New article

自動車の売却は単に金銭の授受だけではありません。
法律に基づいた手続きを行う必要があり、それに使う書類を用意しなければなりません。

 

査定の時に必要な書類

まずは買取店での買取金額を決めるために行う査定ですが、はっきり言って査定に関してはこれといって書類は必要ありません。

そもそも査定という行為はなくてもかまわないもので、あくまでも売り手側の個人や法人と買い手側の買取店との間で公平な価値判断を行うといった形で行われるだけです。
もちろんこれに法的な決まりは一切なく、その方法すら決められていません。
ですので、査定段階としては必要書類はなにも用意する必要はありません。

ただ、あえて言えば査定の時に年式や型式、所有者などを確認する必要があるので自動車検査証、いわゆる車検証と整備状況を確認するために整備記録簿や点検簿などといわれる定期点検の記録が書かれているものがあればいいでしょう。

 

売却の時に必要な書類

査定が終わり、提示された査定額で満足したのであれば次の段階が売却です。
売却は車を渡してその対価となる金銭をもらうだけではなく、法律で決められた名義変更という手続きもしなければなりません。
名義変更は名義を受け渡す側と受ける側、双方の同意のうえで行うもので、本来は各々が陸運局などに出向いてその場で行うものなのですが、買取店では名義を受け渡す側、いわゆる車を売りに来た人間からの委任をうけて、すべての手続きを買取店側が行うといった形で行います。
そのため最低限必要な書類の他に委任を証明する書類が必要でそれがないと手続きをすることができません。

それではどんな書類が必要か見てみましょう。

自動車検査証

まずは何はなくとも車検証です。
車検証は自動車の戸籍謄本みたいなものですから、持ち主が変わる名義変更手続きにはなくはならないものです。
これはグローブボックスなどに常に入っているのであえて用意する必要はないでしょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険は自動車の所有者であれば誰もが加入しなければならないものですので、それの確認をする意味と、所有者が変わることによって被保険者も変わる形になり、その手続きもしなければならないため証書が必要になります。
この書類も運転中は常に持っていなければなりませんので車検証と一緒にグローブボックスなどに入っていることでしょう。

自動車税納税証明書

名義変更をするにはその年、または前年の自動車税の納税していなければできません。
その証明として自動車税納税証明書が必要になります。
通常は税金の払い込み用紙の一部が納税証明書となっており、支払いを済ませてあれば必ずあるはずです。
もしなくしてしまった場合は税務署などに申請すれば違う様式の納税証明書をもらうことができます。

リサイクル預託証明書

いわゆるリサイクル券というもの、車の所有者はその車が廃車になった時の費用をあらかじめ支払っておかなければならないという法律に則ってその費用を払っています。
その費用を支払ってあるという証明としてあるのが通称リサイクル券と呼ばれるリサイクル預託証明書です。
これはリサイクル費用を支払っている証明の他にも所有者が変わることによってリサイクル費用の支払い義務も新しい所有者となるため、その変更手続きにも必要になります。
これも車検証入れなどに入れっぱなしになっていることが多いと思われます。

印鑑登録証明書

これは委任状や譲渡証明書に実印を押す必要があるため、その実印が本物の実印であるということを証明するために必要となるものです。
通常ではこの書類だけお役所に取りに行く必要があります。
この書類がなくても後日取得して買取店に届けてもいいですが、ことをスムーズに運ばせるためには買取店に査定を依頼する前に予め取っておいた方がいいでしょう。
なお、軽自動車の場合は実印を使用しませんので必要ありません。

譲渡証明書・委任状

譲渡証明書は車の所有者が新しい所有者に名義を変更することを証明するための書類、委任状は名義変更のための手続き全てを買取店側に委任することを証明する書類でどちらもこちら側で用意する必要はなく、すべて買取店が用意してくれるので、そこに署名と実印を押印するだけで作ることができます。

変更項目がある時

車検証の住所と印鑑登録証明書の住所が違う場合、要するに過去に住所変更手続きをきちっと行っていない場合は、別途住民票や戸籍謄本などが必要になります。
状況によって必要となる書類が違いますので、買取店の指示に従って必要な書類をお役所などに取りに行きましょう。

 

自動車ローンを組んでいる場合

自動車ローンを組んでその車を購入し、いまだローンを支払い続けている場合は通常の書類の他に所有権解除を行うための書類が必要です。
必要なものは所有者の譲渡証明書、委任状、印鑑登録証明書、それから自分の印鑑登録証明書、委任状、自動車税納税証明書、車検証などで、自分側のものは通常の名義変更のための書類と同じようなものですで、用意できるものは複数枚取得しておくだけで済みますが所有者側、いわゆるローン会社やディーラーの書類は集めるのに少々手間がかかってしまいます。
しかし買取店ではそういった手続きも含め、所有権解除の手続きもすべて行ってくれるので任せておけばいいと思います。

こうしてみると査定から売却までに必要な書類のほとんどは買取店に用意されているか、常に車や家にあるものばかりで、あえて取得しに行かなければならないものといえば印鑑登録証明書ぐらいなものということになります。
ローンが残っている車を売る方法でも自動車ローンを組んでいる場合の売却方法をお話ししていますので、参考にしてみて下さい。