古車販売店で買ったのかもしれない、こういったことが全く分からないのが2オーナー以上の中古車であって、場合によっては売却、購入を何回も行っている間に車の扱いが悪い人の手に渡った過去があるかもしれませんし、水没車とならない程度に水没している、事故車にならない程度の事故を起こしているかもしれない、現在までのオーナーの数が増えれば増えるほどそういったリスクが増えるわけです。
そういったリスクがほとんどないと言っていいのがワンオーナーのいいところということです。

 

それからワンオーナーカーは整備状態が良い場合が多いということも言えるでしょう。
ワンオーナーカーですので、前のオーナーは新車でこの車を買っているわけで、新車を買ったということできっと車の扱いも丁寧ですし、定期点検、日ごろのメンテナンスなども中古車を購入した方よりはきちんとしている可能性が高いでしょう。
それによって、中古車となったとしてもいい状態になっているといえるわけで、中古車購入で一番気になる車の状態がすこぶるいいものが多いといえます。

中古車販売店では「優良車」といった形で状態の良いものを販売していますが、その優良車の多くがワンオーナーカーであったりするわけです。

 

ワンオーナーカーはワンオーナーカーではない?

ワンオーナーカーは、前のオーナーが新車で購入して、その後、初めて中古車となったものですが、実はワンオーナーカーは過去のオーナーが一人ではありません。
これは現在の中古車の流通形態からどうしてもそうなってしまうものなのですが、自動車が中古車として販売されるまでの間に複数の企業を渡り歩いてきます。

例えば、車を買取店で売却した場合は、最初のオーナーが買取店で車を売却した時に、元オーナーから買取店に名義変更を行います。
その後、その買取店が買い取った車を中古車オークションに出品し、どこかの中古車販売店に落札してもらい、その時に買取店から落札した中古車販売店に名義変更をします。
そして中古車販売店がその車を商品として陳列し、それを見て誰かがその車を購入し、中古車販売店から購入者に名義変更を行います。
前のオーナーから新しいオーナーにたどり着くまで、実に3回の名義変更を行っている形になります。

ですので、厳密に言えばワンオーナーカーというのは新車を買った人が個人売買などで直接新しいオーナーに売却した時だけに言えることなのですが、業者が間に入ることで便宜上、名義変更をしなればならない分はオーナーとして数えることはせず、消費者としてのオーナーの数だけを数える形を取っているのです。
しかし、これでも立派なワンオーナーカーとして売りにだされることになるのです。

 

信用でワンオーナーを明言している

ワンオーナーだということを証明する手段は、いまのところメーカー保証書の所有者と車検証の所有者が同一であるということ以外ないというのが実情です。
ですから、前のオーナーが「ワンオーナーです」という言葉を信じて買取店や中古車販売店はワンオーナー車ということを明言しているということになります。
これかなり危険だと思いませんか?

実はワンオーナーとでかでかと謳われている車が実はワンオーナーではないということもあり得るということですね。
しかし、その車を購入する消費者はそれを知るすべもないので、信じるしかありません。
ですので、確かにワンオーナー車は程度が良いことが多いので重宝されますが、実際に中古車を購入する際には、ワンオーナーと言う言葉だけに惑わされずに車の状態を一番に考えることが重要になります。

必ずしも

ワンオーナー車=優良車

ではないということを肝に銘じておきましょう。