New article

買取店の査定は車種や年式、走行距離などではじき出した基本となる金額に現物から得られたものによる増額、減額をすることで最終的な査定額を算出するという形で行われます。(実際には交渉による価格変動も大きく影響して来ます。)
とはいっても、増額される部分は非常に少なく、安く買い取りたい買取店らしく減額することが多くなります。
そういうことであれば、高い査定額を目指すためには、増額されるポイントを突くよりも減額されるものを少なくすることが最大の高額買取術となるのではないかと思われます。
極端なことを言いますと減額される部分をしらみつぶしに消していくことで高額買取が可能になるということです。

 

減額対象となるもの

買取店ではとにかくいろいろな部分で減額をしようとしてきます。
それはやはり安く買って高く売ることで利益を得るといった業務形態を持っているからで、これは商売としては当たり前のことですから仕方ありません。

ただ、やみくもに減額していくといった過去によくあった悪徳買取店のようなことをすることはなく、買取店側から言わせれば、きちんとした減額対象、正当性のある理由があって減額にするということにしています。
逆にいえば、その減額対象となっている事柄がこれから査定を受ける車になければ、減額されることはなく査定額が高くなるということで、それにはまず、どういったものが減額対象となるのかということを理解しておかなければなりません。

 

外観

外観はとにかくきれいで、生産ラインを降りた時の状態により近い方が良しとされます。
しかし、それなりに使っていれば塗装は色あせるしツヤもなくなり、場合によって傷などもついてしまうことでしょう。
ただ、査定においてはそこまで厳しい目で見ることはなく、経年劣化などは基本的に無視されます。

減額対象となりやすいのは、深いキズやへこみ、極端な色あせ、サビ、へたな鈑金修理といったところでしょうか、
深いキズやへこみは、あまり大きな減額とはなりませんが、そのキズやへこみが入っている場所が非常に目立つところの場合は大きな減額となります。
塗装の色あせは、全体的に同じように色あせしているのはほとんど影響しませんが、機械式駐車場などに長期間止め続けた時にできるルーフやボンネットフード、トランクリッドなどの部分的な色あせ、ひどいものですとシミのように見えるところまでいくと大幅減額となります。
ちなみに、1cm未満の傷や凹みは減額対象外となります。

サビはちょっとこすればとれるような表面的なものはたいした金額にはなりませんが、下回りなどによくある中までしっかり錆が回っている場合は減額が大きくなります。
そして、へたな鈑金修理や塗装はむしろ何もしていない方が好印象で場所によってはかなりの金額が差し引かれることになります。

 

内装

内装も外観と同じぐらい見た目による影響が大きいところです。
特にシートは厳しくみられるようで、亀裂や破れがあるのは当然のこと、本革シートのひび割れや合成皮革シートなどによくある表面が剥がれてしまっている状態は大幅減額です。

それからシート表面の汚れやシミも減額対象になります。
特にミニバンは内装が価値を決めるといった傾向があるので、キャビン内で一番面積の広いシートの汚れや良し悪しなどは、かなり大きな減額ポイントとなります。

 

エンジン回り

エンジンやトランスミッションは車の心臓部といって良いほど重要なところですので、これらの部分に何かしらの故障やトラブルなどがある場合は、多額の減額やひどい場合ですと買取不能となることがあります。
エンジンオイル漏れ、冷却水漏れ、トランスミッションオイル漏れ、デフオイル漏れなどは発見され次第、減額となります。
それからエンジンの不調、トランスミッションの変速の不具合、クラッチやトルクコンバーターの滑り、大きなバックラッシュなどは乗ってみないとわかりませんので、売買契約後の再査定で発見されることになるかもしれません。

これらの減額はかなり大きくなることが予想され、最悪「買取できません」ということにもなる可能性があります。

 

アクセサリー系

車につけられているちょっとした電装品やアクセサリーは、査定額にほとんど影響を与えませんが、カーナビやAVシステムなどが付けられている場合は、それがメーカーオプションのものであれば増額になることがあります。
ディーラーオプションや社外品でも増額になることがありますが、ほとんどの場合は影響なしといったことになります。
しかし、これらのものでも例えばCDは聞くことができるが、どういうわけかDVDは認識しない、ウーファーはなるがツィーターの片方だけ音が鳴らないという場合は大きな減額となります。

こういったものはすべてが完璧に機能して初めて価値を生み出すものであるため、たった一か所でもたった一つの機能でも動かない機能しないということでは、ないのと同じなのです。
むしろオーディオレスの状態で査定に出した方が良いという場合もあるくらいです。
そりゃそうです、壊れているものは取り外さなければなりませんし、それにもお金がかかるからです。

アクセサリー類やオーディオ類はすべてが完全に機能してはじめて「つけられている状態」ということを理解しておきましょう。

 

派手なドレスアップ

派手なドレスアップをしている車をそのまま査定に出すことはおすすめできません。
なぜなら間違いなく減額対象となるからです。

買取店では買い取った車をほとんどの場合、中古車オークションで転売する形をとります。
その時に派手なドレスアップをしている車は、非常に偏った需要しか得ることができず、一般の方には敬遠される傾向があるのです。

ドレスアップはオーナーの考え方が具現化されたもので、趣味趣向によっていいもの、悪いものが決められるものです。
要するに同じ趣味趣向を持った方であればそれは良いものという判断をすることになりますが、そうではない大多数の方はいくら条件のよい中古車でも買うことはないということです。

特に気をつけたいポイントは、メッキパーツ、大きなエクステリアパーツ、大径アルミホイール。
メッキパーツは好き嫌いがはっきりしていますし、大きなエクステリアパーツは乗る人を選びます。
大径アルミホイールは、車によっては運転している人を疑いたくなりますし、アルミホイールほどデザインの好みが人それぞれであるものはありません。

基本的にドレスアップは純正パーツの範囲内で行うのがよく、場合によっては増額になることもありますが、社外品で大ぶりで派手なものはほとんど減額対象となりますので、できる事ならば取り外してから査定に出すといいかと思います。
また、カスタムカー専門店などに査定に出すのが良い結果になる可能性は高くなるでしょう。