New article

買取店などで車を売るときに「果たしていくらぐらいになるのだろう」と心配になってしまうものですが、車種や年式、走行距離によっては「いくらぐらいになる」ではなく、それ以前に「果たして売れるのか?」ということで心配になってしまう場合もあります。
年式がかなり古いモデルだったり、走行距離が15万キロ以上になっていたり、比較的最近のモデルであってもほとんど見ることができないような超不人気車であったり・・・。

こういった車は買取金額以前に買取ができるのかということが問題になってくるわけですが、確かに売却することができない車もあります。
ただ、これはあくまでも車としてということで、他の観点で見れば、間違いなくどこかで売って現金化することができます。

車として売るということ

買取店が車を買うということは、それすなわちその車を中古車として販売するということです。
近年では買取店で買い取ったものを業者間で行う中古車オークションに出品して、それを中古車販売店などが競り落として中古車とする。
という流れができており、一部の大手買取店をのぞけば直接買い取った車をその店舗で売るということは少なくなりましたので、ある意味その車をいくらでオークションに流すのかというのは買取店の一存で決めることができます。

しかし、あまりに突拍子もない高い金額を付けて出品してしまえば入札されることが無くなってしまいますし、逆に極端に安い金額で手放してしまえば買取店としての利益が減ってしまいます。

そこで買取店では、中古車市場での中古車の売れ行きから判断した基準額を用いて買取金額を決めているのです。
その基準額は車種やグレード、年式、走行距離などのデータに加えて、どれだけ中古車市場で求められているのかといういわゆる需要傾向を用いて価値を決めています。
そうなるとどうしても年式の若いものや走行距離が短いもの、中古車として人気となっているものの価値が高くなる形になる一方、その正反対の古いモデル、走行距離が延びているモデル、中古車が全然売れないモデルは安くなってしまいます。

そして更に悪条件が重なると今度は中古車で全く求められていないといった状態、中古車販売店に並べても絶対売れない車ということにもなってしまいます。
こういった場合、買取店はそういった車の買取をやめます。
そりゃそうです。
中古車として売れないのであれば、中古車オークションにそういった車を出したとしても落札されることはないので一銭ももうからないわけですから当然です。

この状態が「車を買い取れない状態」ということになり、買取店で査定自体を断られたり、査定した時に金額がつかないといったことになるのです。

部品と金属として売る

買取店で買取金額がつかなかった、査定すら断られた、こういった状態になってしまうともうどこにも売れずに後は廃車手続きをするしかないのかと思ってしまうのではないでしょうか。
それは違います。
買取店の買取やディーラーでの下取りができないといった車でも売れるところはあります。
それが事故車買取店です。

事故車買取店と呼ばれるようになったのはそれほど昔のことではなく、昔は「自動車解体屋さん」などと呼ばれていたいわゆる解体業を営んでいるところです。
ここでは大事故を起こして修理不能になったような車や古くなって中古車としても使えないような車を解体して、まだ使えそうな部品などを取り外し、その部品を中古部品として販売したり、リビルトパーツの素材として業者などの転売することや使えない部品やボディやフレームなどを金属として回収し、それを転売することによってもうけを出している業者です。

最近は事故車買取店などと銘打って関係業者だけでなく、個人でも車を気軽に売れるようにと店舗を構えるようになったため最近注目されてきています。

この業者が求めているものは自動車ではなく、その自動車のついている部品や金属です。
ですから、年式が古かろうが走行距離が延びていようが、どこが壊れていようが基本的に全く関係なく取り外せる部品と金属があればそれでいいのです。

要するにここでは車を「車」として買い取るのではなく「金属と中古部品の塊」として買い取るのです。
ですから買取金額も中古車市場など全く関係なく、使えそうな部品の点数やボディパネルやフレーム傷み具合で決めることになります。

売れない車はもう車ではない

買取店などで売れなかった理由はその車を「車」としての価値でしか見ていないからです。
事故車買取店ではその点「車」とは見ておらず最終的には「鉄くず」として見ているから売ることができるのです。

金属としては自動車は恰好の素材です。
あれだけたくさんの金属を使って作られているのですから、それこそお金を払ってでも手に入れたいわけですね。
ただし、買取額としては数万円が良いところです。