New article

エコカーの代表的な車となるハイブリッドカー、最近ではハイブリッドカーでなければ、売れないなどといわれることも多くなりました。

さて、みなさんはこのハイブリッドカーにどういったイメージをお持ちでしょうか?
「地球にやさしい」とか「大気汚染を少なくすることができる」「ガソリン代を節約することができる」といったイメージを持った方、その方はハイブリッドカーを正しく理解しています。
そうではなく「ガソリン代がかからないから車にかかる総費用を安く済ませることができる」と思った方、あなたは間違っています。

 

ハイブリッドカーのメリット

ハイブリッドカーのメリットは2つ、その内の一つは皆さんもご存じの燃料代が少なくて済むということです。
ハイブリッドカーはエンジンの他に電気モーターを備え、その電気モーターのパワーを使うことで極力エンジンの稼働をおさえて燃料消費を抑える仕組みになっています。

大きな駆動力が必要な時や動力用のバッテリーが底をつき始めた時など、エンジンをサブ的な動力源としたり、大きな発電機として使う時だけエンジンがかかるような仕組みになっていますので、ハイブリッドカーに似つかわしく無い運転をしない限り、エンジンが稼働する時間はかなり短くなります。
エンジンが稼働しないということは燃料を消費しないということ、それは突き詰めれば採取量に限界のある石油燃料の節約につながります。
ただ、実際にはそこまで大きな心を持ってハイブリッドカーをとらえる方はほとんどおらず、そのほとんどが個人レベルの「ガソリン代をケチることができる」といった形で理解しているようです。

 

そして、もう一つこれもエンジンが稼働する時間が短いことから得られることなのですが、排気ガスの排出量がエンジンの稼働時間に比例して少なくなることから大気汚染と二酸化炭素の排出を少なくすることができるというものです。
ただ、これは一般的にはあまり意識されていないようですので、二次的なメリットとして見ることができ、このメリットのためにハイブリッドカーを買う人は自然愛護団体の会員ぐらいなものでしょう。

こうしてみるとハイブリッドカーを購入した一般庶民が得ることができるメリットは「ガソリン代を(ケチる)節約する」といったことだけとなります。

 

ハイブリッドカーのデメリット

メリットばかりは取りざたされることが多いハイブリッドカーですが、当然ですがデメリットも存在します。

その一つが資源を大量に消費するということ。
ハイブリッドカーはエンジンモデルと比較すると圧倒的に部品点数が増えます。
電気モーター、制御システム、動力用バッテリーとざっと考えてみてもこの3点は確実に増えます。
この中でもバッテリーはいろいろな素材を使って作られているので、リサイクル資材を使ったとしても相当量の自然素材を使って作られることになり、このことが一部ではエコロジーとは正反対の行動であるとされています。

それから、故障が多く、修理費用が掛かるということ。
この世にハイブリッドカーが広く普及し始めたのは、トヨタの2代目プリウスが発売された2003年のことで、それまでにも初代モデルが発売されていましたが、鳴かず飛ばずの売れ行きで普及とまでは言えないでしょう。
そうするとハイブリッドカーの歴史は、2016年現在でたった13年ということになります。

自動車のような複雑な構造を持った機械は、普及してから「トライ・アンド・エラー」の繰り返しで、故障が出た場所をしらみつぶしに改良して、長い年数をかけて完全な商品にしていくものですが、エンジンモデルよりより複雑なハイブリッドカーを完全な商品とするにはまだまだ時間が足りていません。
現在でも「トライ・アンド・エラー」の最中で、常に新しいトラブルが発生してはそれをひそかに直しているといった状態で、時にはその修理代金を何かにかこつけて消費者に出させることもあります。

 

それから交通事故を起こしたときなどにかかる修理費用もかなり掛かります。
ハイブリッドカーのほとんどのものがエンジンルームの中にハイブリッドシステムのメインとなる制御系が置かれているので、前からの大きな衝撃を受けエンジンルームにまで損傷が広がってしまいハイブリッドシステムまで壊れてしまうような場合はとんでもない修理費用が掛かります。
その費用は何十万円から何百万円となることも多く、それによって買い替えをする方が後を絶たないようです。

そして、決定的なデメリットとなるのが新車販売価格が高いことです。
それもそのはず、エンジンモデルには無い電気モーターや高価な大型バッテリー、複雑な制御システムが付けられていますし、ハイブリッドシステムを開発するのに相当お金をかけているので、その部品代と開発費の回収を考えればそうもなるわけです。
一般庶民からすれば、ハイブリッドカーは新車購入から維持までかなりお金のかかる車といえるでしょう。
また、冒頭でお伝えした「地球にやさしい」というメリットもこれらのデメリットによりかき消されてしまいますね。

 

ハイブリッドカーはお金がかかるもの

メリットとデメリット、この2つを考えてみると「お金(購入費用)はかかるけどガソリン代を節約することができる」といったことに落ち着きます。
ということは、単純に考えてハイブリッドカーを購入するということは安上がりではないということです。
ここでよく言われることが「お金がかかった分をガソリン代で埋めることができる」といった今では死後になりつつある営業トークです。

営業マンは車を売るのに必死ですので、そういったある意味での「嘘」をつきます。
実際に、ハイブリッドカーとエンジンモデルにかかる費用を比べてみるとよくわかります。

 

ここでは一回だけの免税・減税措置を省き、新車価格はメーカー小売価格、燃費もカタログ値、ガソリン代をリッターあたり130円、年間走行距離1万キロとして計算したもので、実際に発売されている車で比較してみます。

アクア:6年以上乗り続けてヴィッツの1.5リッターエンジンモデルより費用が安く済む
カローラアクシオ・ハイブリッド:23年以上乗り続けて、カローラアクシオより費用が安く済む
オーリス・ハイブリッド:12年以上乗り続けて1.8リッターエンジンモデルより費用が安く済む
プリウス:18年以上乗り続けてオーリスの1.8リッターエンジンモデルより費用が安く済む

 

こうしてみるとわかるように、ハイブリッドカーというのは、長く乗り続けなければ金銭的なメリットがないことがわかります。
アクアの6年以上乗り続けるというのはあり得ない話ではありませんが、それ以外のハイブリッドカーの10年以上、カローラアクシオなど20年以上も乗り続けなければ、トータルでガソリンエンジンモデルより費用が掛かることになるわけですので、これは事実上、かなり難しいことになるでしょう。
それこそ車は誰かに買ってもらって、といったように新車費用を計算しないのであれば得する一方かと思いますが、新車購入も含めた車一台にかかる総費用といった観点ではハイブリッドカーを買うことは大きな損となります。

前述したハイブリッド車とガソリン車の比較では、購入から維持までのお話しですが、これに売却まで考慮するともう少し年数は少なくなると思います。
なぜなら、最近では中古車でもハイブリッド車の需要が高いからですね。
新車時に高いハイブリッド車は、中古車市場でも需要があることにより売却時にもある程度の価格で売れるというのが常識になりつつあります。
それにより、新車時の高い分が売却時に少しは軽減されることになります。