New article

買取店で自分の車を売るときはできるだけ高く買ってもらいたいものですが、ほとんどの場合、自分が思っている金額と買取店側が出してくる金額とに差がかなりあるものです。
これにはやはり自分が大事に乗ってきたという愛着もありますし、自分の中では最高の車と思って乗っていたので、高い価値がついても当然と思ってしまうので仕方がないことだと思います。
また、買い替える車の購入費用に充てたいという思いからも希望額は高く見積もってしまうものです。

しかし、買取店側は商売です。
買取店は「安く買って高く売る」という基本的なスタンスがあるため、そのような愛着や思い入れなど全く考えてはくれず、ひたすら1円でも安く買い取ろうとしますのでこちらも仕方がないことだと思います。
ですから、こちらも複数店舗に査定を依頼して競合させるのですけどね。

 

安く買うのに必死

買取店はとにかく目の前にある車を少しでも安く買おうと躍起になります。
そのため、買取店側はいろいろな手段を使って安く買い取ろうとします。

よくあるのが車の状態での判断、車の状態ほどあいまいな判断材料はありません。
よくキズ一本あるといくらマイナスとか、へこみが大きいと数万円もマイナスになるといったことが言われていますが、はっきり言ってそういったことはあてにならず、ほとんどの場合、査定する人間のさじ加減一つといっていいでしょう。

例えば、買取店側の想定範囲内で済みそうな場合は気をよくして、キズに対する減額などほとんどないでしょう。
しかし、想定以上の金額になりそうな気配で、更にたくさんのプラス要因がありそうな場合は、小さなキズも一つ残らずマイナスしていくことでしょう。

それ以外にも走行距離や年式に関してもいろいろ言って安くさせようとします。
この場合も安い金額で買い取れそうな雰囲気の場合は、同じ50000キロでも「あまり乗っていませんので高くしておきます」といってプラス5000円ぐらいにしますが、非の打ちどころがなく高値になると思うと「50000キロとかなり乗っていますのでそれ以上の値上げは無理です」などといってくるのです。
そして極め付けが最初に提示される査定額は最低額を提示されます。

実例をあげてみると、ある買取店で車を売るために査定をしてもらいました。
いろいろ相場的なものを調べていったのである程度はどのくらいの金額になるかはわかっていたのですが、買取店が出した最初の査定額ときたら、調べてきた相場よりもはるかに安い30万円という金額でした。
相場では60万円ぐらいは確実かと思っていたのでかなりがっかりしたそうです。

そこでいろいろと値上げ交渉を行い、なんとか40万円ぐらいにまで査定額を釣り上げたのですが、交渉はそこまでとなり、最終的な査定額は40万円となってしまいました。
もちろんそのような金額では売ることはできませんので、その場は契約をせずに帰ってきたそうです。

そして数日後ですが、別の買取店で査定をしたのですが、その時も最初は35万円といわれたのですがどうにかこうにか65万円ぐらいまで値上げすることができましたが、営業マンの態度があまりにもう横柄だったので保留ということでそこでも売却しませんでした。

その後しばらく経ってですが、最初に査定を行った買取店から電話があり、その後どうなったのかということを聞いてきました。
そこで正直に他の買取店へ行って査定をして65万円という査定額が出たことと、いまだ保留にしてあるということを伝えたら、急に態度を変えて70万円で買い取らせてくださいといいだしてきたのです。

最近は一括査定などもあることから、買取店をはしごする方が多く一か所でダメであれば他のところに行くということを買取店側も知っており、保留にして帰った後、しばらくたってから電話などで様子伺いをすることが多くなっているようです。
もちろん相場よりも高くなったので、その買取店で売ることにしましたが、その金額で買い取ることができるなら最初から30万円などといった安い金額を出さないで最初から70万円といってくれれば、すぐにでも契約したのにと本人は言っていました。
実はこういったことは買取店ではよくあることで、最初は必ずとんでもなく低い査定額を言ってくるのが常套手段となっているのです。

これは前述したようなはしごをする方が多いからとも言われています。
買取店側としては必ず売ってもらえるなら最初から最高額を言うことも可能なのですが、はしごすると分かっている人に対して最初から最高額を言ってしまうと次の業者が「その金額に1万円プラスしますから決めて下さい」と言われてしまい負けてしまうのです。
こういった業者間同士の競合もあるので、最初は低い額しか言えないという裏事情も絡んでいるようです。

 

あわよくば安く買えるかも

この他にも、査定額を最初は安く言うのには理由があります。
それはあわよくば安く買えるかもしれないという淡い期待です。

例えば、相場的には100万円で買い取られる車があったとします。
その時、買取店は決まって、30万円とか50万円とかはるかに安い査定額を言い出しますが、普通ではここで、いろいろと値上げ交渉などを行い査定額を上げていくことになります。
しかし、車のことをあまり分かっていない方や女性などではそれが妥当な金額と思い込み、すぐにその金額でOKを出してしまうことがあるのです。
中には値上げ交渉ができないものと思い込んでいる人や値上げ交渉をするのが恥ずかしいことだと思っている方もいるようですので、意外と二つ返事で契約してしまう方が多いらしいのです。
買取店はこれをまず狙います。

そして、もう一つに値上げ交渉を前提とした査定額を伝えるということもあります。
100万円で買うのが妥当な車で50万円といい、そこから値上げ交渉によって80万円になったとしたら、売る側も30万円も値上げしてもらったということで満足でしょうし、買取店としても相場よりも20万円も安く買って売り上げ成績が増えたということになるのです。
いわゆる余裕残しというもので、そのために最初はかなり安い査定額とするのです。

最近ではインターネット上で買取店の評判などを気軽の書き込める環境が出来上がっているので、いくら安く買いたいと思っていても無茶なことはできません。
すぐに書き込まれてしまい、お店の評判が悪くなりますから・・・。
そこで表向きはお互い満足の上で契約を結んだということにしなければ後が怖いのです。
そのため買取店はこういった巧みな策を講じて、できるだけ安く買い取ろうとするのです。

安く売らされるのを防止する為には複数の業者に査定を依頼することです。
これが初めて車を売ろうと思っている方でも簡単に高く売る方法ですからね。