New article

マツダSUVの歴史とCX-5

トヨタ・ラウンドクルーザー、日産・サファリ、三菱・パジェロそしてスズキ・エスクードのように長いモデルライフのSUVモデルを持っていなかったマツダ。
昔はRVと呼ばれ現在はSUVと呼ばれる分野は、苦手で不得意ジャンルだったようです。

マツダで80年代ころRV車と呼ばれていたのが、プロシードマービー。
プロシードは、作業用のピックアップトラックです。
その乗用モデルのハイラックスサーフのような車だと思ってもらえば早いかもしれません。

その後、90年代末頃には軽自動車をOEM供給してもらっているスズキから、エスクードをOEM供給してプロシードレバンテとして販売していました。
ちなみにこの時期のエスクードにマツダ製ディーゼルエンジンが使用されています。
スズキから車体、ディ-ゼルエンジンはマツダからなので相互補完のような車ですね。
これを知っているのはかなりのカーマニアです。

その後、本格的SUVのトリビュートやCX-7が開発販売されていたのが2000年から2011年頃までのことです。
そして、2012年に満を持して発売されたCX-5は記録的な大ヒットとなります。
トリビュートやCX-7で蓄積したSUVのノウハウを惜しみなく投入された諸玉の一台はまさに記念碑的な名車と言えるでしょう。

 

CX-5初代(2012~2016年)

マツダの先進的省エネ技術のスカイアクティブテクノロジー搭載一号車がCX-5です。
スカイアクティブテクノロジーは、エンジン・シャーシ・ボディなど燃費効率に優れた技術が惜しみなく投入されています。
その証拠にリヤパネルにはスカイアクティブテクノロジーのバッチが誇らしげに付けられました。

ボディーデザインは、現在のマツダモデルに共通する鼓動デザイン。
フロントマスクはおおきな逆台形型グリルが最近のマツダ車のトレンドです。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4540×1840×1705と威風堂々の立派な体躯を獲得。
ちなみにライバルのスバル・フォレスタは4595×1795×1695と、全長以外はCX-5の方が大きなボディだっとは私も知りませんでした。

搭載エンジンは、ガソリンとディーゼルの2本立て。
ヨーロッパでの輸出が多いマツダ。
ヨーロッパでは、燃料代が安く済み長距離ドライブも高トルクで運転楽らくのディーゼルエンジンの人気がとても高いのです。

ハイブリッドエンジンで出遅れているマツダは、ヨーロッパで人気のないハイブリッドの開発よりも新たなクリーンディーゼルエンジンに開発に資金と主力を注ぎました。
その成果となったのがマツダの新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。

2200cc直4・DOHC直噴ディーゼルターボ(175PS/42.8kgm)の最高出力。
馬力は、ほぼ同じ排気量のガソリンエンジン並みでトルクは3000cc級スポーツカーを上回る数値です。
3ローター搭載のユーノスコスモが41kgmのトルクだったので、マツダ車史上最高トルクを誇るクルマがCX-5になります。

 

新時代のクリーンディーゼルエンジンは、かつて黒煙をまき散らし騒音や振動で大変な思いをしたことを忘れさせてくれるほどの静かさと、ほとんど感じられないくらいの振動に激変しました。
元々、ディーゼルエンジンの軽油はガソリンに比べて約15円は安くなっています。
ハイブリッドとは違った新たな省エネエンジン・クリーンディーゼルで省燃費競争にマツダは参入を果たしたのです。

搭載エンジンには、もちろんガソリンエンジンもあります。
2000ccと2500ccの直4・DOHCのNA。
クリーンディーゼルエンジンに拘らなければ、割安なガソリンエンジン搭載車の購入もよいかもしれません。
ディーゼルエンジン搭載車ばかり話題になりますが、ガソリンエンジン搭載車の出来も秀逸です。
駆動方式は、FFと4WDと、ミッションは6速ATのみ。

 

CX-5 2代目(2017年~)

第2世代となる新たなスカイアクティブ搭載車一号となるのが2代目のCX-5です。

ボディーデザインは、初代をキープコンセプトに鼓動デザインをさらに推し進めたものになりました。
搭載エンジンは、同じながらさらに熟成が進めらたのです。
新世代?両運動制御技術・「G?Vectoring Control」 が新たに標準装備されました。
コンピューター制御で、ハンドルの切れ角から車速をコントロールするものです。
まるで、運転が上手くなったのかな?と思えるとか。
「アドバンスト スマート シティ ブレーキ サポート(アドバンストSCBS) 」などの安全装備も充実しています。

 

CX-5の中古車価格

2代目は、2017年に登場したばかりなので高値で市場に出回っているようです。

中古車市場の中心となるのは初代モデルです。
価格は、約115~340万円。
平均したところは約275万円とまだまだ初代でも高値になっています。