New article

センセーショナルな記事タイトルで驚いた方もいらっしゃるかもしれません。
エコのために乗っていたハイブリッド車が、実は環境に悪い車だったなんて耳にすれば当然かと。
その真意を早速ですが、以下に記載していきます。

 

走行面だけを見れば環境に良い車

まずハイブリッド車のおさらいから。

ハイブリッド車とは、エンジンとモーター(電気)の両方を使って走行する車のことを指します。
必要に応じてエンジン走行とモーター走行を使い分けて、燃費向上に努めます。
モーターに必要な電気は、ブレーキを掛けたときの回生エネルギーを利用して充電する仕組みです。

本当に簡単な説明でありますが、これがハイブリッド車の特徴。
ストップ・アンド・ゴーが多い地域では、燃費性能が2倍近く違うと言われています。
これが意味することは当然「燃費が良い」ということで、ガソリンの使用を抑えることができるということに。
結果、排出する二酸化炭素を抑えることができるため、環境に優しいエコな車として名が通っているわけですね。

 

製造過程を見ると…実は環境に悪い車

さて、先ほどの説明…お気付きかもしれませんが「走行面だけを見れば」という見出しになっています。
となると「走行面以外では環境に悪いの?」というお話になってくるかと。
まさしくその通りで、全体的に通して見ていくと…ハイブリッド車は環境に悪い車なのです。

 

「CFP」で見えてくるハイブリッド車の悪い点

CFPとはカーボン・フットプリントの略で…平たく言えば、商品(サービス)の原材料調達から廃棄・リサイクルまでのライフサイクルの中で排出される二酸化炭素の総量を算出するものです。
つまり、ハイブリッド車を作る過程から、実際に廃車にしてリサイクルされるまでの二酸化炭素の総量を見ることになるわけです。

この視点で、ガソリン車とハイブリッド車を比較すると…結論は「ガソリン車の方が優秀」となっています。
だからこそ、先ほどは「走行面だけは環境に良い」という表現をしたわけですね。

 

要因は大きく2つある

では、何故、CFPで見たとき二酸化炭素の総量が多くなってしまうのか?
要因は大きく2つあります。

  1. 1つ目が、ハイブリッド車は部品量が多く複雑、加えて製造工程もガソリン車と比較すると圧倒的に多いということ。
  2. 2つ目が、ハイブリッド車の要となる「バッテリー」が、生産するまでに多くのエネルギーを必要としてしまうことが挙げられます。

前者については、ガソリン車と同じ大きさの車体の中に…さらに電気系の部品を詰め込むというイメージをしてもらうと、その大変さが理解できるかと。
となれば、当然、作業工程も増え時間が多くなりますし(夏場や冬場は作業員のために使用するエアコン使用量も比例して多くなる)、部品も多くなり調達するのも苦労します。
また、部品が複雑になるため、その部品自体を作る工程でも手間になり、さらに二酸化炭素を多く排出してしまうのです。
後者も似たような話ですが、ガソリン車にはない「大きな負担」となることは、たやすくイメージすることができるかと。

これだけを読んで頂ければ、ガソリン車と比較すると、製造工程で大きな負担を掛けていることが一目瞭然と言えるでしょう。
ちなみにですが、廃棄・リサイクルに掛かる作業量もガソリン車と比較すると圧倒的に多いため、製造時と同様のことが言えます。

 

家計に与える影響も…実はエコ(節約)ではない!?

ハイブリッド車の大きなメリットとして、よく目にする「家計に優しい」というもの。
これも確かに「走行面だけを見れば間違いない」と言うことができます。
ただ総合的に見ていくと、ガソリン車と比較しても、特段、ハイブリッド車が「お得」というわけではないのです。
乗り方によっては、多少お得になる可能性もありますが…あくまでも多少というだけの話です。

 

車体価格とメンテナンス費が高い

ハイブリッド車でお得と感じる部分は、やはりガソリン代と減税額の2つが挙げられます。
しかし、ガソリン車と車体価格を比較すると、数十万円単位で高くなってしまうわけですね。

よくディーラーなどでは「ガソリン代と減税分で数年も乗っていれば車体価格分ぐらいの相殺はできます」と説明してきます。
確かにその通りではありますが…肝心のメンテナンス代について全く触れてことないことが多いです。
実はハイブリッド車は、メンテナンス費が結構かかってしまう車で、ちょっとした部品交換で大きな金額を請求されてしまうこともしばしば。
製造工程が複雑になり、特殊で細かい部品が多くなる車のため、これは致し方がないところ。
結果、ガソリン代と減税分で相殺できそうになった時期になると…メンテナンス代でガソリン車より高くついてしまうわけですね。

このように、ハイブリッド車とは、思っている以上にメリットの少ないものと理解できるかと思います。
もちろん良い面もありますが「環境に良い」というイメージが強く、悪い面が完全に隠されてしまっている状況にあります。
だからこそ、しっかりとハイブリッド車のことを理解しておきたいところですね。