New article

新車を購入した時、誰もがこの新車の状態を維持していきたいと思うはずです。
特に見た目を大きく決める塗装面はなおさらです。

ボディの塗装は早い話、金属に塗ったペンキと同じです。
防錆塗装をした後に下地塗りをし、その上に好みのカラーのペンキを塗って、更にその上に塗装面保護とツヤを得るためにクリア塗装などをして行います。

しかし、どの塗料にしても生産ラインの塗装工程を抜けた時点から劣化が始まっており、その劣化は時間とともにどんどん進むわけです。
この劣化をできるだけ遅くしようというのが塗装面に施すボディコーティングということになります。

 

塗装面の劣化の原因

紫外線

ボディにとって、一番長くさらされることになる劣化の原因となるのがこの紫外線、要するに日光です。
日光に含まれる紫外線は非常に害のある光線で、軟な塗装面に長時間照射される形となると、塗料の硬化、色あせなどを引き起こしてしまいます。

 

雨自体は単なる水ですのでたいした害はありませんが、その中に含まれる大気中の不純物やそれによる酸性化したことが害をもたらします。

昔よく「雨にあたると頭がはげる」などといわれたことがありましたが、車の塗装面にはそういった傾向が確かにあります。
要するに酸性の強い雨が塗装面にあたることによって、塗装面をわずかながら溶かし、それによって色あせ、ツヤの悪さなどを引き起こしてしまいます。

 

洗車

これは洗車のやり方次第で防ぐことができるものですが、要するに柔らかい塗装面をこすることによって細かい傷がついたりしてしまうということです。
特に洗車機を使って洗った場合は、かなりのダメージを受けることになります。

 

最近の車は、防錆処理がきちんとされており、相当雑な扱いをするとか、傷が入ったままで乗り続けるということをしない限り、錆による塗装面の悪化を引き起こすことはなくなりました。
しかし、時々自動車メーカーによってはコスト削減のために塗装の厚みを薄くしたり、乾燥時間をしっかりと取らなかったり、塗装の質自体を低下させたものがあり、特に下まわりから錆が自然と出てきてしまうことがあります。

 

ボディコーティングのいろいろ

ボディコーティングをしているお店に車を持ち込んで、「ボディコーティングお願いします」といってもお店側は困ってしまうでしょう。
なぜなら、ボディコーティングといってもいろいろな種類があるからです。

では、ボディコーティングを使われるものの素材別で見ていきましょう。

 

油脂系コーティング

これが一番身近なコーティングではないでしょうか。
油脂類というぐらいですから、簡単に言えばボディに油を付けて水弾きをよくして、汚れをつきにくくする、紫外線を直接当てないようにしようといったものですが、実際には油ではなく蝋を塗ることによって、油と同じ効果を持たせようというものです。
いわゆるワックスというものがこの油脂系コーティングというものです。

ワックスの特徴は、比較的簡単に施行することができる事、安価で済ますことができる事、他のコーティングではありえないような深みあるツヤを実現することができるということですが、その反面、単なる蝋を塗っているだけですので、ちょっとした摩擦でとれてしまうため、洗車や雨などで水がかかる状態となると一緒に流れ落ちてしまうことから耐久性が高くありません。
ワックスの効果を最大限に発揮するには最低でも洗車2回に一回ぐらいの割合で施行する必要があり、効果としても3か月がいいところでしょう。

 

樹脂系コーティング

樹脂系コーティングはその名の通り、ボディの表面に薄い樹脂の皮膜をつくることによってボディを様々なものから守るといったものです。
大きく分けるとポリマー系とペイントシーラントというものに分けることができますが、コーティング剤の内容成分による違いですので能書きは同じです。

液体ワックスと同じような液体として作られており、それをボディ表面に塗布することによって皮膜を形成します。
ワックス同様に施行が楽なこと、お金がかからないことなどがメリットとして上げられますが、耐久性はワックスよりわずかに上といった感じで、長い間ほったらかしにするというわけにはいきません。
一般的に効果は3か月から1年などといわれていますが、半年を過ぎたあたりからツヤが無くなってくるので、良い状態を保つには半年に一度は塗りなおさなければなりません。

 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは、基本は樹脂系コーティングと同じです。
ただ、ガラス系コーティングには細かいガラス繊維やガラスの成分が入っており、樹脂だけの結合力だけではなく、わずかにガラス繊維や成分同士の結合も利用したもので、樹脂系コーティングよりも持ちがよいものが多いようです。
ツヤに関しても一部ガラス成分が入っていることから光の反射を得ることができるため、見た目的にはきれいに見えます。
ただ、所詮は樹脂系コーティングと同じですので、持って1年、万全を期するなら半年がいいところでしょう。

 

ガラスコーティング

今、世の中に普及しているコーティング技術の中で最強といえるのがこのガラスコーティングでしょう。
間違えてはいけないのがガラス系コーティングではないということです。

ガラス系コーティングはあくまでも樹脂系コーティングの派生版であって、ガラスが入っている樹脂系といったものですが、ガラスコーティングはコーティングしたボディの表面で科学的にガラスの皮膜をつくるもので、ボディ表面に薄いガラスを貼ったのと同じ状況になるもののことを言います。

フロントウィンドウガラスを見てもわかるかと思いますが、特に何のケアもしないでも常にピカピカの状態ではありませんか?
その状態を塗装面の上に作ろうというのがガラスコーティングなのです。
これはもうプロの仕事ですから素人ではかなり難しいですし費用も掛かりますが、まさにガラスのような輝きと最大で3年ぐらいはそのままでもツヤなどにあまり影響が出ないというのが特徴でしょう。

 

お金はあるが時間はないという方は、ガラスコーティング。
お金はないが時間はあるという方は、油脂系コーティング。
お金もあるし時間もあるという方は、樹脂系コーティングまたは、ガラス系コーティングかガラスコーティング。
お金もないし時間もないという方は、放置。(シルバー系の車に乗りましょう)
ということですね。