New article

ヴィッツベースのセダンがプラッツ

今では信じられないことかも知れませんが、ほんのちょっと前はセダンの人気がすごかったのです。
プラッツは、初代ヴィッツベースのセダン。
ヴィッツのセダン版がプラッツなのです。

ボディーデザインを見てもらえばよくわかるでしょう。
そう、ちょっと前までトヨタのエントリークラスでもセダンボディがチョイス出来ました。
しかし、今はありません。
カローラくらいの1500ccクラスでないとセダンはもう選べなくなりましたね。
初代ヴィッツがベースで開発されたプラッツ。
前半分は、まんまヴィッツのボディーパネルがそのまま使われているように見えますが・・・
実は、フロントドアのみヴィッツから使われました。
それ以外は驚きのプラッツのために専用設計が施されていたのです。
意外なことで少し驚ろきました。

ヴィッツのセダン版・プラッツも輸出されていました。
ちょっと驚くべき事実です。
しかも、日本にはない2ドアクーペもしくは2ドアセダンもありました。
もし、国内で販売されたなら久しくなかった2ドアセダンでけっこう人気が上がったかもしれませんね。

 

プラッツ(1999~2005年)

トヨタの中核クラスを担うカローラモデル(カローラセダン・ワゴン・カローラFX)の下のエントリークラスのターセル・コルサセダンの後継モデルとして誕生したプラッツ。
冒頭でも言いましたが、セダンのエントリーモデルになるヴィッツ版がプラッツです。

ちょっと前までは、セダンの人気も結構あったのでエントリーカーからビックサイズセダンまでそれぞれにセダンモデルが万遍なくラインアップされていました。
ミニバン全盛期でセダンが冷遇されている現在では全く想像もつかないことでしょう。

初代ヴィッツベースで開発されたプラッツなので、ヴィッツのデザインを流用したようですが、実はヴィッツがギリシャのデザイン会社が企画していたのに対してプラッツはトヨタ社内デザインですので純国産になっています。
どことなくプラッツには、和の落ち着きが感じられませんか。

ヴィッツにトランク部分を継ぎ足ししたためにボディーサイズは、ヴィッツよりも53cmも長くなっています。
その分荷物も一杯積めるようになっていて重宝しますね。
容量は464Lで、旧型ター・コルよりも100Lも容量が多くなっているのは立派です。

後席は、6:4で分割可倒式シートなので長尺モノもOKです。
後席には、ヘッドレストがそなわりセンターアームセストがこのサイズの車には珍しく付いています。
後席の居住性は、セダンなのでヴィッツ以上になっているのは当たり前。

ダッシュまわりのインテリアは、ヴィッツそのものです。
センターメーターもヴィッツのモノが流用されています。
前席に座ればまるで、ヴィッツに座っているのではないかと思うほどです。

しかし、ルーフラインがヴィッツよりも10cmは高くなっているので余裕が感じられるでしょう。
さすがに、カローラよりは一回り以上小さなサイズですが、免許取り立てのエントリカーやお年寄りの車には最適ではないでしょうか。
その証拠に、最少回転半径が4.3mはまるで軽自動車クラスの値に驚きます。

搭載エンジンは、1000cc・1300cc・1500ccの直4DOHC。
FF駆動が、1000ccと1500ccで、4WDは1300ccでした。
ミッションは、4速ATのみです。

使い勝手の良いエントリーモデルだったプラッツは、その基本理念を新たな形とした後継モデルのベルタにバトンタッチしてモデル消滅したのでした。

 

不人気車なので格安で入手できる

それほど人気のあったモデルではないので、中古車店でも激安特価で入手することが可能でしょう。
なによりも、お年寄りが乗っていた車が多いので、手入れも行き届いて走行距離も驚くほど少ない車輌も多く見つけることができます。
中古車買取は、人気も薄く10年以上も前のモデルとなるのであまり期待出来る価格は出ないでしょう。
売却を考えているのであれば、早め早めの行動が吉となります。