New article

砂漠のロールスロイスと言われたランドクルーザー

砂漠のロールスロイスの異名をもつトヨタ・ランドクルーザー。
中近東の石油産出国の富豪が、砂漠のまっただなかへのドライブも躊躇しないタフネスさ。
まさに、大地を駆け巡る豪華クルーザーのような趣がかもしだされます。
重圧長大を、見事に具現化したモデルがトヨタ・ランドクルーザーです。

 

ランドクルーザーの歴史

トヨタが、開発販売しているランドクルーザーはSUVの世界最高峰であると言っても過言ではないでしょう。
そんな、ランドクルーザーの最初は太平洋戦争の頃までさかのぼります。

フィリピンで対戦国アメリカの軍用ジープを捕獲してそれをコピーして作られたのが、軍用車の日本陸軍4式小型貨物車(AK10型)駆動方式は、もちろん四輪駆動です。
しかし、戦時中のこともあり極少数生産されただけでした。

戦後GHの統制があって自動車産業が再開されない時期がありましたが、1951年には自衛隊の前身である警察予備隊への入札参加するために試作車が出来上がりました。
三菱・日産・トヨタの三社からなる入札はみごと三菱に決定。
入札には、敗れたトヨタですが警察のパトカーに採用されました。

ランドクルーザーの元祖BJ・FJ型が発売されたのは1953年です。
1954年には、それまでトヨタ・ジープで販売していたのをランドクルーザーに改称しました。
(ジープの本家アメリカはウイリス社からクレームが来たためです。)
ちなみに、クラウンが発売されたのが1955年なのでトヨタで一番歴史ある由緒正しい車名になります。

1955~1960年は20系にモデルチェンジして、1960年にはハードクロカン四駆の金字塔的名車40系にバトンタッチされました。
タミヤのラジコンなどにもなっている超人気ハードクロカン四駆です。
実に24年間も販売され続けたロングセラーモデル。
40系ランクル専門の中古車店もあるほどのマニアには超人気!

1984年には、ネオクラシックの薫り高い70系にチェンジしました。
国内、海外ともに根強い人気があるランドクルーザーは、ライバルのパジェロなどの乗用車っぽい使われ方よりもハードな仕事で使われる業務用車両の方が多かったのです。
輸出仕様は、世界各国に輸出されて1989年まで発売された息の長いモデル。
2014年には、ランドクルーザー30周年記念復活モデルが1年間の限定で発売されたことからランクル70ユーザーのマニアは、日本国内でもかなり生息しているということが分かりますね。

80系(1989~1998年)

このモデルから、プラドが独立したブランドになりました。

ボディーは、3列シートの8人乗りワゴンと5人乗りのバンの2種類です。
前モデルの70系以上に重厚長大となって、高級SUVを目指したランドクルーザー。

搭載エンジンは、ワゴンにガソリンエンジン(215PS)そしてバンにはディーゼルエンジン(170PS)が搭載されていましたがトルクは燃料が違っても38kg・mと同じなのはトヨタが意図したものでしょうか?

100系(1998~2007年)

このモデルでは、まだハッチバックドアにハードクロカン四駆の証であるタイヤを背負っています。

シャーシは伝統のラダーフレーム。
オフロードをハードに攻めても決して根を上げないタフネスさ。

上級グレードのランドクルーザーシグナスが登場したのもこの100系からです。
2002年には、マイナーチェンジされて、ディーゼル規制法の「NOx・PM法」の規制対象車となったため関東など規制区域ではディーゼルエンジン車を購入することが出来なくなりました。
まさに、ディーゼル暗黒時代に突入です。

200系(2007年)

現行モデルの200系になっても頑なに守り続けるラダーフレーム。
搭載エンジンは、発売はガソリンエンジンのみのラインアップ。
4600ccV6・DOHCエンジンは、パワーと燃費を獲得しました。

主な輸出先である北米に向けたボディーデザインでマッチョなアメリカン野郎に仕上がっています。
4WDの性能は、最新の電気デバイスが活躍して意のままにオフロードを走破することが可能です。
先進的安全機能のトヨタセフティーセンスももちろん搭載されて、より安全快適な車に仕上がっています。

 

人気とグレード

80系などは、年式が高年式になっていますが買いやすい中古車価格帯に突入している模様です。
100系シグナスなどもかなり高い人気を保っており、高級SUVを狙っているなら狙いどころでしょうか。
200系は現行モデルなので、まだまだ高い値段で売買されているようですね。

ランドクルーザーは、基本的にはどれだけ走行距離が延びたとしても大きく価値を下げることはないので、売りたいときに売るというスタンスで良いと思います。
10万キロを超えたとしても値段は常に付きますので、ご安心を。