New article

新車をディーラーで購入する時、乗り換えということになると「下取り」という言葉が出てきます。
下取りとは読んで時のごとく、新車を購入するからその車を引き取ってもらうということで、その引き取りの際に下取り額といった対価を得ることができ、その対価を差し引いた金額で新しい車を購入する形になります。
要するに値引きの一環となるということです。

これが実は結構厄介なことであって、できるだけ高く売りつけたいディーラー側と1円でも安く買いたい客側とでは、この下取りに対する考え方に違いがあり、それが新車購入時の値引き交渉の際に、双方いろいろなこと意見を主張することになります。

 

ディーラー側から見た下取り

ディーラーはあくまでも新車を販売することによって利益を上げる企業です。
ですので、何はなくともどんどん売っていきたいわけで、時には大幅な値引きをしてまでも台数をたくさん売りたいわけです。
そういったスタンスでいる中、下取りというものはどういったものなのかというと、ディーラー側からするとそれは単なる値引きでしかありません。

買取店の買取りのように車を引き取り、それに対価を払うということは、下取りと考え方が全く同じといっていいことなのですが、買取店は買い取って引き取った車をさらに転売してそこで大きな利益をもたらそうということがメインの仕事です。
一方、下取りはディーラー本来の仕事ではなく、あくまでも新車販売を促す潤滑剤でしかありません。
本来の仕事は新車を売ること、そのために新車を売る時に不要となった現在乗っている車に対価としては安いですが、金額という価値を付けて「新車を買ってくれれば今乗っている車を○○円で引き取るような形として、その金額を新車から差し引き(値引き)しますよ!」といった形で、安くなるから早く買って下さいといった流れにもっていきたいのです。

しかし、新車を買うときには「値引き」という概念があります。
値引きはなんの物質的な損失なしに新車購入価格をある程度安くしてくれる一つのサービスです。
実はディーラーは、できるだけ高く車を売りつけるため(言い方が悪いですが・・)に、この値引きと下取り金額を混同して扱う傾向が強いのです。

例えば、新車価格が500万円だったとして、値引き20万円、不要となった車の下取り金額が50万円でトータルで70万円引きの430万円で購入といった形になったとします。
その時ディーラーでは20万円プラス50万円とは見ずに、70万円の値引きをしたという形で受け取っているのです。
要するに先ほども言いました通り、下取り金額は値引き額の一つでしかないということです。

ですので、更なる値引きをもとめたりすると本来の値引き額である20万円は据え置きで「下取り金額を高くしますね」なんてことになるのです。
トータルで見れば安く買えることができるので、特に問題があるわけではなく誰もがそれで納得してその金額で車を買ってしまうでしょう。
しかし、ディーラー側からすれば、下取り金額を例え10万円高くしたとしてもほとんど痛くもかゆくもないのです。
なぜなら下取り金額はもともとかなり低い設定となっていますし、中古車として販売する時の過程でその損失分をどうにでもリカバリーする流通経路を持っているからです。
ですから、ディーラーで値引き額のアップを求めると値引き額を上げるのではなく、下取り車がある場合は下取り金額でどうにかしようとしてくるのです。

 

客側から見た下取り

客としてはできるだけ安く買いたいと思うのが常ですので、値引きだろうが下取り金額であろうが、とにかく安く買えるのであれば問題ありません。
しかし、買取店が一般的に普及し始めて、買取店での買取金額とディーラーでの下取り金額を比較して、どちらが安く新車を買うのにうってつけなのかということを考えるようになったことによって、ディーラーのように値引き額と下取り金額は同じ部類のものとして考えるのではなく、値引き額は値引き額、下取り金額は下取り金額として考えるようになってきました。
そのため、見積書を見るのであっても値引き額の金額と下取り金額を別のものとして解釈するようになり、先ほどの例でいえば、下取り金額はさておき20万円の値引きは少なすぎるということになってしまうのです。

この傾向は買取店が普及してから車の売買を行うようになった比較的若い年齢層の方に多く、値引き額が少ないからといって下取り金額を高くするといってもそれでは納得がいかず、値引き額を上げてくれといった押し問答が繰り広げられることになります。
比較的年配者は経済的なこともあるかもしれませんが、この辺はかなりアバウトで最終的な金額で判断する傾向が強く残っているようです。

 

客側の考え方で新車を安く買うことができる

ディーラーとしては損失が大きくなる値引きとほとんどダメージの無い下取り金額を一緒くたに見る傾向、客側として値引き額と下取り金額を別のものとして見る傾向があるということになりますが、この客側の考え方は、車を現在持っていてその車を下取りではなく、買取店で売却してからそのお金を使って新車を買うといった方にはとてもメリットのあることです。

例えば、500万円の車を値引き額20万円、下取り金額50万円で購入するという見積書を出されたとします。
ここで更なる値引きを求め、下取り金額を70万円、要するに値引き総額20万円アップの90万円になったとします。
ここで下取り金額が安いからということで、下取りではなく買取店で売却するとなった時に下取り金額は全く関係のないことになりますので、値引き総額は据え置きとなった値引き額20万円だけということになります。
しかし、ここで下取り金額のアップで値引き額のアップを狙うのではなく、値引きは値引きという考え方でせめて下取り金額は据え置き値引き額を40万円にまですることができたとしましょう。
これでも値引き総額は90万円であって、最終的な金額は先程と全く変わらないということになるのですが、先ほどと同様に下取りを取りやめ、買取店で売却する形としたとしても値引き額は40万円ということになり、先ほどのパターンより安く買うことができるということになるのです。

これは新車を安く買うための一つの手段としてよく使われることなのですが、ディーラー側の考え方を封じて客側の考え方を貫き通すことによって実現できることですので、ここで下取り金額を高くしたことで妥協してはいけません。
上手く交渉することです。
他にも買取店で買い取り金額がつかないような車を下取りに後出しなどして値引き額を更に引き出す方法などもありますね。