New article

自分の車を高く売るため、傷があるない、オプションが付いている付いていないといった点にこだわることが多いですが、確かにそういったことも買取金額に多少影響を与えるのは事実です。
しかし、それだけで大幅に買取金額が動くことはなく、大きくても10万円から十数万円がいいところです。
では、どういったことで買取金額に大きな違いが生まれてくるのかというと、それは買取店ごとにある価値観や方針です。

 

査定額を上げるのに必要なこと

買取店により大きく査定額が違う理由でもお話しをしているように、買取店はどの店舗もどのチェーン店も独自の判断で査定額をはじき出します。
ということは同じ車でも買取店によって買取金額が違うということです。
買取店ごとに買取金額が違うということであれば、高い金額で車を売ろうとしている側として見れば、より高く買い取ってくれるところの方がいいわけで、現に一括査定サイトなどを使って複数の買取店の査定を受けてから売却する方も多くなっていることからもそういった傾向が強いことがうかがえます。

そういった中で、利益率はさておき、できるだけたくさんの車を買い取って、たくさんの車を中古車オークションに流したい買取店は、査定の依頼を受けた車をどうにかして買い取りたいわけですが、査定額をあまり高くしてしまうと一台当たりの利益が少なくなってくるので、相手の様子を見ながらどうしても低い金額からの交渉という形になってしまいます。
そしてそこからが値上げ交渉ということになるのですが、ただ単に「もっと高くしてください!」とか「最低でも100万円すると思うのですが・・・」といったような説得力の無い交渉はほとんど効果がありません。
値上げ交渉には何はなくとも説得力のある言葉が必要なのです。

 

説得力のあるもの

値上げ交渉をする際に「100万円にしてください」といってそれはまかり通りません。
なぜならその「100万円」裏付けがないからです。
100万円欲しいから100万円なのかもしれませんし、勝手に100万円ぐらいの価値が有ると思い込んでいるだけかもしれません。
車を買い取ってそれを転売することで儲けている買取店がそのような生易しい理由で値上げしてくれるわけがありません。
そこで明確な裏付けがあり説得力のあるものが欲しいわけで、それが他店での査定額です。

査定額は買取店ごとに違うと冒頭でいいましたが、一般の買取店同士であれば極端に違うことはありません。
あったとしても50万円前後でしょう。
ということは価値観もそれほど極端に違うことはなく、他の買取店で出した金額を今査定を行っている買取店でも出せない訳がないのです。
そこで今査定を行っている買取店での値上げ交渉で他店での査定額を持ち出すことはかなりの効果があるのです。

買取店は書面など残る形で査定額を出すのを嫌いますので、よほど金額に自信があるところ以外ではほとんどの場合、その査定額を証明できるような書類などを出すことはありません。
ですので、その査定額を証明する手段はないのですが、営業マンは経験からその査定額が信憑性のあるものかどうかを判断することができ、他店での査定額が裏付けのあるデータとして扱うことができるのです。
買取店は、できれば目の前にある車を今すぐににでも買取りたいわけですから、他店での査定額を言われてしまえば、その金額を考慮した査定額になる可能性が高まるということです。

 

自分のペースに引き込む

値上げ交渉で一番重要なのはその場の雰囲気です。
その場の雰囲気といっても何も和やかな方がいいと言うことではなく、どちらに主導権があるのかということです。

買取店では基本的には買取店側主導です。
なぜなら買取店の価値観に委ねて最初の査定額を知ることになるのでそれは仕方がないと思います。
ただ、そこから値上げ交渉といった形になった時は理想としては売り側主導になりたいものです。

しかし、相手の営業マンは百戦錬磨です。
それもそのはず、一日に何台もの査定を行い何回も値上げ交渉をされているので、査定額が高くならないような方法や切り札的な言葉をたくさん知っていることでしょう。
ですので、どうしても買取店側主導での値上げ交渉ということになってしまいがちなのですが、ここで一気に形勢逆転することができるのが他店との比較です。

前述の理由から買取店は他店と査定額を比較されることを極端に嫌います。
比較され、他店の査定額の方が高ければ高くせざるを得なくなるからです。

その嫌うものを前面に押し出していけば相手は困ることになり、それによって売る側が主導権を握り有利に立つことができるのです。
実は値上げ交渉というものはちょっと意地悪ですが、買取店側が困るような言葉が詰まるような状態にするのが一番で、そういった形勢に持ち込むためには説得力のある他店での査定額を持ち出すのが一番効果的なのです。