New article

ポルテの車名由来と開発

トヨタミニバン軍団の先鋒を務めるのはポルテ。
ポルテとは、フランス語で「扉」の意味をもっています。
運転席のある右側は、ヒンジ式のドアで助手席の左側はスライドドア。

車を走行性能やボディー硬性面から考えれば左右対称の構造が非常に望ましいのです。
ところがトヨタのプチバン・ポルテはあっさりとこの常識を打ち破り車の左右で違う構造のドアを付けてしまいました。

使い勝手では、スライドドアの方が狭い駐車場での扱いはとても楽ちんに行えます。
お年寄りの乗り降りや抱っこのお子さんを乗せる場合も開口部が広いスライドドアは何物にも代えがたいくらいに便利なのは言うまでもありません。

左右で違う構造のドアを付けたことにより、車の左右で重量が違うためハンドリングは左右で違います。
しかし、それはテストドライバーなどプロ中のプロでないと分からないくらいになっているので一般市民にはあまり関係ないことでしょうね。
やはり、ポルテを選ぶ人は走行性能よりも使い勝手を何よりも重視するのでしょう。

トヨタで、ラウムに続くプチバンになります。
ちなみに、ヴィッツのシャーシを流用して開発されました。

 

ポルテの歴史

初代(2004~2012年)

ボディースタイルは、左右非対称式ドアの3ドアトールワゴン。
トヨタが言うところのミニバンより小さなサイズのプチバン。
ボディーサイズは、全長4mを切るコンパクトサイズ。
しかし、全高は立体駐車場には入らないサイズです。
全長×全幅×全高=3990×1690×1720と、かなりの背高のっぽぶりが分かりますね。

運転席側は、普通のヒンジ式のドアで助手席側は電動スライド式ドアで広大な開口部からの乗降性の良さは天下一品です。
コンパクトサイズのプチバンながら、車内の広さは高級セダン並みかそれ以上のゆったり空間を獲得しています。

スピードメーターは、センターメーターで視認性の良さをアピールしています。
シフトレバーは、コラム式で前席の移動ももちろん後席までもウォークスルー出来るほどの圧倒的な空間なのには驚かされます。

搭載エンジンは、1300ccと1500ccの直4DOHC。
駆動方式は、FFと4WD。

2代目(2012年)

初代モデルは、販売開始から8年も売り続けれました。

2代目は助手席側のスライドドアはそのままに運転席側は前後の2枚のヒンジ式ドアに改められてさらに使い勝手が向上したのです。
さらに、兄弟車のスペイドが登場して事実上トヨタの全販売店で購入可能になりました。
スペイドとは、若干ボディーデザインが異なるだけで中身はほぼ同じです。
前モデル同様に使い勝手のいいシートアレンジは継承されています。
リヤシート分割可倒やリクライニングにスライド機構。
そして、助手席が折りたためてテーブルに出来るので車の中でおやつを食べながらの休憩もOKなのはとてもうれしい限りですね。

搭載エンジンは、1300ccと1500ccなのは前モデルと同じです。
通勤やお買い物などの普段使いならば1300ccでも十分ですが、ロングドライブや高速道路などではモアパワーと感じられる方もおられるでしょう。
そんな方にはやはり1500ccを選ぶのがベストな選択です。
駆動方式は、FFと4WDでミッションはCVT。
シフトは、インパネシフトになりました。

現行モデルのグレードとニューモデル予想

ベースグレードからG・F・Y・X(1500ccのFFと4WD)。
1300ccはFFのみでV・X。

人気は、1500ccのFアラモードの4WD。
駆動方式では意外と4WDの人気が高くなっています。

昨年、マイナーチェンジされたのでしばらくは現行モデルのままで販売されるでしょう。
ニューモデル開発の噂も聞かないので来年くらいまではこのままで行くかもしれませんね。
ですので、売り急ぐ必要は全くありません。
売るのであれば慎重に売り先を吟味しても良いでしょう。