New article

ホンダの看板コンパクトカーフィット

ホンダを代表するコンパクトカーのフィット。

先代モデルはロゴ。
そこで得たコンパクトカーのノウハウを惜しみなく投入して作られたのが、世界各国へ輸出されているグローバルカーのフィットです。
日本を代表するコンパクトカー、トヨタ・ヴィッツ、日産・マーチそしてホンダ・フィットの三台を日本のコンパクトカー御三家と言っていますね。

 

フィットの歴史

初代( 2001~2007年 )

スペース効率に、有効なセンタータンクレイアウトが初採用されたモデルが初代フィットです。
センタータンクレイアウトは、ガソリンタンクを後席シート下に配置したもの。

スタイリングは、三角形の釣り目ヘッドライトがシャープな印象を与えてくれます。
ドアミラーの取付部は死角を少なくするためウィンドウラインよりも下に取り付けられて、小さなはめ殺しの三角形の窓が付けれて視界が従来モデルよりも確保されました。

5ドアハッチバックの極オーソドックスなコンパクトカーのフィット。
燃費は、23km/L(10.15モード)で、この当時としてはコンパクトカークラストップなのは間違いありません。

搭載エンジンは、直4SOHCの1300ccと1500cc。
普段使いには必要十分な動力性能を確保しています。

駆動方式は、FFと4WD。
ミッションは4速AT。

デビューイヤーには、グッドデザイン賞を獲得して翌年には、なんと33年間販売台数のトップの座にいたトヨタ・カローラを引きずりおろしてフィットがトップの栄冠に輝く快挙を成し遂げたのです。

 

2代目(2007~2013年)

ボディーサイズは、5ナンバーサイズ最大の1695mmへ拡大、そして全長も55mm大きくなったフィット。
デザインは、フェイスリフトされたものの初代モデルを踏襲しました。
初代モデルは通算200万台以上売れた大ヒット作になったので、それを受け継ぐモデルはあまり冒険しないのは当たり前のことかもしれません。

ボディーデザインは、劇的な変化はありませんでしたがインテリアでは、先代モデルの面影は微塵もない大幅にデザイン変更されています。
スピードメーターは丸型を組み合わせたスポーティなものに変更されました。
前席の三角窓はさらに拡大されて視認性がさらにアップ!

搭載エンジンは、1300ccと1500ccの同じながらi-VTECが搭載されました。
実に1500ccエンジンでは従来よりも20%以上もパワーアップを果たしています。
足回りは、初代モデルよりもしなやかになって軽快になりました。

2010年には、ハイブリッドエンジン搭載のフィット・ハイブリッドも発売されています。
燃費は、1300ccで26.4km/L(JC08モード)を達成。

 

3代目(2013年~)

ボディーデザインは、ガンダムチックにかなりカクカクしたものになり、ボディサイズはさらに拡大されましたがそれでも全幅は1695mmの5ナンバーサイズに収まっています。

エンジンは一新されてSOHCからDOHCへ変更されました。
1300ccは、アトキンソンサイクルが採用され、アイドリングストップも装備されて燃費は26km/km(JC08モード)を達成しました。
1500ccは、ガソリン直噴エンジンとなり出力が10%もアップしたのです。

安全装備の充実もはかられ、エマージンシ―ストップシグナルやヒルスタートアシスト、横滑り防止装置のVSAなど現在では標準装備が義務付けされていますが、法律で決まるよりも一早くから装備されているのはホンダの良心です。

現行モデルにももちろんハイブリッドモデルがラインアップされています。
ハイブリッドシステムは1500ccガソリンエンジン+モーターの「スポーツハイブリッドiーDCT」です。

燃費は、36.4km/L(JC08モード)なので大健闘しています。
7速DCTとの組み合わせで、思った以上の軽快な走りが爽快です。