New article

名前の由来

80年代に登場したトヨタ最後のFR駆動のレビン・トレノの形式名称【AE86】から、命名されたのが2012年に登場した86「ハチロク」です。
レビン・トレノの時代から86と親しまれていたので、そのまま型式を名前としてしようしたということですね。

86ブームはなぜ?起きたのか

1983年に登場したレビンとトレノ。
形式名称はAE86。

クルマ通の間では、たぶんこのモデルで最後となるFR駆動のレビン・トレノに、なるのでないかと噂されていました。
80年代の日本の自動車メーカーはそれまで主流だったFR駆動からより部品点数が少なく、車内空間が広くとれるFF駆動に次第にシフトして行ったのです。
カローラベースであったレビン・トレノも83年登場モデルではひょっとしたらFF駆動かもしれないと噂されたものです。
実際、セダンはカローラ初のFF駆動となりましたが、クーペモデルのレビン・トレノは最後のFR駆動として発売にこぎ着けられたのです。

車重は1tそこそこの軽量ボディーに新開発の1600cc直4・DOHC4バルブの高性能エンジン「4AG」が、搭載されました。
まさに、峠道では水を得た魚のようにとでも言いましょうか7000回転も回るエンジンはまさに官能的な音色を上げ、軽量ボディーと相まってマンマシンの人馬一体感を醸し出してくれたのです。
やはり、走りに拘るならばFFよりもFRの方が数倍気持ち良い走りが堪能できます。
そのことに気付いたユーザーから最後のFR駆動の小型軽量ライトウイェトスポーツAE86は、絶大なる支持を獲得したのです。
AE86モデルのレビン・トレノが販売終了してから、さらに人気は高まり中古車価格はなんと新車価格を上回る事態となりました。
さらに、86人気を盛り上げたのが、しげの秀一画伯が描くドリフト漫画「頭文字D」にほかありません。
「頭文字D」人気のお蔭で未だにAE86の中古車価格は下がることはありません。

86の開発

レビン・トレノシリーズはFF駆動となりながらも2000年まで販売されていましたが、スポーツモデル氷河期に突入したため残念ながらモデル消滅の悲しい事態となってしまいました。
トヨタ自体も、スポーツモデルの車種統合が進み廃止されるモデルがとても多かったのです。
スポーツモデル暗黒時代に突入していく2000年代。
そんななか2005年にトヨタはスバルと業務提携を結びました。
スポーツモデルが、ラインアップから減るなかトヨタもこのままではいけないという危機意識が芽生えてきたのです。
スポーツセダンが得意なスバル。
レガシィ―やインプレッサなど水平対向エンジンは低重心で運動性能はとても高いものがあります。
トヨタもFR駆動のライトウエイトスポーツが絶え、ファンからはAE86再販を望む声が高まっていたのです。
スバルの水平対向エンジンとトヨタのスポーツモデルのシャシー技術が混然一体となって誕生したのが現在の「86」でしょう。

 

86(2012年4月)

2009年東京モーターショーにコンセプトモデル・FT-86として出展され、カーマニアの間で話題沸騰になりました。
市場調査の結果(購買層が、かつてAE86に乗っていた方や乗りたかった当時の若者なので40~50代)から、基本コンセプトの小型軽量のライトウエイトスポーツからちょっと大柄ボディー+大排気量車となってしまいました。
しかし、トヨタがスポーツモデル氷河期に86を市販化にこぎ着けたのは、今もって賞賛に値する価値があります。

ボディースタイルは、2ドアハッチバッククーペ。
駆動方式は、こだわりのFRのみ。
ミッションは、6速MTとATの2種類です。
搭載エンジンは、スバルのEJ20をベースに共同開発した2000cc水平対向4気筒DOHC直噴エンジンのFA20(200PS/20.9kg.m)。
グレードは、86スタイルCb・GTリミテッド・GT・Gそして現在は発売終了となったモータースポーツベースのRC。
開発コンセプトの「直感ハンドリングFR」のとおりテールハッピーなドリドリマシンに仕上がったのは言うまでもありません。
販売開始わずか一か月後には、ドリフトスポーツの祭典「D-1」にも参戦し、全日本ラリーにも満を持して登場。
そう、モータースポーツの世界はFRスポーツの復活を心から待ち望んでいたのでした。

今後の86と特別仕様車

2015年開催された東京モーターショーに出展されたS-FR。
開発コンセプトはかつての86と同じモノとなっています。
こちらの方がより、若者や真の意味でのライトウエイトスポーツコンセプトに沿っているような気が私にはするのですがどうでしょうか。
マツダとも業務提携したトヨタの現在では86後継モデルはいったいどうなるのかとても微妙なところなのです。
86は、ひょっとしてひょっとするとこのまま消えてしまうモデルの可能性もなくはないのです。
最近発売されたばかりの特別仕様車が、100台限定販売の「86GRMN」。
後席シートは外されて2名のみの定員。
エンジンは徹底的なフリクションロスの低減化が図られて、ノーマルエンジン+19PSの219PS/217Nm。
実際に運転してみれば+19PS以上のレスポンスの良さがきっと味わえます。

トヨタから純正のスーパーチャージャーキットが開発され、TRDで装着された「86Supercharger」は、メーカー純正のチューニングマシン!?でしょう。
最近トヨタが推進しているボディーカラー「イエロー」をまとった特別仕様車「86GTイエローリミテッド」。
ボディーカラーのみならずマニア垂涎のパーツが奢られています。
しばらくは、年次改良や特別仕様車の追加なので販売が続けられるでしょう。
今、86を購入して楽しむのが旬なのかもしれませんね。