New article

買取店で車を売却する場合、まずは査定を受けてその車の価値を見いだし、その金額で売るというのが順当な流れですが、査定士が出した査定額をそのまま受けて入れて、その金額で売るのは大きな間違いです。
なぜならその金額は査定に出した車の正確な価値ではないからです。

 

査定額は安いところから出す

買取店はまずどういった形で利益を得ているかを考えてみてください。
ただ単に慈善事業で車を買い取っているわけではなく、きちんとした儲けを出す必要があり、そのために車を買い取っているのです。

買取店の利益は車の転売によってもたらされています。
買取店で買い取った金額より高い金額で売却することによって、その差額が粗利益となり、そこからオークション出品料や輸送費、名義変更費用などのコストを差し引いた分が利益ということになります。
ということは車を買い取る際にできるだけ安く買う方がより多くの利益を生み出すことになるというわけです。

そこで買取店側ではこういったことを行います。
例えば平均的な査定額が100万円の車があるとします。
この車を100万円で買い取って、それを業者間だけのオートオークションに流し、150万円で落札できたとすると粗利益は50万円ということになりますが、できればもっと多くの利益を得たいということで買取店は、大げさに言うといきなり100万円という査定額を出すのではなく50万円ぐらいの金額を提示してくるのです。
これには大きな利益を出したいということだけではなく、値上げ交渉をされた時のマージンを取っておきたいということもあります。

要するに買取店側として、より多くの利益を出せる可能性と、もし値上げ交渉でごねられた時のために低めの金額を出してくるということなのです。
ということは査定後に出された査定額に二つ返事でOKを出し、それで売買契約を結んでしまうのは確実に損をするということになるということなのです。

 

値上げ交渉は相手も承知の上

まずは低いところから金額を出してくる買取店、それには売り手側が値上げ交渉を持ちかけてくる事はいわゆる想定内のことでほとんどの場合はそういった流れになります。
要は値上げ交渉をしてくるのを承知のうえであるということです
ならば、伝えられた査定額ですぐにOKを出してしまうのではなく、その想定通りに値上げ交渉をしましょう。
相手がその気であれば何の気兼ねも必要ありません。
どんどん値上げ交渉をしてみましょう。

 

値上げ交渉の方法

査定額の値上げをしてもらうには、やみくもに「高くしてください!」といっても、「無理です」といわれておしまいです。
それもそのはず、何の理由もなく値上げを求めても買取店側は理由がなければ査定額を上げる必要はないと思ってしまいますので、いきなり断られても当然な話です。
値上げ交渉をするからには理に適った、相手が納得する裏付けが必要なのです。

気が付かない部分を気付かせる

査定をするときは車のあちこちをくまなく見て回ります。
しかし、相手も人間です、見落とすこともあれば見間違えることもあります。
まずはそういったところを確認の意味もかねて、一つずつ指摘していくのはどうでしょうか。

例えば、純正のカーナビがついているところとか、AVシステムがグレードアップされているところとか、純正オプションのアルミホイールが付けられているところなど物質的な部分を指摘するのもいいですし、年式やモデルに関して、マイナーチェンジ後のモデルだとか、特別仕様車であるといったような通常であれば、査定の時にしっかりと確認しているであろう部分も含めて指摘すると、時々その部分を考慮することを忘れていることがありますので多少の値上げが期待できます。

メリットを伝える

査定ではその車の状態を知ることはできても、オーナーがどういう風にこの車を扱ってきたのかまではわかりません。
普段の扱い方によってはその車にとってメリットになることが含まれているので、そういったことを伝えるのがいいかと思います。

例えば禁煙車であったり、プロによってコーティングが施行されていたり、定期点検もきちんと受けていて点検簿もすべて記録されているということであったりと査定ではわかりにくい部分を伝えて、今まで丁寧に扱ってきたということを査定士に伝えるのも効果的だと思います。

と、ここまでの値上げ交渉は初歩的なもので、どんなに頑張っても数万円のアップにつながる程度でしょう。
最も効果的な値上げ交渉はこれにつきます。

究極は競合

値上げ交渉で究極の手段となるのが他店との競合です。
これには他店で査定を受けてその金額が記載された書類などを準備する必要があるのですが、もしそういったものがあるのであれば、かなり強気に攻めることができます。

例えば、他店で200万円の査定が出ていたとします。
そして新たな買取店で査定をし、150万円という査定額しか出なかった場合、とりあえずいろいろなことをアピールした後、最後の最後に他店でもっと高い査定額が出たことを伝えましょう。
その時に査定額が記載された書類などがあれば堂々と見せてもいいと思います。(書類で出す買取店はほぼいないと思いますが・・)

その買取店が他店での200万円という査定額と同等の査定額を出すことができる場合、ほぼその金額と同等かそれ以上の査定額を出してくることでしょう。
150万円から200万円以上まで一気にです。
これくらい買取店は他店との競合を嫌い、自分のところが一番高く出す買取店であることを強調したがるのです。
根本には自社で買い取りたいという思いがあるからなんですけどね。

奥ゆかしさを持っているのが日本人の良いところですが、奥ゆかしいところだけでは高額買取は望めませんので、ダメで元々といった感じでどんどん値上げ交渉をしてもバチはあたりませんよ。