New article

中古車の買取業者や販売業者は、基本的に中古車オークション(オートオークション)にて、売買を行って市場を回しています。
ここは一般人が入ることはできず、いわゆる専門職の方々が日々収益を上げるために目を光らせている場所。
そして、目を光らせている先の1つが「中古車の評価点」になります。

 

中古車の評価点とは何か?

中古車の評価点は、中古車オークションに出品された車の状態のことを、評価した点数のことを指します。
売り手も買い手も、この評価点を参考に様々な判断をしていくことになります。
この評価点のポイントは、あくまでも「車の状態を素直に評価したもの」ということ。
つまり、車の希少価値がどれくらいあるのか?という主観的な評価は反映されていないわけです。

例えば、伝説のトヨタ・2000GTが中古車オークションに出てきたとしても、評価点は客観的に判断され、S点(評価点の最高得点)には絶対にならないわけです。
マニアからしたら、走行距離が20万kmを超えていようが、シートの状態が悪かろうが、間違いなくSランククラスの車になります。
これはあくまでも主観で…逆に車に対して興味がない人にとっては「ただの古いボロい車だからいらない」と判断できます。

くどいですが、だからこそ客観的な情報が重要になってくるわけです。
日々、非常に多くの車が中古車市場を賑わせるため、とにかく手っ取り早く状態を知りたいという本音があり、それに対応したという側面もあります。
つまり円滑に売買を進めるための工夫の1つということですね。

細かく見ていくと、外装に関する補助的な評価があったり、内装の補助的な評価もあります(A~Eランクで評価される)。
評価点とは、これらも含めて最終的な結論を出しているわけですね。

 

評価点ごとの違いについて

早速、以下に評価点についての違いをざっくりとではありますが紹介していきます。
紹介している内容は、あくまでも参考になります。
細かい部分は、中古車オークションの運営会社によって多少変わってくるからです。
(とはいえ、大体同じぐらいの基準で評価されているため、戸惑うことはないと言えます)

<< S点 >>

  • 走行距離:10,000km未満
  • 内装評価:A
  • 内外装 :無傷・無補修
  • その他 :新車登録後12ヶ月以内

<< 6点 >>

  • 走行距離:30,000km未満
  • 内装評価:A
  • 内外装 :無傷・無補修・修復不要
  • その他 :新車登録後36ヶ月以内・エンジンや足回り良好

<< 5点 >>

  • 走行距離:50,000km未満
  • 内装評価:A
  • 内外装 :細かい傷などがあるが修復不要・外装部品の交換無し
  • その他 :エンジンや足回り良好

<< 4.5点 >>

  • 走行距離:100,000km未満
  • 内装評価:B以上
  • 内外装 :軽い補修で評価点5点に届く状態
  • その他 :中古車として内外装とも問題なく「綺麗」と呼べるレベル

<< 4点 >>

  • 走行距離:150,000km未満
  • 内装評価:C以上
  • 内外装 :目立つ傷・凹み、サビ、日焼け、破れがあり修復が必要
  • その他 :ここまで全体的に「良好」と呼ばれる状態

<< 3.5点 >>

  • 走行距離:——
  • 内装評価:D以上
  • 内外装 :板金レベルの修復が必要。また焦げ穴や破れがあるもの
  • その他 :凹みなどがあるが走行性能は問題なし

<< 3点 >>

  • 走行距離:——
  • 内装評価:E
  • 内外装 :全補修や交換、張替えが必要なレベル
  • その他 :走行性能は問題ない状態

<< 2点 >>

  • 走行距離:——
  • 内装評価:——
  • 内外装 :状態の悪い状態で商品価値が低いと判断
  • その他 :走行に支障はないレベルの状態

<< 1点 >>

  • 走行距離:——
  • 内装評価:——
  • 内外装 :冠水歴がある車・消火剤がまかれてしまったことがある車(いわゆる災害車)
  • その他 :改造車や競技車も1店に含まれる

<< RA点 >>

  • 走行距離:——
  • 内装評価:——
  • 内外装 :修復歴有り(軽度)
  • その他 :修復歴があっても走行性能は問題ない状態

<< R点 >>

  • 走行距離:——
  • 内装評価:——
  • 内外装 :修復歴有り(重度)
  • その他 :重度の修復歴があったとしても走行に支障がない

 

知っておくと意外と便利な中古車の評価点

最後に伝えておきたいことは、評価点という概念と基準(違い)を知っておくことで意外と役に立つということです。
中古車オークションのため、一般人は触れるときはないと思いがちですが…意外と表に出てきている情報なのです。

例えば「中古車探しをするために、中古車情報サイトを覗いてみたら、この評価点が記載されていた」といったように。
知っていれば「これくらいのレベルか」と、中古車探しが捗る可能性があります。
また、中古車オークション代行業者に依頼をするとき、1つの目安になるため「4点以上なら入札してください」のような指示が出せるわけです。
ともあれ、知識は武器になることは間違いありませんし、何処でどのように役立つかも分かりません。
知っておいても絶対に損はないため、これを機に頭の片隅にでも入れておいてもらえると幸いです。