New article

オーバーヒートとはエンジンなどを冷却するために入れられている冷却水が沸騰し、エンジンの冷却どころではない状態です。
最近の車はそういったことに対する対策が万全になっており、昔の車ほどオーバーヒートすることが少なくなりましたが、それでもオーバーヒートを起こす可能性は十分にあります。
今回はそんなオーバーヒートに付いての対処法をお話ししてみたいと思います。

 

冷却系の仕組み

オーバーヒートの原因を知る前に自動車の冷却系の仕組みを知っておく必要があるでしょう。

車を動かす原動力となるエンジンはピストンやバルブなど金属でできた部品すらも溶かすほどの熱を出します。
その熱を放熱させるのが水、水といっても冷却水やクーラントなどといわれる特別な水で、水の中に沸騰しにくくなるものや氷点下になっても凍らなくするもの、水が通る経路を錆びさせないようにするものなどたくさんの薬剤が入れられたものを使います。

この冷却水が一番熱を発するシリンダーまわりからその水の温度を下げるラジエーターの間を循環することによって熱を放出するようになっています。
その途中に冷却水の温度によって開閉するサーモスタットが付けられていて、エンジン始動直後などのエンジンや冷却水が冷えている時は適正な温度になるようにとサーモスタットにつけられているバルブを閉じて、エンジン内を循環するようになっています。
この状態ですと冷える部分がありませんのでどんどん温度が上がっていくことになるのですが、温度が上がりすぎてエンジンに悪影響を及ぼすのではないかと思われる温度に達する前に今度はサーモスタットのバルブが開いて、温まりすぎた冷却水をラジエーターに引き込み、冷却するといったことを行います。

このラジエーターもFRレイアウトのエンジン縦置きのものではクランクシャフトに直結したラジエーターファンで、エンジン横置きの場合は電動ファンで風を当てて、ラジエーター内の冷却水の温度を下げる働きをするのですが、それらは補助的なもので基本は走行風をラジエーターにあてることによって放熱を行うことになっています。
当然、これらのものがすべて正常に機能していれば今の車はまずオーバーヒートすることはありません。
それでは、なぜオーバーヒートするのでしょうか?

 

オーバーヒートの原因

こういった構造をもつ冷却系ですが、オーバーヒートをしてしまうにはどういった原因があるのか、代表的なものを見ていきましょう。

冷却水の劣化

冷却水は単なる水ではなく、いろいろな薬剤が混ぜられた特殊な水です。
水でもそのまま放っておけば腐ってしまうように、たくさんの薬剤が混入された冷却水はその薬剤の効力が時間と共に落ちていきます。
特に沸騰を抑える薬剤と凍ることを抑える薬剤は劣化が意外と早く、それらの機能が失われることによって沸騰しやすいものになったり、あるいは冷却水が流れる経路内で部分的に凍結してしまい、循環が失われることによってオーバーヒートを起こすことがあるのです。

冷却水の漏れ

よくあるのがエンジンとラジエーターとの間での水漏れです。
エンジンから冷却水を取り出す部分につけられているアタッチメントとエンジンブロックの間にあるガスケット抜けやラジエーターホースの抜けや亀裂によるもので、これらのものはきちんとメンテナンスをしていればすぐに見つけ出すことができるので軽症で済むことが多くなります。
重症になりがちなのが、エンジンのガスケット抜けや事故や飛び石などによるラジエーターの破損などで、冷却水が大量に漏れることが多く、減少もかなり早くなるので気が付いた時には煙モクモクといった状態になることが多いようです。

不完全なエア抜き

冷却水はただ単に入れられているというものではなく、冷却水経路内で密閉された状態で入れられています。
これは空気に触れることで沸騰しやすい状態になるのと、冷却水を循環させるウォーターポンプが正常に冷却水を吐き出すことができなくなるからです。
通常は新しく冷却水を入れたり、交換するとなると必ず最後にエア抜きといって冷却水経路内から空気を追い出す作業をするのですが、それが不完全ですと冷却水の沸騰がしやすい状態となり、それがオーバーヒートにつながることがあります。

部品の故障

オーバーヒートは、冷却系につけられている部品の故障によっても引き起こされます。
ラジエーターキャップが故障すると冷却水の圧力を上げることができなくなるので沸点がいつも以上に下がることからオーバーヒートを起こしやすくなります。
サーモスタットの故障は、バルブが固着することがよくあり、水温が上がってもラジエーターに冷却水を引き込むことができなくなるので、永遠に水温が上がり続けることになります。
冷却水を循環させるウォーターポンプが故障するとそこから水漏れを起こすこともありますし、循環がなくなるので十分な冷却することができなくなります。

 

オーバーヒート時の対処

冷却水警告灯が点灯したり、水温計が振り切った状態になったらそれがオーバーヒートです。
パワーダウンも顕著なので走っていてもすぐにわかるでしょう。

オーバーヒート起こした時はとにかくクールダウンさせることが重要です。
クールダウンといってもエンジンをすぐに止めてはいけません。
エンジンを止めると冷却水や冷却の一端を担っているエンジンオイルの循環が止まり、更に温度が上がってしまうからです。

エンジンが止まってしまうほどのオーバーヒートになっていたら仕方がありませんが通常は、エンジンはかけたままアイドリング状態を保ちながら、エアコンの温度設定を一番高くして、風量も一番強くします。
これはエアコンに引き込まれている冷却水も冷やすためです。
そしてボンネットを開けて、あとは車から少し離れた場所で待てばそのうち水温は下がっていきます。

その後は必ず点検を受けた方がいいでしょう。
オーバーヒートを起こすと場合によってはエンジンブロックやシリンダーが変形してしまうことがあり、様々な故障を起こす可能性が高いからです。
現在の車はオーバーヒートしにくい構造に作られており、オーバーヒートを起こすこと自体がかなり異常なことということにもなりますで、必ずきちんとした整備を行う必要があるでしょう。
もちろんその状態では車の価値も落とすことになりますので、後々の売却のことを考えてもきちっと行うべきです。