New article

日本で低燃費技術といえばハイブリッドシステムやEV、FCVといった日本ならではの高い技術力を持って作られた複雑な構造が多くなっていますが、ヨーロッパでは日本で大人気のハイブリッドシステムよりダウンサイジングターボという構造がよく使われています。
最近では日本でもホンダが積極的に使うようになり、少しずつ日本でもこの言葉を聞くようになりました。
ダウンサイジングターボというのは簡単にいえば単なるターボエンジンと同じなのですが、これを燃費を向上させる一つの技術として使うようにしたものをそう呼びます。

 

ターボエンジンとは

ダウンサイジングターボを理解する前にターボエンジンというものを理解しておきましょう。
ターボエンジンというのは、ターボチャージャーという過給器が付けられたエンジンで、一般的なエンジンよりもパワーを出すことができるエンジンです。
過給器が一切つけられていないエンジンのことを自然吸気エンジン、あるいはナチュラル・アスピレーションエンジンの頭文字をとってNAエンジンと呼びます。

例えば2000ccのNAエンジン、現在の国産車では200ps程度のパワーしか出せません。
これは燃費向上というものを踏まえたパワーで本来ではもっと出すことができるのですが、売り上げを見込んだ市販車では200psが最大といっていいでしょう。
これにターボチャージャーを付けるとどうなるかというと300ps以上のパワーを出すことができるようになります。
同じエンジン排気量で100psもパワーを上げることができるのです。

ターボエンジンというのはシリンダーが生み出す風圧によって空気を吸い込むのではなく、排気ガスの圧力によって回るタービンの力で強制的にシリンダーに空気を押し込み、それによってエンジン排気量以上の燃焼・爆発を起こし、大きなパワーを生み出すことができるものです。
このことからターボエンジンはパワーの必要なレーシングマシンやスポーツモデルなどに使われることが多かったのですが、無理やりたくさんの空気をシリンダー内に押し込むということはその空気の量に見合った燃料供給をしなくてはならず、燃料の消費量も多くなることから似非エコブームによって巻き起こった低燃費ブームによって、一部のスポーツモデル以外使われることがなくなりました。

 

ダウンサイジングとは

パワーは出せるが燃費が悪くなるターボエンジン、そのターボエンジンをどうやって低燃費装備として使うことができるのでしょうか。
答えは簡単です。
エンジン排気量を少なくする。
要するにダウンサイジングするということによって実現しているのです。

エンジンというものはエンジン排気量、いわゆるシリンダーの容積が小さければ小さいほど正常な燃焼に必要な燃料の量が少なくて済みます。
660ccの軽自動車と3リッターの大型モデルを比べれば燃料消費量、燃費に大きな違いがあることがわかると思います。
要するに一番の燃費向上は排気量を減らすということです。
しかし、エンジン排気量を減らすとその分パワーが落ちてしまい、車をまともに走らせること自体が難しくなりますので、極端にエンジン排気量を落とすことができないというのが実情なのです。

 

パワーと燃費の融合がダウンサイジングターボ

燃費は悪いがパワーが出せるターボエンジン、燃費は良くなるがパワーが落ちるダウンサイジング、この2つをうまく組み合わせたのが実はダウンサイジングターボなのです。

このシステムはいわゆる発想転換から生まれたもので、今まではモアパワーを得るための手段として燃費を犠牲にしてターボエンジンを使ってきたわけで、例えば200psのNAエンジンにターボチャージャーを取り付けて100psアップさせようといった感じでした。
一方、ダウンサイジングターボは、燃費を向上させるためにエンジン排気量を少なくし、それによってパワーダウンしたパワーをターボチャージャーのパワーアップ効果を使って補うというものなので、プラスアルファではなく、マイナスになったパワーをターボチャージャーでゼロに戻すといった考え方なのです。

最近発売されたホンダのステップワゴンを例にしてみると、先代モデルまでは2リッターのNAエンジンで、最大出力150ps、JC08モード燃費15.0km/Lというスペックでしたが、現行モデルはエンジン排気量を500ccほど小さくして1.5リッターとし、当然ながらそれだけでは2トン近くある車をスムーズに走らせることは無理です。
そこでそのエンジンにターボチャージャーを搭載して先代モデルと同じ150psとしたのです。
そして燃費性能ですが過給圧を適度に抑えることによってターボエンジン特有の燃費の悪さを抑えた結果、燃費性能を17.0km/Lとわずかではありますが向上させることができたのです。

ハイブリッドシステムの様な劇的な燃費向上は見られませんが、それまであったエンジンモデル特有の走行フィーリングそのままに燃費の向上を成し遂げているのです。
それに何よりもダウンサイジングターボは今までの技術を使って作られているので自動車メーカーの開発費もほとんどかかっていないため、車両価格もハイブリッドモデルと比べても格段と安くなるのはとてもありがたいことです。