New article

愛車を売却する時に最も気になるのが、いくらぐらいで買い取ってくれるのかということだと思います。
それを知るため、パソコンやスマートフォンなどを使って、いろいろなキーワードを入れて検索することになるわけですが、どのWebサイトを見ても明確な答えは出ていない。
それもそのはずです。

自動車の買取金額は、買取る店舗、時期、状態など様々な要因が絡み合って算出されるものですから、半永久的に残るであろうWebサイトにおいて明確に「○○円で買い取ります(売れます)」と書くことができないのです。

 

査定額を言わなくなってきた

ならば、もっと現実的な数字を知りたいということで、インターネット上にある無料の一括査定サイトなどを利用することになりますが、こういったWebサイトは、表向きは「データを入力するだけで査定額を教えます」なんてことを言っていますが、一部ではそういった形で暫定査定額を教えてくれるところもありますが、ほとんどの買取店では、なんだかんだ理由をつけて暫定的な査定額すら言わなくなってきました。

そんな中で電話やメールで大まかな金額を教えてくれる業者も存在はします。
ただ、その時に言われた査定額を鵜呑みしてはいけません。
なぜならその金額はあり得ない高い金額であることが多いからです。

 

暫定査定額を高く言う理由

上手くすれば一括査定サイトで依頼を申込んだ後に買取店から連絡が来て、電話やメールで暫定的な査定額を知ることになりますが、得てしてそういった形で聞き出した査定額は、実際に車を見ての査定を行った時に出された査定額より高くなっていることがほとんどです。
恐らくインターネットなどを駆使して得た「買取相場」なる金額よりも高くなっているでしょう。
どうして買取店はわざわざ高い金額を知らせるのかというとそれが一つの営業戦略であるからです。

 

買取店の本心

買取店は消費者から車を買い取って、それをオークションなり、店舗販売といった手段で転売し、その差額を利益とする業者です。
差額が利益になるということは、車を買い取った時の金額が安ければ安いほど、利益が高くなるということです。
買取店では常にそういったことを念頭において、できるだけ安く買い取ろうとしているわけです。

しかし、その安く買い取ろうということはたくさんの車を売ってもらうためには大きな弊害となります。
車を売る人は誰もが高く売って、1円でも多くの現金を手にしたいのですから、安く買い取られることが分かっている買取店にわざわざ電話やメールなどで問い合わせなどしません。

「安く買い取りたいが、安く買い取るということが知られると誰も売りに来てくれない・・・。」

実は、これを克服するために行っている営業戦略が、暫定査定額は高く言って実際にはその金額より安く買うということなのです。

 

車の買取には都合の良い理由がある

「高く買い取るといいながら実際にはそれよりもかなり安く買い取るのでは、詐欺ではないか!」
といいたくなる気持ちもよくわかります。

例えば、これは全く逆の話となりますが、スーパーマーケットのチラシで「キャベツ1個100円」などと掲載して、それを目当てに実際にスーパーマーケットにいって、そのキャベツを買おうとしたら値札が300円となっていたというのであれば、詐欺まがいだということがはっきりと言え、場合によって法に抵触することにもなりますが、車を買い取るとことに関してはそういった形で見ることは非常に難しいことなのです。

なぜなら車の査定額、いわゆる価値を決めるのにはいろいろなものが関わって来るからです。
車種、年式、走行距離、ボディカラー、グレード、状態・・・などといった具体的なものから感覚的なものまで、いろいろと挙げたらきりがないようないろいろな要素によって価値が決められるのです。
買取店はそれらのいろいろな要素をうまく使って、最終的には「低い金額になってしまいました」といった形に持ち込むのです。

例えば、電話で「380万円ぐらいで買い取れると思います」といわれたので実際に査定を行ったところ査定額は300万円!
「これは安すぎる、電話と話が違うではないか」といっても営業マンからは待ってましたとばかりに、「実際に見てみたら使用感が結構あるので・・・」とか、「細かいキズが多いので・・・」といった理由を、永遠に続くのではないかと思えるほど羅列していき、その結果、どうしてもこの金額になってしまうといったように話を持っていくのです。
挙句の果てには「電話では車を見ることができないので・・・」などという始末です。

 

暫定査定額は信用できない

結局は買取店としては380万円で買い取ることなど、電話で問い合わせを受けた時からさらさら考えていないということで、査定においても頭の中は「どこを減額のための理由として使おうか」などと考えているのです。
ですので、暫定査定額を聞いて、それがとてもいい金額だったとしてもその金額になることはないと思いながら査定に臨んだ方がいいでしょう。
その方がまだ心が救われます。

電話やメールで伝えられた暫定査定額は、アポを取るためのものであり実際に買い取れる金額ではないということを理解しておきましょう。