New article

自動車は昔ほど高嶺の花ではなくなりましたが、今でも現金一括で購入することは難しく、ディーラーで扱っている自動車ローンや銀行、信販会社などが取り扱っている自動車ローンを組んで購入する方がほとんどです。
自動車ローンを組んで購入しても、毎月の支払いをきちんとしてさえいれば、自由に乗り回すことができるのは当たり前ですが、車を買取店などで売却するといったことを行う時は現金一括で購入した場合とはちょっと違う方法をとらなければなりません。

 

自動車ローンを使って車を買うということ

現金一括で購入した場合と自動車ローンを組んで購入した場合の車の売却方法の違いを知る前に自動車ローンを組んで購入するということがどういうことか理解しておきましょう。

自動車ローンを組んで購入するということは信販会社などから借金をすることになります。
借金といっても少額の場合は担保なしでお金を借りることができる場合がありますが、自動車を購入するための借金となれば、少なくとも100万円以上という大金になることでしょう。
これだけのお金を貸すことは自動車ローンを取り扱っている信販会社などにとっても大きなことで、確実な返済を求めることになります。

そこで担保を設定します、もしお金を返してもらえなくなったらその担保を没収すればいいのですから。
その担保というのが購入した車です。
車検証を見ればわかると思いますが、その車の所有者は購入した方ではなく、信販会社などの自動車ローンを組んだ企業となっているはずです。
そしてその下にある使用者の欄に購入した方の名前が書かれているはずです。

ということはどういうことかというと、法的にはその車の持ち主は自動車ローンを組んだ企業で、その車を購入した方は信販会社などから車を借りて乗り回しているということになるのです。
極端な言い方をすれば自動車ローンを組んで購入した車はローン返し切るまで赤の他人の車ということです。

 

車を売るということは名義変更をすること

さて、車を売却するという話に戻りますが、車を売却するには車を相手に渡して、その対価となるお金をもらうだけではありません。
法律では車の持ち主が変わった場合は速やかに変更をしたことを届け出なければならないことになっています。
持ち主が変わったことを届けるには名義変更という手続きが必要で、それには現在の持ち主と新しい持ち主の同意の上、行わなければなりません。

買取店で車を売った場合は車を売りに来た人間が現在の持ち主で、新しい持ち主が買取店となります。
車を売却するということは何も金銭の授受だけではなく、そういった法的な手続きも並行して行わなければならないということです。

しかし、ここで困ったことになりました、名義変更においては現在の持ち主と新しい持ち主の同意が必要なのですが、自動車ローンを組んで購入した場合、現在の持ち主は車を売りに来た人ではなく自動車ローンを組んだ信販会社などの企業です。
自分のものでないものを勝手に売って、名義変更することはできないのです。
ということは自動車ローンを組んで購入した場合は一切売買ができないのかということになりますが、そうではなく、要するに名義を信販会社から自分に変更してしまえばいいということなのです。
名義が自分のものになってしまえば、自由に自分の好き勝手に売却することができるようになります。

 

名義を自分のものにする方法

自動車ローンを組んで購入した車の名義を自分のものにするには、信販会社に電話してお願いすればいいということではありません。
早い話、借金のかたにとられているわけですからそう簡単にはいきません。
ではどうやったら名義を自分のものにすることができるのでしょうか。

完済する

一番簡単なのが自動車ローンを完済すればいいのです。
これは自動車ローンを組むときの条件でもあるのですが、自動車ローンを完済した時は所有権解除をし、名義を自分のものにすることができるのです。
しかし、自動車ローンを組んだぐらいですから、そう簡単にまとまった現金を用意することは容易ではないはずです。
そこでほとんどの方は他の方法をとります。

買取金額をあてがう

完済することができない方がよく使う手段の一つが買取店で売却したお金を自動車ローンの返済に充てるというものです。
買取店で車を売却して現金を手に入れるには名義変更を行うことが条件になっており、その現金を名義変更をするための自動車ローン完済に使うというのも時系列的に無理が出てしまいますが、その辺は買取店がうまくやってくれて、先に自動車ローン完済のために現金を信販会社などに支払い、所有権解除を行いその後、名義変更を行うという一連の流れを買取店側が滞りなく行ってくれるのでなんの無理もなく手続きをすることができるでしょう。

しかし、ここで再び問題があります。
例えば自動車ローンがあと100万円残っているとします。
しかし、その車を売却しても80万円にしかならず、20万円足らないことになってしまいました。
その20万円というお金も用意することができないため、所有権解除を行うことができないといった場合です。

買取金額で完済できない場合

車を売却したお金でも自動車ローンを完済することができないといった場合は基本的に所有権解除を申し出ることができず、結果的に名義変更も売却もできなくなってしまいます。
しかし、こういったところも買取店は考えています。
そういった時には残債ローンというものを使います。
残債ローンは自動車ローンの残りの部分を返済するためのローンで、ある意味ローンを返済するためのローンといっていいでしょう。

先程の例では20万円分足りないことから完済することができなかったのですが、その20万円分をまた別の残債ローンを組んでお金を借り、それを自動車ローンの返済に充てて完済、そして所有権解除を申し出て名義変更を行うといった形で使います。
この残債ローンは買取店が窓口になっていることが多いため手続きも比較的スムーズに行うことができます。
自動車が手元にないのにローンを支払い続けていくのは少しばかり腑に落ちませんが、それでも自動車の売却という目的は達成することができます。
こうしたいろいろな手段を使えば、自動車ローンを使って購入した車でも売却することができるでしょう。