New article

高額買取を目指すために、複数の買取店で査定を受けるのはもはや当たり前のものとなってきていますが、ただやみくもにたくさんの査定を受ければいいと言うものではありません。
より高い査定額を引き出すにはそれなりの方法があり、その中から査定を受ける時のコツなどを見いだしていくといいと思います。

 

買取店の気持ち

まず買取店側の気持ちを考えてみましょう。

複数の買取店で査定するという状況は買取店側として見れば、はっきり言って有難くない話です。
なぜならやはり店舗によって査定額の高い、安いがあって、高い査定額を出した買取店に客を取られてしまうからです。
かといって、高い査定額を出した金額に合わせるように上乗せしたのでは利益が減ってしまいますし下手をすると赤字もあり得るので、そう簡単には高い査定額を出すことができないのです、
しかし、安い査定額を出し続けてしまうと一向に車を買い取ることができず商売になりませんので、できれば他店との査定額と比較されたくないのです。

 

査定をたくさん受けるメリット

複数の買取店から査定を受けるメリットは多くありますが、以下の3つが主な理由になります。

また、デメリットは時間を必要とすることくらいでしょうか。

リアルな相場を知ることができる。

車を売ろうとして方であれば、インターネットなどで大まかな買取金額相場を調べることでしょう。
それを見て大体どれくらいになるのかということを想定して買取店の査定を受けることになると思いますが、インターネットなどで公開されている相場というのははっきり言ってタイムラグがあります。
どんなに早いWebサイトでも相場を調べてWeb上にアップするのには数日以上かかりますので、現在目にすることができる買取相場というのは少し前の時点での相場なのです。
現実的にはもっと安くなっているかもしれませんし、もしかしたらもっと高くなっているかもしれません。

相場の金額は買取店で出された査定額が妥当なものかどうかということの判断として使うことになるのですが、そのある意味自分の中での基準が間違っていたとしたら、それが無謀なる値上げ交渉や大損に繋がってしまうのです。
しかし、いろいろなところで査定を受けて、たくさんの査定額を目にすれば、自分だけの買取相場ができ、それもかなりリアルタイムな相場を知ることができるのです。
ですので、査定額が出たからといってすぐに契約してしまうのではなく、一度持ち帰るという形をとった方がいいと思います。
ただし、最近では中々持ち帰る客に対して査定額を明確に伝えてくれる買取店も少ないですが・・。

査定額アップに使える

買取店側が比較されることを嫌がっているのであれば、それを査定額アップとして使わない理由はないでしょう。
どんどん査定を受けてたくさんの査定額を手に入れ、それを値上げ交渉にうまく利用するのです。

ただ、残念なことに買取店側からは、何かを購入する時の「見積書」のような、査定額を明記した書類をまず出してくれません。
これも実は他店と比較されることを避けるためのことなのですが、どこどこの買取店でいくらという査定額が出たということを証明することができないということになります。
しかし、これは何も書類がなくても口頭で伝えても効果はあるので、査定を行って査定額が出た場合は必ず買取店名と日時、査定額をメモっておく必要があるでしょう。

そして、この他店での査定額をどうやって使うのかということですが、これは簡単です。
要するに「他店では○○円という査定額が出たのに××円にしかならないのはおかしい」といった方向性で攻めるか「他店での査定額より高くするのであれば、今すぐ契約書にサインしてもいいですよ」と契約の切り札として使うのがいいかと思います。

査定の時に使える

他店との比較・競合は何も査定額が出てからが勝負ではありません。
査定額が出される前から利用するとより効率的に事が進むことになります。

これは出張査定など買取店の店舗から離れた時に大きな効果をあらわすもので、まずは出張査定を申し込みます。
しかし、出張査定を申し込むのは一社ではなく、同じ日付、同じ時間に複数の出張買取を申し込むのです。
その時に他の買取店もやってくるということは伝えてはいけません。
そして、その当日ですが、とりあえず順番に買取店の査定額を教えてもらいそれを参考にしながら、こういうのです。

「査定額を見ましたが満足いかないので、もう一度査定額を出してください。その金額の中で一番高い金額のところで必ず売りますので一発回答でお願いします。」と・・・。

要するに自宅の前で複数の買取店同士を文字通り競合させ、オークションを開くのです。
買取店は非常に競争が激しい業界であって、どの買取店も他にとられるのを極端に嫌います。
そこで一発入札のオークション形式をとることでその部分を刺激するのです。

この状態でどうしてもこの車が欲しいと思っている買取店がいるとすれば、最初に出した査定額より必ず高い金額を出すことでしょう。
逆にそれほど欲しいと思っていない買取店はそこで降りるので、買取店の選別にも役に立つというわけです。

そこで気を付けていただきたいのが営業マンの動きです。
最近ではこういったことを行う方が増えてきているようで、それの対策のために買取店同士が談合して、あまり高い金額を出さないように相談することがあります。
実は出張査定を申し込む際に、他店も同じ時間に来るということを伝えないというものこれを防ぐ意味があったのです。
営業マンの間に入ったり、監視を行き届かせる必要があるでしょう。

この方法を使えばまず間違いなく単独で査定をして値上げ交渉をするよりは楽にそれでいて高い査定額を見ることができると思います。