New article

スバルのミニバン、エクシーガ

エクシーガは、スバルが製造販売するミニバンです。
ミニバンといってもスライド式ではなくルーフの低い後席がヒンジ式ドアのボディースタイル。
後席がヒンジ式のミニバンは、ホンダ・ストリームやオデッセイそしてトヨタアイサイトなどです。

最近は、使い勝手や積載量が一番になっているせいかルーフの高いノアやステップワゴンなどが好調な売れ行きですが、背の低いヒンジ式ミニバン7人乗りはライバルを含めてかなり苦戦しています。
そのためか、ホンダ・オデッセイはルーフが若干高くなり後席スライドドアになってしまいました。
ストリームの後継者のジェイドも販売面ではかなり苦戦しているようです。

そんな、状況の後席ヒンジ式ミニバン市場に登場したエクシーガ。
かつて販売されていたスバル・ドミンゴ以来の7人乗りミニバンになります。

ドミンゴは、軽トールワゴンのサンバーを5ナンバーとしたものでとても小さな車。
ドミンゴでは、7人乗車出来るだけでエンジン排気量も小さなことからロングドライブや高速走行など余裕ある走りが望めなかったのです。

インプレッサやレガシィそしてフォレスターとヒット作を出し続けるスバルですが、まったく車体構造の異なる3列シートミニバンを開発製造するまでの力は残念ながらありません。
そこで、フォレスターがインプレッサのシャーシ流用で開発されたことから、同じくインプレッサのシャーシから開発可能な3列シートミニバンのエクシーガが作られたのです。

 

エクシーガ(2008~2015年)

7シーターパノラマツーリングが開発コンセプトです。
そして、スバルにあるセダンやワゴン用のシャーシをベースに開発され、見事に3列シート7人乗りを実現しました。

スバルが目指したのは、レガシィツーリングワゴンやフォレスターのような高速走行やロングドライブが得意な高速ツアラー。
ルーフが低く積載量や居住性が損なわれていて、はるかにライバルのミニバンよりも使い勝手がよくなくても走行性能に重点を置いたのです。
そのため後席ドアはあえてヒンジ式です。
しかし、たとえ家族と楽しむためのミニバンでも走行性能を重視する走り屋のパパには大絶賛されたのです。

レガシィ―で培われてきたワゴン技術が生かされた3列シートをもつボディーは、ミニバンとしても他社の後席がヒンジ式ミニバン3列シートと比べてもズバ抜けてスタイリッシュでした。
そして搭載エンジンは、2000cc水平対向4気筒(148PS)のNAとターボ(225PS)。
ライバルにはない圧倒的なターボパワーは絶大なものです。

ミッションは、5速ATのみ。
NAはFFと4WDがありターボは4WDのみでした。
やはりスバリストとしてはターボ搭載車のボンネットにあるダクトが誇らしい限りでしょう。

 

クロスオーバー7(2015年~)

モデルチェンジなのかマイナーチェンジになるのか分かりませんが、スバルが言うところではクロスオーバー7は「7シータークロスオーバー」に新たに変身したのだとか。
3列シートで7人乗りは前モデルと同じなのは変わりませんが、クロスオーバーを名乗ることからSUVらしくあらゆるところが変更されたのです。
大きなところでは車高です。
従来よりも2cm高くなった170mmの車高。

ボディサイズも幾分改められて拡大しました。
全長×全幅×全高=4780×1800×1670は、全長で40mmと全幅25mm拡大。
ホイールアーチやサイドシルなどブラック塗装やブッラクパーツが施されて精悍SUVに仕上がっています。

搭載エンジンは2500cc水平対向4気筒(150PS)でアイサイトverⅡが搭載されたモデルです。
まぁ、前モデルの後半に登場した2500ccエンジン搭載モデルをデザインし直した感が拭えません。

エクシーガに比べると格段に室内インテリアは向上して高級感が高くなっているのが分かります。
元走り屋だったパパに捧げるミニバンは、やはり走りにこだわりのあるスバル・エクシーガで決まりでしょう。