New article

買取店の買取金額は高い、この車は買取店より専門店の方が良いなど、車を高く売るためにいろいろな情報が出回っていますが、中にはその業界の人間でしか知りえないような突っ込んだ情報や、それとは全く逆の出まかせにしか聞こえないようなものまで含まれています。

その情報の中から正しいと思われる情報を自らが抜き出し、その的確と思われる情報を使って高額買取を目指すわけですが、それらの情報は中古車市場にある3つの相場から生まれていることが多いようです。

3つの相場とは

中古車市場とは広くは中古車の売買を扱うすべての業者、買取店や中古車販売店、一部のディーラーや業者間だけで行われる中古車オークションや販売、流通などの総称です。
その中によく使われる相場があり、主に中古車市場はそれら3つの相場によって取引がされているのです。

買取相場

買取相場は一般消費者に身近な相場で、いわゆる買取店や中古車販売店の買取サービスの買取金額であるといっていいものです。

買取店では、店舗ごとに買取査定額が違うことからもわかるように独自の買取基準を持っており、それによって査定額を出すことになるのですが、その買取店ごとの買取基準額も実はこの買取相場(大元は流通相場)を参照して作られているのです。
買取店ごとに違う査定額が出されても、どの金額もそれほど大きな違いがないのもそういった理由があるからです。(ただし、初期段階での査定額と最終的な交渉後の査定額では大きな差が生まれることが多々あります。)

この相場は3つある相場の中で一番低い金額を持つことになり、この金額に買取店や一部の中古車販売店の利益や手数料、陸送費用などを加えたものが、次の段階の相場である流通相場ということになります。

流通相場

流通相場は、買取店などで買い取られた車が、業者間だけで行う中古車オークションに出品し落札された時の金額の相場となります。
3つの相場の中では、一般消費者の一番縁遠いところにあるもので、一般的にこの相場が出回ることはありません。

買取店などはこの流通相場を参照し、陸送費はいくらぐらいかかるかとか車の修理費用をいくらぐらいにするかとか、店舗の利益としていくらぐらい確保しておくかといったことを考えながら、実際に使う買取基準表などを作成しています。
ただ、オークションでの相場ですので非常に不安定で、先週まで常識であったと思われる金額が今週ではかなり高い金額となったり、安い金額になったりということもざらにあるようです。

市場相場

買取相場と同じように一般消費者に身近な相場となるのが市場相場です。
市場といっても、中古車市場全体ではなく、要するに買い取った車が初めて中古車という名前に代わる中古車販売店での販売価格の相場となります。

この中古車販売店で商品として販売されるまでに、買取店や中古車オークション、そしてこの中古車販売店と渡り歩いてきており、その途中途中で利益をのせたり、必要経費をのせたりしているので、一番最初となる買取相場よりかなり高い金額となります。
車種や状態によってまちまちとなりますが、買取相場よりも50万円~100万円以上高くなることもしばしばです。(それだけ業者の利益などの中間マージンが乗っているということですね。)

車を売ろうとしていろいろ調べて、ある程度の買取金額がわかった時に、中古車販売店でどれくらいの金額で売られているのかということで、中古車販売店のWebサイトなどをのぞいてみると買取金額からは到底想像もつかないような金額で販売されている車を見ることがありますが、その金額が市場相場の金額であって、買取相場や流通相場と全く比較にならないほど高い金額になるのです。
愛車の相場観を具体的に掴む方法では、この市場相場を使った買取相場の調べ方も説明していますので、愛車の具体的な相場はどれくらいなのか気になる方は読んでみて下さい。

 

相場でわかる儲けの傾向

このように中古車市場には3つ相場があるわけですが、この相場を見ているとどの段階でどの業者がどれだけ儲けているかがよくわかります。
これらの相場に関連している業者は中古車オークションを挟んで、車を買い取る買取店と車を販売する中古車販売店があるわけですが、各相場の傾向を見るとこういった感じになります。

これはある車の一例ですが、例えば買取店が100万円で買い取った車があるとします。
その車は、オークションに出品することになりますが、そこでオークション出品料や会場までの陸送費などの必要経費の他に買取店としての利益をのせた金額で出品することになります。
オークションですので、初期の設定価格は低いですが競り落とす業者が競り合いますので価格は上がって行き、最終的には落札額はだいたい120万円ぐらいとなります。

そして、中古車オークションでは買取店が出品料などの経費を支払いますので、この時点で買取店の利益は10数万円となります。

次に車を落札した中古車販売店は、その車を店舗まで運んで整備や修理、洗車などをしてから店頭に並べますが、その時の販売価格は何と180万円にもなりました。
ざっと計算しても販売価格が180万円で仕入れ値となる落札金額が120万円ですので、60万円の利益となるのです。
ただ、この中にいろいろは必要経費とか修理費用、故障時の保証料などが含まれているのですべてが利益となるわけではありませんが、こうして3つの相場を見てみると一番利益が高いのは中古車販売店であることが多いようです。