New article

中古車買取業者が利益を得る方法は、いくつも存在します。
少し前からは、サービスの内容も色々と工夫され、業者ごとによって大きく変わってきており、多種多様な利益の確保の仕方が誕生しています。
しかし、そんな時代の流れの中でもオートオークションで利益を得る方法は、まだまだ健在でスタンダード。

今回は、そんな「オートオークション」について触れていきます。
業者側のお話になりますが、車査定を依頼する前に知識として持っておけば何かの役に立つかもしれませんので、ぜひ一度読んでみてください。

 

自動車のオークションが行われる場所

端的に言ってしまえば、中古車のオークション会場となります。
それ以上でも、それ以下でもありません。
ただただ中古車のオークションが行われているというだけの場所。
したがって、このオートオークションのことを中古車オークションと呼称することもあるわけですね。

もう少し具体的にお話をしていくと…車のオーナーが中古車買取業者に買取りを依頼します。
いわゆる車査定で、まずオーナーと買取業者の取引が行われます。
車を買取った業者は、この車を売るために「オートオークション」を利用するというわけです。
そして、オートオークションに出品された中古車を買い取っていく(落札する)のが、中古車販売業者になります。
中古車販売業者は、買い取った中古車を店頭に並べ、最終的に新しいオーナーへ売るという流れに。

これを見ても分かる通り、オートオークションとは中古車の売買をする上で、重要な役割を担っている「サービス」になるのです。

 

どのような人間がオートオークションを利用するのか?

では、このオートオークションはどのような方々が利用しているのか?が気になるところかと。
先にお話したように、当然、買取業者と販売業者が主な利用者になります。

余談ですが、このオートオークションは「試乗することはできない」という大きなデメリットがあります。
中古車販売業者は、この状態で「状態が少しでも良い中古車」を探さないといけないため、車の状態を見抜く実力がなければなりません。
これぞプロのワザといえるような目利きを駆使して利益を上げているわけですね。

最近では個人が代行業者を通して利用している

買取業者と販売業者の利用者が大半だったオートオークションですが、少し前から状況が変わりつつあります。
それが、個人で愛車を出品したり、目的の中古車を探して落札をしたりする流れ。
オートオークションに参加するには資格が必要となっていますので、この売買を代行してくれる業者も存在してきています。

実を言うと、この手の利用者は昔から存在していましたが、今ほど多くの利用者が居たわけではありません。
とあるきっかけがあって利用者が増えてきたのです。
それが「インターネット」。
少しでも高く売る方法、少しでも安く手に入れる方法というのが、ネット上で公開されるようになり現在に至っているわけです。
そして、代行業者もこのインターネットがきっかけで存在が知れ渡り、利用者も増加しているのです。
結果、昨今のオートオークション利用者は、中古車買取・販売業者以外にも個人利用の方すなわちオークション代行業者と…多くの人で賑わっています。

 

そもそもオートオークションって誰が運営をしているのか?

オートオークションに対するよくある勘違いの1つに「運営しているのは財団法人のような公的な団体が取りまとめをしているということ」が挙げられます。
そんなことはなく…ごくごく普通の企業が運営しています。
だからこそ「オートオークションはサービス」と伝えさせてもらったのです。
大手ネットオークションで有名な某サイトがいくつかあるかと思いますが、それらも公的な団体というわけではありませんよね。
乱暴な言い方になりますが、オートオークションもそれと同じで、このような会場・仲介で利益を上げている企業が日本全国に存在しているのです。

日本全国に存在するオートオークション

日本全国に企業が存在するということであれば、当然、日本全国でオートオークション会場が存在することになります。
各都道府県に複数箇所あるので、非常に多いです。
それだけ頻繁にオークションが行われている状況で、それだけ中古車が多く取引されているということになります。

余談ですが、春になる直前では新社会人が多く購入することになるため、非常に活発に行われているのです。
このような時期を狙って車査定に出すと高額査定が期待できます。
ともあれ、オートオークションは兎にも角にも中古車の売買を仲介してくれる場所と認識しておけば間違いありません。

もうひとつ余談ですが、実はオートオークションで中古車を競り落として、違うオートオークションへ出品して利益を上げている業者も存在しているんです。
オートオークションで競り落とし違うオートオークション会場で転売する業者も存在するで詳しくお話しをしていますので、ご興味がある方は読んでみて下さい。