New article

スペーシアの車名由来はそのまま

限られた軽自動車のサイズをフル活用して、開発されたのがスペーシアです。
先代モデルはパレット。

軽トールワゴンで両側スライドドア。
なによりも使い勝手がよく後席へも乗り降りもしやすい軽自動車でした。

パレットの人気もかなりあったのですが、2代目へフルモデルチェンジされる際に、もっとスペースを有効に使っていることをアピールするために車名をあえてスペーシアと改めたのです。
現在、飛ぶような勢いでブームになっている軽トールワゴン市場。

ライバルはホンダ・N-BOXとダイハツ・タント。
一番人気はN-BOXで二番目はタント、そしてその後を追う形になっているのがスズキのスペーシア。
燃費競争もさることながら熾烈な販売合戦が繰り広げられています。

子育て世代の女性をターゲットに開発されたスペーシア。
キャラが被るのは強敵タントです。
はたしてスペーシアはライバルを打ち負かすことが出来るのでしょうか。

 

初代スペーシア(2013年~)

現役バリバリの現行モデルのスペーシア。
省エネ技術では、定評のあるスズキグリーンテクノロージーが採用されています。
エネチャージやアイドリングストップシステムなどですね。

アイドリングストップ装置は、ブレーキを踏んで時速13km以下になるとエンジンが止まるものです。
車が止まってからエンジンストップするシステムよりも、長い時間アイドリングストップするのでさらに燃費が向上しています。
アイドリングストップシステムは、全グレードに標準装備されました。
燃費は29km/L(NA・FF)と26km/L(ターボ・FF)と抜群の燃費性能を獲得しています。

搭載エンジンは、660cc直3DOHCのNA(52PS)とターボ(64PS)。
駆動方式はFFと4WDの2本立てなので生活スタイルに合わせて選べるのもうれしいところですね。

エネチャージは、Sエネチャージとネーミングされた最新のものが搭載されました。
モーターでエンジンをアシストするいわゆるマイルドハイブリッドです。
運転中の減速時のエネルギーをモーターによって発電して充電し、加速時にはその充電した電気でモーターを駆動させてガソリンエンジンを助け低燃費に貢献しています。

 

両側スライドドアで、後席への乗り降りは想像以上に快適そのもの。
リヤシートは、スライドとリクライニング機能はもちろん装備されています。
スライド量は170mm。
後席は分割可倒式なので、乗車人数と積載物によって様々なシートアレンジが可能です。

運転席からの視界は良好。
軽自動車ならではの取り回しのし易さから狭い駐車場での車庫入れも楽々です。

インパネは、タッチパネル式が採用されています。
スマホなどタッチパネルに慣れているかたには使い勝手もいいでしょうね。
シフトはインパネシフトでCVTのみです。

 

安全装備では、軽自動車初となる「デュアルカメラブレーキサポート」がスペーシアに搭載されています。
単眼カメラやレーダー式に比べて格段に進歩しているのが2つのカメラを使用して歩行者や車を感知するシステムです。
安全性で定評があるスバルのアイサイトと同じ考え方ですね。
もちろん緊急停止してくれるエマージェンシ―ブレーキ機能もついていることは言うまでもありません。

 

ニューモデル登場は?

2016年にスズキも燃費不正問題があり、そのため2016年末にもニューモデルにチェンジするはずだったスペーシアの新型モデルが満を持して2017年夏頃にデビューする予定です。
エンジンが改良されプラットフォームは新型が採用されます。
さらなる省エネ技術と安全装備が強化が図られます。

現行型スペーシアも魅力的ですが新型はそれ以上!
モデルチェンジ前に現行型を大幅値引きで購入するか、あらゆる面で一新改良されたニューモデルスペーシアが良いか。
選ぶのは貴方です^^