New article

車の査定額を決める要素としてよく言われるのが、年式や走行距離、車の状態などですが、実は意外と大きな影響を与える要素としてボディカラーがあります。
色は、印象を大きく左右する要素となりますが、車の車体カラーも同じでその車の印象を大きく変えてしまいます。
黒は高級感が出たり、白は明るくスマートに見せます。

ですから、人気のある色、人気のない色があり、車種によっては色によって大きく査定額に差が出て来ることがあるのです。

 

物理的には同じもの

ボディカラーは新車を購入した時に選んだり、後から板金屋さんなどで塗装しなおしてもらうことによって決められるものですが、ボディカラーが違うといっても同じ車種やグレードであれば、違うのは色だけであって中身は他のボディカラーを持つものとほとんど同じです。
一部、そのグレード専用のボディカラーというのも設定されており、そのボディカラーでグレードが決まり、それによってグレードの違いによる査定額が若干出ることになりますが基本は何色でも同じです。

車によってはボディカラーによって、高級感が出たり、車が大きく見えたり、早く走りそうなど、色から受ける人間の感性の変化によって違う車のように見えますが、それでも中身は同じです。
ということは、物理的な車体としてはボディカラーが何色でも価値は変わらないということになります。

 

何が違うのか

買取店で車を売る時にどの車がいくらぐらいで売れるのか・・・なんてことをインターネットで調べることがあるかと思いますが、その時に「タントが高くなる」「プリウスは思ったほど高く売れない」「スポーツモデルが高くなる」などといった情報を見たり聞いたりすることになります。
こういった情報は、現実的な買取金額をフィードバックして作った買取相場なるもので知ることになるのですが、全くの出任せではなくリアルで正しい情報といえるでしょう。

ここで不思議に思うのは、たかがママさん向けの軽自動車のタントが同じ年式のコンパクトカーより高く買い取られる、あれだけ販売台数が多く話題になっているハイブリッドカーのプリウスが意外と安い、新車市場では、売れないからといって自動車メーカーが作りたがらないスポーツモデルが高く買い取られるという点です。
自動車の一番下のランクとなる軽自動車で更に子育て用の車として作られているタントにそこまで価値が有るのか、燃費が大好きな人たちがたくさんいるのにどうしてプリウスは安くなるのか、メーカーが避けるほど売れないといわれているスポーツモデルに中古車とは言え、お金を出して買うのか、確かに車だけを見た状態であればきっと誰もがこう思うでしょう。
しかし、買取店では中古車市場の売れ行きによって買取金額を決めるため、中古車販売店などでの人気によって買取金額が左右されるのです。

要するにタントやスポーツモデルは何らかの理由によって人気が高く、逆にプリウスは新車の時ほど中古車としては人気がないということで、買取店での買取金額を決める要素として「人気」というものがかなり重要なものだということです。

 

ボディカラーもバロメーターの1つ

中古車市場で人気が巡り巡って買取店の買取金額を決めるのですが、その人気を決める一つの要素に実はこのボディカラーが含まれているのです。

最近の車は、コスト削減のため、車自体に改良を加えるのではなく、ボディカラーを追加することによって新しさを表現するようになってきました。
それにまんまと引っかかっているのが消費者ということになっていますが、そういった自動車メーカー側の傾向によっていろいろなボディカラーを選ぶことができるようになりました。
しかし、実際に購入される時に選ばれるボディカラーというのは比較的限定されており、それが一つの人気となります。

これは消費者側がボディカラーを決めることができない中古車市場でも同じで、どうしても偏ったボディカラーばかりが選ばれることになっています。
それが中古車市場でのボディカラーの人気であって、それによって同じ車で同じ状態でも価値が変わってくるということなのです。(正確には同じ状態はないですが・・)

 

高くなるボディカラー

買取金額が高くなるボディカラーは中古車市場で人気のあるボディカラーということになりますが、ではどういった色が好まれているのか一例を見てみましょう。

ほとんどの車で人気が高くなっているのが、やはり無難な色であるホワイト系です。
ソリッドやパールなどがありますが、どちらも人気のある色です。
それからシルバー系です。
こちらは車に手をかけられない方に好まれることが多いのですが、シルバー系は傷がついても目立たない、水垢や汚れがついても目立たない、埃だらけになってもわかりにくいといった性質があります。

ここ最近多くなってきたのがブラック系、昔からブラック系は一部の車種やある一定の職業についている方の定番カラーとなっていましたが、最近ではワンボックスカーやミニバンなどにおいて威圧感を演出するときに使われるようになってきました。

それと車の性質から人気のあるボディカラーというものもあります。
スポーツモデルなどではホワイト系か派手な色を好む傾向があり、ハイブリッドカーではイメージからでしょうか水色を選ぶ方が多いようです。

自動車メーカーによって偏る色もあります。
例えば、三菱ならレッド系やシルバー系、スバルならブルー系、スズキならイエロー系といったその自動車メーカーのイメージカラーとなる色と同じボディカラーが人気となっています。
こういったボディカラーを持っているものであれば、その面だけを見れば高い査定額になるということになるようです。

これらの人気色は時代により移り変わりますので、時代背景を垣間見ることもできますね。