New article

車名に宿る静かに燃える炎のようなヴェルファイア

トヨタの高級LLサイズミニバンの王者・ヴェルファイア。
ファイヤーと聞くと何か熱い思いが滾ってくるのは私が昔プロレスが好きだったせいなのでしょうか。
古くは、大仁田敦、そして最近では新日本プロレスを旅立ってしまったイヤオッッー中邑真輔でしょう。

しかし、ヴェルファイアの意味は英語で物静かな=VelvetプラスFireなので日本語としては静かなる炎になるでしょう。
静かにしかし確かに力強く燃え盛る炎=ヴェルファイアなのです。

ヴェルファイア誕生

ヴェルファイアの前モデルは、アルファードVになります。
2008年アルファードがモデルチェンジする際にネッツ店専売車として誕生したのがヴェルファイア。

さすがのトヨタもマークⅡ三兄弟は販売していましたが、高級車であるクラウンの兄弟車は存在しませんでした。
そんなトヨタがわき目も振らずミニバン最高峰のLLサイズクラスに兄弟車を投入したのには、ライバルの日産・エルグランドやホンダ・エリシオンを徹底的に打ちのめしたかったからに他ないでしょう。
実際、ホンダがエリシオンが販売低迷したため現在モデル終了。
日産・エルグランドは、まだ頑張っていますが販売台数はトヨタのLLサイズミニバン軍団アルファード・ベルファイア勢にくらべ約10分の1以下ともはや天下も手中に収めたようなことになっていますね。

 

ヴェルファイアの歴史背景

初代(2008~2015年)

アルファードとの兄弟車になるヴェルファイア。
当然、ボディーラインなどは同じになってしまうのは致し方ありません。
しかし、アルファードとの違いは特徴的な上下2分割ヘッドライトや分割式のリヤテールランプ。
アルファードが、上質な高級志向なのに対してヴェルファイアは先進性や若々しさを強調しています。

搭載エンジンは、3500ccV6DOHCと2400cc直4DOHCとハイブリッドモデルの3つ。
駆動方式はFFと4WD。
ミッションは6速ATとCVT。
基本グレードは、2.4Z・3.5Z。
特別仕様車は、PLATINUMセレクション・PLATINUMセレクションⅡ・PLATINUMセレクションⅡタイプゴールドなど。

2011年にはマイナーチェンジが実施されます。
マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルが追加されることに。

グレードは、ハイブリッドX・ハイブリッドV・ハイブリッドZR。
また、ハイブリッド車には電気モーターを使用したE-Four。
ハリアーなどで採用されているハイブリッド4WDシステムです。
モデル末期には、スポーティバージョンのG’sが追加され走りにもいっそう磨きがかかったのです。

2代目(2015年)

初代モデルにも増して豪華さを強調するためかド派手なメッキ面積がおおきなフロントマスクに変身しました。
より直線基調を際立たせたためかかなりメリハリの利いたガンダムチックな顔つきに変身!しかしながら、上下分割のヘッドライトデザインは初代モデルより踏襲されています。
3列シートの2列目のおもてなし度はさらに高くなり、今や会社社長や有名芸能人など御用達になっているのが頷けるほどの寛ぎやすさの仕上がりです。

アイドリングストップ装置はもちろん、ハイブリッドシステムも改善されてさらなる高燃費を実現しました。
燃費は、ハイブリッド車で19.4km/L(JC08モード)。
搭載エンジンは、3500ccV6と2500cc直4とハイブリッドと先代モデルとあまり変わらない構成ですがエンジン性能がより一層よくなっているのはもちろんです。
ミッションは、6速スーパーECTとスーパーCVT-iに進化しています。
駆動方式は、FFと4WD。

また、トヨタの先進的安全機能が搭載されています。
プリクラッシュセーフティシステム・インテリジェントクリアランスソナー・オートマッチクハイビーム・ドライブスタートコントロール(エマージェンシーブレーキ)などです。
おもてなし度120%のフラッグシップグレードがExective Lounge(3500ccV6とハイブリッド)。
3500ccには、ZA。
2500ccガソリン車には、X・Z・V。
ハイブリッド車にはX・V・ZR・Exective Loungeのグレード構成になっています。

 

ヴェルファイア内での人気車

ヴェルファイアで一番人気は、現行モデルの3500ccV6Exective Loungeです。
ハイブリッド車も、燃料費の安さから人気があります。
初代モデルでも、3500ccV6の人気が高く特別仕様車のプレミアムシートエディションの人気が高くなっていますね。

中古車市場でも需要は充分にありますので、売り焦る必要はまったくなくそれ相応の査定額が期待できるでしょう。
新し目の中には、期待以上の額が提示されることもあるかも知れません。