New article

沖縄弁で「ティーダ」とは?
サニーやパルサーの5ドアハッチバックが統合されて誕生したのがティーダ。

販売期間は、2004~2012年と1500ccクラスの大衆車としては異例の10年間モデルチェンジされないで販売された長寿モデルです。
1500ccクラスの5ドアハッチバックは、マーチやノートとも競合するため2012年にモデルチェンジする際に、ティーダはモデル整理されて消滅されました。

ティーダの車名は、沖縄の方言で太陽を意味しています。
まぁ、サニー後継車なので良い車名だったのかもしれませんね。

 

国内では最初で最後の初代(2004~2012年)

ティーダのボディースタイルは5ドアハッチバック。
兄弟車にはセダンのティーダラティオがあり、それぞれセダンとハッチバックのボディースタイルを担当しています。
ボディーデザインの前半分は、ティーダラティオと共通になっています。

2000年代前期の日産車によくあったウインググリルなのでフロントデザインの印象は同じです。
外観はコンパクトカーそのものですが、室内は目を見張るような高品質に仕上がっています。
ライバルよりも上質さや高級感を狙ったティーダの室内で手に触れる部分、ハンドル・ドアハンドル・センターアームレストなどの手触りはライバルにはない上質な手触りになっています。

シートは2クラスも上の高級セダンのティアナと同サイズのものが奢られました。
シートの大きさだけではなくシート生地もこだわり高級感があるものが使用されています。
また、前席だけでなく後席もそれぞれリクライニングやスライド機能がそなわり、高い天井などと相まってくつろげる空間を確保しているのがうれしいところです。

 

搭載エンジンは、1500cc(109PS)と1800cc(128PS)の直4・DOHC。
ロングドライブや高速道路の使用が多い方には、排気量に余裕がある1800ccがお勧めです。
それほどロングドライブや高速道路が多くないのであれば、普段使いにも十分使える1500ccでOKでしょう。

駆動方式は、FFと4WDでミッションは4速AT・CVT・6速MTがあります。
燃費は、1500ccが16.8km/L(カタログより)となっています。
実燃費は13km/Lくらいでしょうか。
今のような、省エネ思想もそれほど高くなくアイドリングストップ機能などもなかった時代なので燃費はこのくらいでしょう。

2008年には、マイナーチェンジされてティアナ風のグリルとなり、それまでのイメージを一新しています。
特別仕様車モダンコレクション(2006年)は、内装色が深みのあるワイマラナー色で一緒に使用されたスエード地とともに高級感を演出しました。

日産のカスタマイズカ―を作るオーテックジャパンからは「アクシス」と「パフォーマンス アクシス」が登場しています。
専用グリルやバンパーにメッキが施されて高級なイメージを出しました。

 

中古車で購入するなら今が買い!?

ティーダは日産のコンパクトラインアップを構成していましたが、ティーダ・ノート・マーチ・キューブと4車種も販売されていて、どれもちょっとづつ違うコンセプトなのですが同じメーカーの同じコンパクトカーで被ってしまい購入層が被ってしまうことから、車種統合されることになりました。
そして、販売的に苦戦していたティーダが統合されました。
やはりノートと似たようなキャラがいけなかったのでしょうね。
しかし、輸出モデルでは2代目・3代目と販売され続けています。

ティーダは、アイドリングストップなどの省エネ装備や最新の安全装備も有りませんが、ワンランクもツーランクも上の上質さや高級感を備えた室内は特筆ものです。

中古車では、約6~130万円と値段も落ち着いて来ています。
高級コンパクトが欲しいなら、今が買い時かもしれませんね。