New article

自分の車を高く売却したい、誰もがそう思うのもので、それによってどこで売れば高くなるのか考えることになるわけです。
とりあえず、下取りは全然話にならないから買取店で売ることは決定!
しかし、どの買取店で売ったらいいのだろう、どこにでもある大手のチェーン展開している買取店がいいだろうか、それとも昔から近所にある小さな中古車販売も兼ねた買取店で売った方がいいのか、こういったことを考えることもあると思います。

大手チェーン店と町の買取店、店舗の規模も大きく違いますし、きっと経営状態も大きく違うでしょう。
ここで普通に考えるのであれば、あれだけ大規模に店舗展開しているぐらいだから大手チェーン店の方が安心だし、高く買い取ってくれるのではないかと思ってしまうはずです。
しかし、実際には必ずしもそうではないということを知っておきましょう。

 

大手チェーン店と中小規模店の違い

買取金額の違いを知る前に両者の考え方の違いを見てみましょう。

 

大手チェーン店の場合

大手チェーン店は日本全国にフランチャイズ店や直営店を広く展開し、そこで「来た車、来た車」をバンバン買い取っています。
1店舗単位で見ればそれほど多くはなくても日本国中に何百店舗もあるのであれば、一日当たりで相当な数を買い取っていることになります。
逆にいえば、とにかくたくさんの車をどんどん買取るために店舗を拡大しているわけで、要するに日本中にたくさん網を張っているというわけです。

どうしてたくさん買い取らなくてはならないのか?
それは大手チェーン店では薄利多売の商売をしているからです。

要するに1台あたりの買取・転売で儲けられる利益を大きく取るのではなく、少ない利益で売買の数を増やすことによってトータルで大きな利益を上げるといった考えがあるのです。
そのため、1台当たりの利益を大きくとる必要がないので、おのずと買取金額高くなる高く売れるとなればそれだけたくさんのお客が来てくれるといった流れでとにかくたくさん買い取って、すぐさまたくさん転売するまたは販売するという形で最終的に大きな利益を上げようとしているのです。

そのためには車の細かいところまで見る時間の余裕はありません。
それこそ下取りの査定のようにデータ重視の査定を行い、それに中古車市場での需要傾向を加味した査定を行って買取を行うのです。
ということは細かい部分にメリットを持つ車の場合はそれすらも見てもらうことができないということになるのです。

 

中小規模買取店の場合

規模の小さな買取店では、大手買取店のようにたくさん買い取ってたくさん転売するということができません。
物理的に店舗も少ないでしょうし、お店によっては1店舗だけで経営を成り立てているかもしれません。
宣伝広告にかけるお金も大手と比べたら安いものです。
お店の名前もほとんど知られていないでしょう。

こういった状態の店舗で大手と同じようにバンバン買ってバンバン売るということができないのです。
それによってこういった店舗では1台の車の売買で大きな利益を生み出そうとします。
しかし、そこで大手買取店と同じような車を買い取っていてはほとんど利益が出ませんので、中古車市場で高く売れるような珍しい車や既に生産が止まっている車、生産終了となってからかなり時間が経っていても中古車市場で大人気になっている車などを中心に買い取るのです。

これがいわゆる○○専門買取店といったもので、いわゆる一獲千金を狙った商売をします。
こういった車たちは得てして非常にマニアックな性質を持つことが多く、例えばグレードの違いによってエンジンパワーが違うとか、人気のパーツがついていると人気が高まるとか、チューニングパーツがついている方が好まれるといったものを持つものが多いのです。

そこでこういったところの査定では中古車需要の良し悪しや年式、走行距離などを踏まえたうえで、何年式の何というグレードかとか、サスペンションはオプションのビルシュタインがついているのかとか、カーナビはメーカーオプションかディーラーオプションかとか、チューニングレベルはどの程度されているのかといったことを非常に細かく見るのです。
ということは、車自体の価値もさることながらその車につけられているオプションや社外品パーツなどによって価値が大きく変わってくるということになるのです。

 

査定で見るところが違う

大手と中小の買取店では店構えや店舗の規模などの違いの他にも、査定の際に重要視するポイントが違うということを理解していただけたと思います。
これが買取金額にどういった影響を与えるのかというと、要するに万人ウケするような車というのは中古車で買う時もその車の性能や細かい部分まで気にして買う人はおらず、車名と年式、走行距離だけを見て買う人がほとんどですので、それの仕入れ役となる大手買取店も細かいところに気を遣わずに買取ります。

しかし、その大手買取店に中古車市場では大人気の合法チューンされたスポーツモデルが持ち込まれたとしても、ブーストコントローラーがついていても無評価、車検対応マフラーが付けられていても査定額に全く影響を与えない、カーボン製のパーツが付けられ軽量化に一役かっていても全く関係なく、車本体だけの査定額が出されることになるでしょう。
それと全く同じ車を規模の小さな例えばスポーツモデル専門店や、そういった車を好む買取店に持ち込んだとしたらどうでしょうか。
ブーストコントローラーはEVCだからプラス、エクテックによってECUチューンされているからまたプラス、タービンが交換されているからかなりの高評価といった具合にどんどん査定額が上がっていくのです。

逆にそういった車を好む小さな買取店にドノーマルのタントを持ち込んだとしたらどうでしょう。
まず間違いなく「価値なし」といった判断が下され、もしかしたら下取り程度の金額になってしまうかもしれませんが、これを大手買取店に持ち込めば需要が高いので、すぐ売れる在庫期間を短くできるとして、すぐにでも高額買取をしてくれるでしょう。

 

買取店にどうしてもらいたいのか

実はここが需要なポイントです。
一般向けの中古車需要が高い、新車でも大人気といった、その車自体に価値が有るものは大手では高く買い取りますが、中小ではあまり高く買わない、というか買い取れないということになり、マニアックな車や細かい部分まで見て初めて価値がわかるといった車は、中小買取店では高くなるが大手買取店ではその価値もスルーされてしまい、買取金額も高くならないということになるということなのです。

スポーツモデルとエコカーを同じ車として見るのが大手買取店、全く別と見るのが中小買取店であることが多いといった形で理解すると分かりやすいかと思いますが、要するに今これから売ろうとしている車のどの部分を見てもらいたいか、買取店の体制や買取店の査定の考え方に何を求めるかによって、どちらがいいか、どちらが高くなるのかということが決まってくるということなのです。