New article

一昔前、まだまだインターネットが存在していないとき、中古車の流通経路は一般人からしたら謎に包まれていた世界でした。
それだけ表に出してはいけない絶対的な情報が多くあったからです。
しかし、昨今、インターネットが普及し、いよいよ明るみになってきたわけです。
ということで、その中古車の流通について説明をしていきます。

 

中古車オークションを通して市場が回っている

中古車を流通している絶対的な存在がいます。
それが中古車オークション(オートオークションや業者オークションとも呼ばれている)です。
各々の買取業者、販売業者が、この中古車オークションを通して、中古車のやりとりをして市場を回している状況です。

具体的には以下のような流れで流通していきます。

  1. 車のオーナーが中古車買取業者に車を買取ってもらう(前オーナー)
  2. 買い取った車を中古車買取業者が中古車オークションに出品する
  3. 中古車オークション運営会社が実際にオークションを行う
  4. オークションで出品された中古車を中古車販売業者が落札する
  5. 落札した中古車販売業者は一般向けに販売する
  6. 新オーナーが販売されている中古車を購入する

これが基本的な流れになります。
文章だけをみれば、特に難しいことはなく、意外と単純な流れで市場が回っています。
(もちろん売買するまでの駆け引きや工夫など言葉には出てこない部分で物凄い戦いが繰り広げられていますが…)

 

各々の業者は差額で利益を出している

ちなみに、各々の業者は差額で利益を出し、中古車オークション運営会社は、出品料金・落札料金などの手数料を徴収して利益を上げています。
ただ、各々の業者とも、単純に差額の利益がそのままお金として残ればよいのですが…当然、様々な経費が必要となってきます。
中古車買取業者であれば、買取をするために査定などを行う査定士の人件費や、中古車オークションへの出品手数料、さらには業者の宣伝費や事務所運営費など…本当に多くの経費が必要になります。
これは、買取業者も同様です。
中古車オークション運営会社も、人件費など必要になるため、当然、単純に手数料が全ての利益になるわけではありません。

結果、中古車業界とは「薄利多売」の世界となっているのです。

たまに「そんなに必死に買取をしようとしていて…若干怖いのだけど」というようなニュアンスの言葉をユーザから耳にします。
色々な理由はあるかと思いますが、多くの場合は「利益を上げないと本当に会社が危ない」といったもの。
これが薄利多売の世界の怖いところと言えます。

 

流通の形も多様性が出てきた現代

先の中古車の流通のお話は、あくまでも基本的なお話になります。
昨今、サービスの多様性が出てきており、実はこの流通経路から外れて、中古車市場を回し始めている状況でもあります。
したがって、中古車オークションへ運営会社は、昨今、危機感を持って営業をしている厳しい状態なのです。

その大きな転機となっているのが、やはり「インターネット」になります。
直接、インターネットを介して車の売買を行う業者が出てきたのです。

 

中古車オークションを通さない流通経路

有名どころは、やはり某大手検索エンジンのオークションサービス。
ここに業者として参入し、手に入れた車を、直接、ネットオークションに出品をして販売をしている状況です。
もちろん、買い手が付かないことが多々ありますし、納得のいく落札額にならないことも多いため難しい部分もあります。
しかし、反面、自由性も高いため中古車オークションに囚われずに、販売できることは大きなメリットとなっているようですね。
他にも、個人売買を代行する業者や、そのまま海外へ流してしまう業者も存在します。

今後も様々な形で中古車が流通していくことが予想されます。
ちなみに、大手は、色々な流通経路を持ちつつも、基本的には中古車オークションでの流通をしていますが…。
自社販売にも力を入れ始めており、本当に多種多様な状態になっているのです。

 

流通のことを知れば業者比較や査定交渉に役立つ

もし、これを読んで「私はユーザだから流通について知らなくてもいいや」と思った方…それは大きな間違えです。
しっかりと中古車の流通方法を知ることができたら、色々とお得なことになるため、しっかりと理解しておいてください。

具体的には、業者比較に役立ちます。
先のお話からも分かる通り、中古車オークションを利用する流通経路では、多くの経費が必要となり、買取業者は査定額を出来る限り低くする必要性があります。
もし中古車オークションを利用しないような業者を知ることができれば、基本的に「査定額が高くなりやすい」という側面を持っています。
余計な経費が掛からず販売することができますし、大手のような直販をしている場合も高くなる可能性が。

ちなみに、中古車オークションを利用しない場合は、在庫を抱えてしまう可能性があるなど、他の経費が必要となってきます。
したがって、単純にオークションを通さないから査定額アップという単純な話ではありません。

ただ知っていれば、このような比較もできますし、実際に査定をしてもらったときに交渉の材料にもなります。
「そちらは中古車オークションを通さないからもっと高くできるのでは?」というように。
ともあれ、知っておいても損はないはずです。