New article

ラクティスの開発ヒストリー

ラクティスの前身モデルは、ファンカーゴです。
そのベースシャーシとなったのはヴィッツ。

ファンカーゴは、その車名の通りカーゴルームがコンパクトカーなのにとても広くて充実した車でした。
ニューモデルに生まれ変わる際にトヨタで、もう一歩推し進めて若者向けの走りも充実した車に変身させたのがラクティスなのです。

開発テーマは「思い通りのレスポンス、カッコいいスタイル、解放感、広大なカーゴルーム、低燃費、軽快な走り」でした。
全てが揃っているといっても良いくらいのテーマですね。

 

ラクティスの歴史背景

初代(2005~2010年)

ファンカーゴ譲りの、スペースユーティリティを追求したラクティス。
ヴィッツと比べると全長で200mm長くて、全高では120mm高い。
そして、ホイールベースは90mm延長されて直進性も大幅にアップ!

車内空間はヴィッツに比べると+10パーセントの余裕は立派でしょう。
先代ファンカーゴよりも、スペース追求が進められて広くなっているのが実感できますね。

搭載エンジンは、1300ccと1500cc直4DOHC。
駆動方式はFFと4WD。
ミッションは4速ATとCVT。

1500ccには、CVTでトヨタ初となるパドルシフトが設定されています。
若者向けの走りを重視したラクティスに、パドルシフト付CVTが設定されたのにはトヨタのこの車に掛ける思いが伝わってきます。
サイドターン付ドアミラーもラクティスで初採用になりました。

ラクティスは、1500ccのコンパクトカーですが、豪華装備が奢られているのも特徴でしょう。
本革巻きステアリングとノブそしてクルーズコントロールが標準で装備されています。
さらに上級グレードのLパッケージには鍵をポケットやカバンにいれたままでもエンジンがかけられる「スマートエントリー&スマートシステム」が搭載されていてとても便利です。
また、気分爽快なパノラマルーフも選べて最高のおもてなし車に仕上がっているのが初代ラクティスとなります。

2代目(2010年)

ボディーサイズは5ナンバーサイズを守りながら室内長は約40mm大きくなり、全高は低く抑えられて1585mmと75mmも低くなりました。
ルーフが低くなっただけですごくスポーティに見えてしまいますね。
フロントワイパーは、まるでレースカーみたいな一本ワイパー。
ちょっと驚かされます。

先代にもあったパノラマルーフは踏襲されて2代目にもあります。
パノラマルーフは解放感があって気持ちいいですね。

後席の収納は、ラッゲージルーム側面にあるレバーで簡単に6:4に分割可倒出来るのはとても便利。
フルサイズでのミニバンでは、よくある機能ですがコンパクトクラスになりとても珍しいかもしれませんね。

搭載エンジンは1300ccと1500ccで変わりありませんが、1300ccエンジンは改良されてこれまで以上のそう快感を得ています。
しかし、パドルシフトはSグレードのみの設定となってしまいました。
ミッションはCVTで、駆動方式はFFと4WD。

業務提携しているスバルへは、トレジアの社名で販売されています。

 

ニューモデル登場は?

2代目登場から7年目。
さすがに、ラクティスの人気も落ちてきたのか最近の販売台数は3ケタ台。
しかも、100台くらいしか売れない月もちらほら・・。
もはや、モデル末期なのは間違いありません。

噂では2016年中に新型ラクティスが登場するかもしれませんが、あまり情報が少ないので来年の2017年にずれ込むかもしれませんね。
どうやら新型ラクティスは、bBと統合されるのが濃厚です。
車名も、ひょっとしたら統合されることから変更になるかもしれません。
まぁ、新型になったとしてもラクティスのもつ軽快な背の高い若者向けコンパクトカー路線は継承されるのは間違いないと思われます。