New article

買取店で査定を行い、査定額が出されても絶対にその金額ですぐにOKを出してしまってはいけません。
なぜならその金額はその車の正しい価値ではないからです。
そもそも買取店は常に1円でも安く買い取ろうとするところですので、最初からその車の価値として妥当な金額を言ってくるわけがありません。

例えば、もしあなたが知人から何かを買い取ろうとした時にその金額をあなたが決めていいと言うことになったら、いくらぐらいの金額を出すでしょうか。
たぶん法外とも言っていいような、かなり安い金額を言うことでしょう。

ではその安い金額を思いついたのはなぜですか?
答えは誰も一緒で少しでも安く買いたいと思っているからです。
相手に断られる可能性が高くても、もしかしたらその金額で売ってくれるかもしれないということで安い金額を言ったのではないのでしょうか。
実は買取店も同じで、例え300万円の価値が有る車だとしても最初は200万円などという査定額を言ってくるものなのです。
査定士は初期提示額は最低ラインを伝えてくるものでも詳しく事例を交えてお話しをしていますので参考にしてみて下さい。

 

値上げされることを覚悟の上

安い金額を最初にぶつけられた場合どうなるでしょう。
最初にいった安い査定額でOKを出してくれれば買取店としては御の字で、稀にその最初の金額で簡単にOKを出してしまう、お金に困っていない人や車の価値が全く分かっていない人、相場など全く眼中にない方などもいるので全くないわけではありません。
しかし、通常ではその金額にOKすることはなく値上げ交渉をされるわけです。

値上げ交渉となるとまずは最初にいわれた金額からスタートすることになることが多く、そこからああでもないこうでもないと言いながらじりじりと査定額が上がっていくものですが、例えばそのスタート金額が200万円から始まるのと250万円から始まるのとどちらが最終的に安くなる可能性が高いでしょうか?
当然ですが200万円という低い方の金額からスタートした方が安くなることが多いはずです。
250万円からスタートして300万円になった時点で300万円の大台に乗ったということでOKを出すことになれば、買取金額300万円で契約です。
しかし、200万円からスタートして同じ値上げ幅となって250万円というキリのいい金額でOKされたら50万円も安く買い取ることができるというわけです。
もちろんこのような形にならないこともありますが、可能性としてはこういったことが考えられるので、いわゆるオークションの開始価格ではありせんが、スタート金額をできるだけ安く設定して値上げ交渉となっても想定よりは高くならないようにしているのです。

 

査定額で相手をうかがう

値上げ交渉に持ち込まれた時の一種の保険的な役割で最初は安い金額を言ってくるものですが、それと同時にその金額を出した時の相手の反応も見るということにも最初の査定額をうまく利用しています。

最初に出した査定額を聞いて、それほど驚かずにフンフンと聞いているような方ははっきり言って高い査定額を要求してくることはないと判断します。
こういった方はほとんどの場合、その車がどれくらいの値段で売れるかという相場のことが全く分かっていない方で、言われた金額がそれが高いのか安いのかの判断すらつかないのです。
そのため、かなり安い金額を言われても特に驚きもせず、あたかも納得したような返事をしてしまうのです。

こういった反応をしたときは買取店側はかなり強気で攻めてきます。
かなり安い金額であるのにも関わらず常套手段である「中古車相場が安くなっているからこれでも高い金額なのですよ」「人気のないボディカラーなのでこれが精いっぱいです」などといい始めるのです。
そもそも相場など価値観が全く分かっていない方にとっては、その言われたことがすべてであって、その金額で納得してしまうか、あるいは数万円の値上げだけで契約に持ち込まれてしまうのです。

逆に査定額を言われた時に非常に嫌な顔をした人や怒りをあらわにする人は、その車の価値や買取相場などをある程度知っている人で、そこから値上げ交渉の猛攻撃を始めるという判断をします。
買取店側にしてみれば一番厄介な相手ですね。

そういった方はいろいろな手段を講じて金額を上げようとし、中には他店舗の査定額を言ってくるなど値上げ交渉に用意周到な一面を持つことが多いので、こういった場合は買取店としてはわずかな値上げ幅ではなく、ある程度大きな値上げなどを行って相手を落ち着かせようとします。
たぶんこういった方の場合は買取店側でもビクビクもので、中にはベテランの上司に電話をしてその上司が指示を出すようになることもあります。
要するに相手の出方をうかがうためにまずは安い査定額を言って、その反応によってそこからの交渉手段を考えて値上げ交渉に臨むということなのです。

 

とりあえず拒絶する

これらの事から分かることは、最初に出される査定額はあくまでも「ちょっと言ってみただけ」といった性質を持つもので、確実に正当な金額ではないということです。
正当ではない査定額で手を売ってしまうことほど勿体ないことはありません。
ですので、何も分からない状態でもとりあえずは一度拒絶するべきで、最初に出された査定額でOKを出してしまい契約をしてしまうのはかなりの損をすることだと思っておくべきなのです。
絶対に1社目から即決はしないこと、これが重要です。