New article

中古車販売店で売って、中古車販売店で買うという昔ながらの中古車市場のやり方がオートオークションの存在によって大きく変わりました。

 

オートオークションとは

中古車を売り買いするオートオークション、中古車オークションも内容的には楽天オークションやヤフーオークションなどと考え方は同じで、車を出品する人とをそれを競り落として購入していく人に分かれ、売買を行うもので、一番高値を付けた方が購入することができるというものです。
オートオークションは個人が行うオークションとは違って、中古車の売買を生業としている業者間だけで行われそれも日本に一つだけということではなく、各団体によって複数のものがあり、その団体に加盟している業者だけがそのオートオークションで売り買いをすることができるようになっています。
中には一団体だけでなく複数の団体に加盟する業者などもいて、頻繁に売り買いを行っているようです。

 

買取から販売への流れ

ここでオートオークションや中古車オークションを使った中古車売買の流れを見ていきましょう。
まず中古車市場の入り口となるのが皆さんご存じの買取店というところです。
ここで個人や法人から車を買い取り、その車をそのままの状態で、あるいは修理や整備などを行った状態で加盟するオートオークションに出品します。
ここで一番高い金額を付けた業者がその車の新しい持ち主となり、その場で手続きを行い、車両運搬車などで当日、又は後日自分の店舗に持ち帰ります。

オートオークションで車を売買するためには出品料や運搬費用、それから加盟するための会費などのコストがかかり、それまで主流であった自社販売よりお金がかかってしますが、買取店としては長い間保有する必要がない、ほとんどものが確実に売れていくといったメリットがあり、競り落とす側の中古車販売店側としても自分たちで車を購入する必要がない、買う車の選択肢が広がるといったメリットがあります。
要はオークションが買取店と中古車販売店の間に入り、中古車市場の利益の元となる「転売」を促しているということになります。
現在ではこのオートオークションで転売するのが一般的になり、昔ながらの自社販売(消費者から買い取った車を自社のみで店頭販売すること)は限られた業者でしか行っていないといった状態です。

 

再転売する理由

決して表に出ることはないので、あまり知られることがないものですが、中古車市場ではさまざまな理由から再転売が行われています。

店舗の価値観の違い

オークションでは出品者側となる買取店が競りの開始金額を設定し、そこから中古車販売店などの買う側が金額を釣り上げていくことになるのですが、時々買取店が設定した開始金額が異常に安い設定になっていることがあり、安い水準から競り合いがスタートするので、落札金額も思ったほど上がらないことがあります。
これには買取店側が異常ともいえるほど安い金額で出すのだから、何か見えないところに不具合があるのではないかということで買い手側も高い金額を付けたがらないといったこともあり、最終的に非常に安い金額で落札されてしまうということも含まれます。
その車は実際に後々トラブルの原因になるような不具合個所など持っていることもありますが、中には買取店側での見立て違いや価値の出し方を間違えることもあり、もっと高い金額を付けても十分売れる車であったりすることがあるのです。
こういったある意味ラッキーな車を落札した中古車販売店は、お金がかかる店舗での販売ではなく、わずかに利益をのせた形で次回のオートオークションや違う団体のオークションへ出品することがあります。

安く修理をする

オークションに出品される車は、必ずしもすぐに乗ることができるような車ばかりではありません。
キズやへこみだらけでどう見ても商品にならないような車や、修理をしなければまともに走ることができない車、古い車でかなり手を入れないと商品にならないものまでいろいろなものが出品されます。
もちろんそういった車は買取店側も承知でオークションの開始金額もかなり安くしているわけですが、中にはそういった車ばかりを落札する業者もいます。

一般的には傷だらけで補修が必要な車や修理しないと売り物にならない車は嫌われます。
なぜなら中古車という商品(売り物)にするためにとてもお金が掛かってしまうからです。
そのお金というものがここでは修理費用であって、これにかなりのお金がかかり利益が減ってしまうのでできれば買いたくありません。

しかし、中には自社で非常に安い金額で直すことができる、自社グループ内でタダ同然で修理ができるという業者もあり、そういった場合はほとんどお金をかけないで商品化することができます。
また、そういった業者の場合は数をこなすことを最優先に考えますので、この商品をいつ売れるか分からない販売方法(店頭販売)でさばくより、ほぼ確実に競り落とされるオートオークションに再度出品するということが行われるのです。

 

再転売の影響

こういった形で再転売された車が中古車として販売されると消費者にはどういった影響が出るでしょうか。

再転売されるということは、一度の転売で販売される中古車と比べるとより多くの利益を得ようとする業者を通ることになります。
ということは、もともとの車の価値に複数の中間マージンが加わり、中古車価格が高くなるということになります。
中古車を購入する一般消費者から見ると迷惑な話しですが、中古車販売業者の中にはこういった差分で儲けを出している業者も存在するということを頭の片隅に入れておいて損はないでしょう。

ただ、価格が高くなるといっても影響が出るのは中古車として車を買う側であって、車を売る側にとってみればあまり関係のないことですので、あまり気にせずに今まで通り、たくさんの買取店で査定を行い、その中で高い査定額を出したところで売ることを検討しましょう。