New article

これから新しい車を買おうとしている時、今乗っている車をどう処分するかというのが悩みの種だと言う方は多いと思います。
下取りよりも買取の方が高くなるということは当サイトをお読みいただければ理解できると思いますが、では、どうして全く同じ状態の車でこれだけ価値や評価が違って来るのでしょうか。

 

下取りと買取の違い

下取り金額と買取金額の違いの謎を解く前にまずは下取りと買取の違いを知っておく必要があります。

まずは下取りですが、下取りというのは新車や中古車を購入する新車ディーラーや中古車販売店だけで行うもので、新車を買ってくれるのであれば今乗っている不要な車を引き取ってこちらでしかるべき方法で処分しますよ・・・というものです。(新車ディーラーのみ下取りという考え方もあります。)
ですので、基本的にはこれから車を買う人にとって見れば単なる処分であって、これを行うことによって対価というものは存在しません。
しかし、新しい車を買ってくれたから引き取った車にお金を出します、しかしそれはお金ではなく、新車の値引きとして充当しますよ・・・というのが、当初からあった根本的な考え方です。

ただ、これはあくまでももともと下取りを始めた頃の基本的な考え方となりますので、今の現実とは大きくかけ離れたものとなっているのは仕方がありません。
現実的には下取りに出した車の価値を決め、その分車の購入額から差し引きますといったもので、もはや値引きとはまた別のものとして考えられるようになりました。
要するに下取りとはディーラーや販売店で車を買う時だけに行われ、車の対価は現金ではなく車の購入額から差っ引くといった形のものとなるということです。

一方、買取とは車の買取を主な業務とする買取店や中古車販売店が車を直接仕入れる時に行われるもので、読んで字のごとく車の価値相応の現金でその車を買い取るというものです。
これはリサイクルショップなどでいろいろな生活用品やブランドバッグなどを売るのと同じで、売るものと現金の交換という形になります。

下取りと買取とでよく間違われるのが言葉の使い方、下取りはディーラーや販売店以外ではありえないことですし、買取はディーラーでは行いません。
「ディーラーでの下取り」「買取店での買取金額」は正解、「ディーラーでの買取金額や」や「買取店で下取り金額」は間違いです。

 

下取りと買取での価値観の違い

ディーラーでの下取りと買取店などでの買取りの違いが分かったところで、今度は本題となる「どうして金額の違いがあるのか」ということですが、はっきりと金額に違いが出る理由は価値の出し方が全く違うからです。

明確なデータだけ重視の下取り

下取りは車の価値を決めるのに明確なデータを使った査定方法をとります。
明確なデータというのは動かしようがないもの、例えば車種、年式、グレード、オプション品の有無、走行距離、ボディカラー、次の車検までの期間など誰が見ても同じ判断を下すことができるものだけで判断されます。

下取りではよく傷があってもへこみがあってもたいした問題ではないといわれますが、これも一見明確なものであるように思えますが、一つの傷においてもある人が見れば、「たいしたことではない」ということもありますし、ある人が見れば結構ひどく見える場合もあります。
こういったいわゆるあいまいな判断しかできないものは下取りではあまり大きな影響がないため、あちこち傷だらけでどう見てもポンコツ状態というのでない限り、傷やへこみによる影響は少なくなります。

これら明確なデータを自動車メーカーやディーラーごとにある下取り価格表に照らし合わせて算出されたのが基本となる下取り金額となります。
もちろんここから値引き交渉などの様々な影響を受けて高くなったりもするので、下取り価格表に書かれている金額がそのまま下取り金額になるというわけではありません。

中古車相場重視の買取

買取店は買取った車を自社で販売したり、業者間でのオートオークションに流して売却し、購入した金額と売却した金額の差額によって利益を得ます。
そのため、中古車市場の値動きが大きく影響することになり、昨日なら150万円で落札されたが今日だと80万円にしかならなかったという中で商売をしなければなりません。

買い取った車の最終的な価値を決める中古車販売店での売れ行きが非常に重要なこととなり、それ次第で買い取る時の金額を変えなければならないのです。
だからといってある一店舗の売れ行きを気にしても仕方がないので、中古車市場全体の動きから買取金額を割り出します。
ただ、基本となるのは下取りと同じで、車種や年式、グレード、走行距離などで基礎となる買取金額を決めますが、それに更に中古車市場の動向を加味していったのが買取金額というわけです。

同じジャンル、年式、走行距離だとしても、中古車市場である車がバカ売れしていれば、中古車市場で需要が高くなるので高い買取金額を付けてでも買取ろうとしますが、全く中古が売れないという車であれば、中古車市場での需要が落ちオークションでも安い金額で落札されてしまうので、買取店では高い金額で買い取ることができないのです。
ですので、比率的には基本的なデータによる価値よりも中古車市場の需要による価値の方が大きくなります。

下取りは固定的で明確なデータで価値を割り出す、買取は更に中古車市場での価値が関わる、これが下取り金額と買取金額の違いを生み出す大きな理由になり、下取りと買取りは全く別の相場を持つものと理解する必要があるのです。