New article

ひっそりと姿を消していたホンダのハイブリッド専用車インサイト

ハイブリッド専用車は?と聞かれれば10人が10人中トヨタ・プリウスと答えるでしょう。
そんな、プリウスのライバルとして登場したホンダ・インサイト。

正しくは、2代目になるインサイトは、2009年に車名のみ引き継いだ形でホンダのハイブリッド専用車として登場。
発売開始時は新車効果もあってスゴイ販売台数を誇っていました。
ただ、フィットハイブリッドやライバル・プリウスのモデルチェンジなどから人気が低迷していき2014年には静かに舞台から消えてたのです。
しかし、セダン型ハイブリッド専用車としてノウハウを蓄積で来たのは有益だったハズ。
トヨタ・プリウスに真っ向勝負を仕掛けて見事に負けてしまいましたが、いつの日かホンダ製ハイブリッド車が復活する日に期待しましょう。

車名のインサイトは、初代インサイトから引き継いだもので洞察力を意味する英語。
ハイブリッドを洞察する車としてホンダが車名にしました。
2代目開発中にはもっと違った車名も考えられたのですが、ホンダのハイブリット車としての知名度の大きさから付けられました。

 

2代目(2009~2014年)

初代モデルは3ドアハッチバックのクーペスタイルから、一転して5ドアハッチバックセダンタイプに変身しました。
ボディースタイルは、ライバルのプリウスと全く同じなのはホンダが意図したことなのか?
セダン型のハイブリッド専用車を突き詰めて行けば自然とプリウスと似たような形になってしまうのかは私にも分かりません。

ライバル・プリウスは3ナンバーサイズ。
しかし、ホンダのハイブリッド専用車インサイトの全幅は1695mmの5ナンバーサイズ。
取り回しのしやすさは、やはり5ナンバーサイズに軍配が上がります。
プリウスとはこんなところで差をつけたのですね。

ベースとなったのは、フィットです。
プリウスは、1800ccエンジン搭載の3ナンバーサイズのハイブリッド。
対するインサイトは、1300ccエンジン搭載の5ナンバーサイズのハイブリッド車。

インサイトの価格も200万円を切る破格の値段ですが、プリウスと比べるとどうしても車格や内装などワンランク下の車に見える部分が多いのは致し方ありません。
そのため、次第に販売台数を落として、やがて生産中止にまでなってしまったのです。

では、本当にインサイトはダメ車かと言うと決してそんなことはありません。
これは、ハイブリッド車に対するホンダとトヨタの考え方が如実に表れた結果なのでしょう。

ハイブリッドシステムは1300cc直4エンジン+モーターで、システム出力98PS/17kgm。
燃費は22-27.2km/L(JC08モード)と高燃費をマークしています。

FF駆動で、ミッションはCVT。
ハイブリッドでもアクセルを踏めばF-1ホンダミュージックを奏でられ、軽快な足回りがとても燃費重視のハイブリッド車には思えません。
ホンダが重視したのは、ハイブリッドでも感じられるホンダの拘りだったのでしょう。

インサイトのグレードは、ベースのG・上級グレードのL・最上級グレードのLSの3つ。
人気は、どのグレードもほぼ同じです。
軽自動車やコンパクトカーから初めてハイブリッド車を購入するなら、それほど質感や車格に戸惑うことがないのでお勧めできます。

 

初代(1999~2006年)

ボディースタイルは、3ドアハッチバッククーペスタイルで、1997年東京モーターショーにコンセプトカーとして登場。
1999年には、ほぼコンセプトカーと同じデザインで販売されました。

リヤタイヤは、タイヤ半分を覆うホイールカバーが装着されています。
空気抵抗を追求した結果だとか、、。
少し古めかしいですね。

搭載エンジンは、1000cc直3SOHC(VTEC)+モーターのハイブリッドシステム。
ミッションは、ATと5速MTの2つ。
MTミッション搭載のハイブリッドは初代インサイしかないのではないでしょうか。

ハイブリッド車をただ単に省エネ車として考えなかったホンダ。
初めてのハイブリット車から未来のスポーツカーを模索していた様子が伺えます。
2006年まで販売された初代インサイトの販売台数は約2300台です。
初代インサイトは、多分に実験的な意味合いが強かったのでしょう。