New article

マツダで一番古い車名 キャロル

キャロルは、英語で賛美歌や頌歌(しょうか)の事で、良く聞くのはクリスマスキャロルでしょうか。

ビックネームのヤザワこと矢沢栄吉が結成した伝説バンドがキャロルでしたね。
ヤザワが成り上がろうとしてキャロルを結成したのが1972年の事。

それよりも遡ること10年前の1962年登場したのが、マツダの軽自動車第2弾となるキャロルです。
キャロルは、マツダで一番古い貴重な車名。
車種統合などでモデル消滅したり、イメージ一新するために車名変更が行われるためにいにしえの懐かしい車名はそれほど残ってはいないのです。

 

初代・2~3代目(1962~1964・1989~1998年)

マツダの軽自動車の第1号は、R360クーペです。
空冷4スト・OHVのVツインエンジンは、リヤに搭載されリヤ駆動でした。
まるで宇宙船のようなデザインは当時でも斬新そのもの。
その後継モデルとして1962年に登場したキャロルは、とても先鋭的斬新的なデザインで世間をアッ~と言わせたのです。

軽自動車初となる、4ドアセダン。
360ccの空冷式・直列4気筒OHVエンジンとライバルメーカーでは、2スト2気筒エンジン搭載が当たり前だった時代に、まるでワンクラス上の豪華なエンジンを搭載!
まさに軽自動車のエポックメイキングのような記念碑的な車が初代キャロルです。

70年代に入ると軽自動車の馬力競争勃発後、いっきに軽自動車市場が冷え込んでいきました。
ホンダと同じくマツダも軽自動車市場から一時撤退して小型乗用車作りに専念。
その間は、軽トラのポーターキャブのみ販売し続けました。

 

マツダが乗用軽自動車に復帰したのは1989年のこと。
バブル景気が盛り上がる直前の頃、スズキと業務提携してスズキからベース車両を拝借してきて、ボディや内装を自社開発のオリジナルデザインで行うものでした。
日産・モコはなどはこの手法と同じですね。

愛らしい丸っこいボディーラインの復活2代目は、女性ユーザーから人気を博して大ヒット!
続く3代目もマツダオリジナルデザインが採用され、和風アントビアンキなんて呼ばれていましたね。
しかし、経費削減のあおりを受けインパネやドア、そしてバンパーなどは2代目と同じパーツが使われていたのです。
前モデルと同じパーツを使いながらも全く違った印象となるボディスタイルはデザイナーの職人技にほかなりません。

 

4代目~6代目(1998~2015年)

マツダの業績悪化から販売不振の軽自動車は、スズキからのOEM車販売になりました。
バッチのみの張り替えなので中身はスズキ・アルトとまったく同じです。
アルトの5代目~7代目がキャロルの4代目~6代目として供給されています。

5ドアハッチバックのボディスタイルで、駆動方式はFFと4WD。
キャロルならではの装備もありません。
まぁ、OEM車の強みとしてはスズキよりも大きな整備工場やディーラーの多さなどでしょう。

急に修理しなくてはいけないときにすぐ近くにディーラーがあれば便利ですよね。
中古車で買い取りしてもらう場合は、OEM車だと本家よりも知名度がないため安くなってしまいます。
逆に購入するときは、OEM供給先よりも格安で購入出来るでしょう。

 

7代目(2015年)

2015年登場の現行アルトもキャロルとしてOEM供給されています。
新車での値引きも本家スズキより多いとか。
2~3年で転売するつもりでなく乗りつぶすつもりなら、バッチ違いのOEMモデルで格安購入するのもよいかもしれませんね。

搭載エンジンは660cc直3DOHCのNAのみで、アルトのホットバージョン・ワークスやターボRS搭載のパワフルなターボエンジンは残念ながらありません。
「乗る人の日常をいちばんに考えた新しい軽 キャロル」が、キャッチコピー。
普段使いを気兼ねすることなく使える車を目指したのでしょう。
本家同様に、省エネや安全装備を搭載したリーズなモデルに仕上がっています。