New article

世界的に人気のスモールSUVヴェゼル

フィットベースで開発されたSUVのヴェゼル。
今やヨーロッパやアメリカなどで一大ブームになっているのがスモールサイズのSUV。
日本でも日産・ジュークやマツダ・CX-3などライバルが続々登場してきて賑やかになってきました。

ヴェゼルのスタイリングは、SUVでありながらスタイリッシュな趣になっています。
アウディのQ3やBMWのX4などのクーペスタイルSUVに通じるところがありますね。

 

ガソリンとハイブリッドの2本立て登場!

初代ヴェゼルは、2013年東京モーターショーで華麗なクーペスタイルのスモールSUVボディーを初披露しました。
販売開始は、2013年12月。
当初から、ガソリンとハイブリッドの2本立てです。

販売当初は、ホンダの予想をはるかに上回る24000台の受注!
今なおその爆発的な人気を保ち続けているのはまさに驚異的な大ロングセラーモデルになっています。

ボディーデザインは、BMWやアウディにあるSUVクーペのようなスタイル。
「SUVの力強さとクーペの美しさの融合」がデザインテーマになっています。

ボディーサイドの特徴的なキャラクターラインは、実にダイナミックです。
クーペ風に見せる演出のためか後席ドアはサッシュに組み込まれているので注意しないと後席ドアハンドルはどこにあるの?と分からないかもしれません。

ハッチバックドアを開ければ広大なカーゴルームが現れます。
もちろん後席は、分割可倒式になっていますので乗車人数に応じて荷物の積み方を便利に工夫できるのが良いところです。

 

ヴェゼルハイブリッドの機構は、フィットハイブリットとほぼ同じです。
1500cc直4・DOHC+モーターのシステムパワーは152PSは、2000ccのNAエンジンに匹敵するもの。
想像以上の加速感に貴方も満足すること間違いないでしょう。

ガソリンエンジンは、1500ccで132PSなので、必要十分な最高出力です。
燃費は、ハイブリッド車が27Km/L(JC08モード)でガソリン車は19.2Km/L(JC08モード)と高燃費をマークしています。

ハイブリッド車の実燃費は、高速道路や一般道を普通にはしるなら17km/L前後でしょうか。
ハイブリッドだからと期待しすぎると少々裏切られてしまうことになりかもしれませんね。

ガソリン車は、馬力ではハイブリッドに劣っていますが、ハイブリッドよりも100kg近い軽い車重なので動力性能的には、ハイブリッド車とほぼ同じなのでスポーティな走行が同じく楽しめます。
ガソリン車には、ザックス製ダンパーが奢られているので乗り味はこちらの方がより上質かもしれません。
ガソリン車の実燃費は約14km/L。

 

「ホンダセンシング」

「ホンダセンシング」は、ホンダが進める先進の安全運転支援システムは8つの機能で走行時や停車時でも安心快適なカーライフがおくれます。
衝突軽減ブレーキ・歩行者事故低減ステアリング・ACC(アダプティブ・クールズ・コントロール)・車線維持支援システム・路外逸脱抑制機能・誤発進抑制機能・先行車発進お知らせ機能・標識認識機能の8つの機能が、より安全なドライヴィングを約束してくれます。

「ホンダ センシング」の標識認識機能は他社に見られないホンダ独自もの。
単眼カメラが認識した道路標識をマルチインフォーメーション・ディスプレイ内に表示されるものです。
見落とした標識や良く見えなかった標識が確認出来て安全運転の助けになりますね。

 

これからのヴェゼル

2013年に登場したヴェゼル。
2016年にはマイナーチェンジが行われて走りのグレードRSが追加されました。

ガソリンエンジン搭載車にターボ搭載車の噂もありますが、それはこの次のマイナーチェンジ時に追加されるのでしょうか。
実に期待されますね。
人気も安定しているので、3年から4年は現行モデルが販売されると思います。