New article

車が好きでショップでいろいろなものを付けたり、自分でいじったりする方も結構いると思いますが、そういった車を買取店で売却する場合には注意する必要があります。

何を注意しなければならないのかというとそれは後から付けたパーツや自分でいじった部分が合法なのかということです。
公道を走るための自動車は、国が定めた保安基準に適合していなければなりませんが、公道を走ることを想定した車の売買に関してもその保安基準に合った車でなければなりません。
要するに保安基準に適合していない車の売買を行うと買取店や中古車販売店が国からお叱りを受けるということで、通常では買取店はいわゆる「違法改造車」を買い取らないのです。

自分が好きなように車を改造して、保安基準に適合していない車を公道で運転するのは結構です。
捕まるのは自分ですし、反則金の支払いや免許の点数が減点されるのも自分で、自分以外の誰も損はしませんから自己責任で行うのはいいでしょう。
しかし、そういったものを売買することが禁止されているので買取店としてはそういった車を持ち込まれてもいい迷惑ですし、絶対に買取らないのです。
ただ、買取らないのはあくまでも違法改造車だけであって、適法の改造車は買取ることができます。

 

改造車とは

改造車というと何か悪いことをしているかのような印象を持つと思いますが、法律違反をしていない改造車もあり、もちろん保安基準に適合している改造車もあるのです。

そもそも改造車とはノーマル状態とは違う状態の車のことを差し、極端な言い方をすれば、純正アルミホイールではなく、社外品のアルミホイールを付けたものも改造車といっていいでしょう。
当然ですが、ノーマルと全く同じサイズのアルミホイールに交換しても保安基準に反することはなく、いたって合法な車となるわけですが、こういった車のことを改造車は改造車でも「合法改造車」と呼びます。
一方、保安基準で定められたことに対して反する行為を行っているものを「違法改造車」といいます。
買取店などで売買が禁止されているのはこの違法改造車であって、合法改造車は全く関係のないことなのです。

 

違法改造車とは

違法改造車でよくあるのがタイヤやホイールのはみ出し、これはタイヤやホイールがボディからはみ出したことによって、車両寸法が変わってしまうこと、それから危険な突起物があるということに反するため、ボディより外側に出てしまうものはすべて違法となります。
また、排気音量、最近では法律が改正され、停止状態での音量の他に加速時の音量も定められるようになり、その音量を上回る音を出す排気系パーツを付けているものは違法となります。

それとこれは意外と知らず知らずのうちに行っていることなのですが、エアロパーツの取り付けです。
エアロパーツは本来は速く走るための空力特性を向上させるためにつけられるものですが、最近ではドレスアップのためとして使われることが多く、ミニバンや軽自動車などにつけられているものはほとんどがその類です。
エアロパーツの何がいけないかというとどうしても見た目をかっこよくしたいがために、どうしても派手なものや大きなものを好む傾向があり、そういったものを取り付けるとほとんどの場合、車両寸法よりはみ出してしまうことになります。
これは社外品だけにあるものですが、ミニバンによくある大型ルーフスポイラーでは、全高がオーバーしてしまいますし、スポーツモデルなどにつけられることが多いGTウィングは全幅がオーバーすることがあります。

足回りですが、最近は規制が若干甘くなったのでこの部分を違反している車は少なりましたが、ヤンキー車などでは規制値である最低地上高90mmより低くしている車が結構あるのでこういったものは違法改造車として扱われます。
それ以外にもいろいろなものがありますが、どの場合も車検対応パーツというものがあり、マフラーでは音量を抑えたもの、エアロパーツでは車両寸法内に収まる大きさのもの、サスペンションでは車高を調整することができるものといった形で、保安基準に適合させたものが販売されており、それを付ければ違法改造車ではなく、合法改造車となりますので、買取店での売買は可能となります。

 

改造車は専門店で

違法改造車はもちろんどの買取店も中古車販売店も買い取ってはくれません。
買い取ってくれるとすると、ある意味かかわりを持たない方がいいところだと思います。

一方、合法改造車は法律的には買取店で売却することができますが、買取店はあまり喜びません。
なぜなら需要に大きな偏りがあるからです。

同じ車でもドノーマルはある意味、万民に受け入れられる車となりますが、改造車はそういった趣向性を持つ方の需要だけしかないのでノーマルのものより売れる確率が少ないのです。
買取店も商売ですから危ない橋は渡ろうとはしませんので、買取ることは買取りますが保険の意味も含めてかなり安い金額になってしまいます。

もし合法改造車を売るのであれば、一般の買取店ではなくドレスアップモデルであればドレスアップカー専門店、チューニングカーであればチューニングカー専門店といった限定された車種だけを取り扱う買取店や中古車販売店の買取サービスを利用した方がいいでしょう。
一般の買取店ではメリットとはならない部分もそういったところであればきちんと評価してくれるので、買取金額自体も高くなる傾向にあります。
また、純正パーツも保管しておき売却の際にはそれを付けると評価はさらに上がる可能性があります。